猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

十戒を杖に。

先日読み始めた「十角館の殺人」(綾辻行人 著)読了。
昔から推理小説は好きでしたが、こういう本格推理を読むのは実はほとんど初めてだったりします。
うみねこの影響でついノックス十戒とか使って考えながら読んでたら、予想以上に集中してしまって危うく電車降り損ねるとこだった。

ちなみにそれだけ集中して読んでも、犯人当ては思いっきり見当違いの方向へ。
とある部分に目をつけ、「きっとここがトリックの肝!」と深読みして拘ってたら、全然関係ないでやんの……。

~kagami-04「途中で何度か読み返したりしてたけど、結局解けなかったのよね。ま、こういうのは頑張って挑戦した事が大事よ、うん」

~tukasa-02「こうやって頭使うのはいい事だもんね。疲れるけど、その分よく眠れるし」

まあ作者との勝負という点では完敗でしたが、その心地よい敗北感も含めて十分楽しかったです。
物語自体も面白かったですし、特に終盤明かされたトリックの正体については本気でやられたと思いましたよ。
既に買ってある「水車館の殺人」も今から楽しみ楽しみヽ( ´▽`)ノ

 未分類

2 Comments

玉井よしあき  

おお!

 推理小説ときくと十津川警部と浅見光彦しかしらない玉井であります。


>先日読み始めた「十角館の殺人」(綾辻行人 著)読了。
>昔から推理小説は好きでしたが、こういう本格推理を読むのは実はほとんど初めてだったりします。

 推理小説には読みながら犯人を捜すという楽しみがあったのですか。
 私はそういう器用なことができません。


追伸:新しい話できました。クウジ地震この時点では異世界に行くとは思わなかったと思います。

2011/09/20 (Tue) 21:02 | EDIT | REPLY |   

Air  

>玉井よしあきさん
浅見光彦は詳しくないですが、十津川警部ならかなり読み込んでる自信ありです。
多分西村作品で彼が出てるのはほぼ全て読んでるのではないかと。
ここ最近のは正直不作が多くて残念ですが、初期から中期の作品はどれもほんとに面白かったですねーー。

……ここで書くと長くなりそうなので、このネタについてはまた別の機会に日記で語りたく(笑)。

>推理小説には読みながら犯人を捜すという楽しみがあったのですか。
本格推理というジャンルはそういうのも楽しみ方の一つですね。
もちろん普通に読んでも面白いですが、作者との勝負だと思うと自然と読書に熱がこもります(笑)。
ノックス十戒とか知ってると更に燃えるかも。

最後になりますが、SSありがとうございました。
ちゃんと届いておりますので、掲載までもう少々お待ちくださいませ。

2011/09/24 (Sat) 16:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.