猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

「句読点への、ツッコミは、野暮と、言うものじゃないかな」 そう、管理人は、いった。

先日玉井よしあきさんのコメントで十津川警部の名前が出たので、今回は元ネタである西村京太郎作品について少々。
子供の頃から鉄道好きだった事もあり、管理人は西村作品のほとんどを読んでたりします。
定番の時刻表を使ったトリックも好きですし、誘拐事件や犯人の移送とかも大好き。
北海道から沖縄まで、時には海外で繰り広げられる十津川警部と亀井刑事のコンビの活躍には、本当にワクテカさせられたものです。

……ただ近年の作品は犯人を追い詰めるカタルシスがあまりなかったり(酷い時は普通に海外に逃亡されたりする)、トンデモ展開が多かったり(終盤犯人の立て篭もる自作の要塞が大地震で崩壊とか)するんで、正直あまり好きではなかったりしますが(-_-;)
特に刑事の一人が「アキバでは抱き枕を抱えてれば周囲に溶け込める」みたいな事をのたまい、本当に実行してしまう『十津川警部 アキバ戦争』はいろんな意味でトチ狂ってた。

~kagami-13「溶け込めてない……絶対溶け込めてない……」

~tukasa-SD-02「あのこなちゃんでも、さすがにそれはやらないよね……多分」

ちなみに一番好きな作品は『特急「白鳥」十四時間』(1985年刊行)。
あと好きとはちょっと違いますが、普段は冷静な十津川警部がブチ切れた挙句、犯人のアジトに放火するという衝撃の展開を見せた『○○○○○○○』(ネタバレ防止のため伏せ字)もやたら印象に残ってますね(笑)。

―――――――――――――――

続きまして投稿SSの掲載です。
玉井よしあきさんから、オリジナルSS

一人組(永久なる旅の始まり・2)

を頂きました。
投稿いつもありがとうございます。
カテゴリのSS(投稿作品)目次内の「玉井よしあきさんの投稿SS一覧」からも飛べますので、皆様ぜひどうぞヽ( ´▽`)ノ

>玉井よしあきさん
SS投稿ありがとうございました。
掲載させて頂きましたので、確認よろしくお願いいたします。
今回もかなり時間がかかってしまい、申し訳ありませぬ……。
読んでてちょっとゲーセン行きたくなってきたので、それに免じて許してやってください……(笑)。

 未分類

2 Comments

玉井よしあき  

確認しました。

 確認自体は27日にしましたが、報告が遅れてしまいました、ごめんなさい。


 確か作者である西村さんは現在は携帯電話など技術が発達しているのでトリックを考えるのが難しいといっていました。


>ただ近年の作品は犯人を追い詰めるカタルシスがあまりなかったり(酷い時は普通に海外に逃亡されたりする)、トンデモ展開が多かったり(終盤犯人の立て篭もる自作の要塞が大地震で崩壊とか)するんで、正直あまり好きではなかったりしますが(-_-;)


 推理小説の質も劣化しているんですか。
 左翼の反日教育もとい道徳を教わってないからか年月がたっていくからかどうかわかりませんが、そうあらゆる面での質の低下を見ると日本(実は私にとっては世界もと)も駄目かなと思います。


追伸:己の作品を始めて投稿してから次が50番目なので、その記念作を思案中です。

2011/09/29 (Thu) 09:48 | EDIT | REPLY |   

Air  

>玉井よしあきさん
確認ありがとうございます。
次は50作目ですね。こういう時くらい素早く掲載できるよう頑張りますので……。

>推理小説の質も劣化しているんですか。
劣化というか、方向性が狂ってきてるというか(笑)。
初期から中期の話が面白いだけに、どうしても近年が悪く見えてしまうんですよねえ。
まあ西村作品は深く考えずに読めるのも魅力の一つですし、そういう意味ではいつもどおり楽しいのですが(笑)。

2011/10/03 (Mon) 15:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.