猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

タイタス登場。

ドッズライフル効かない→んじゃ殴って倒そう、なAGEシステムの思考に一抹の不安を感じる今日この頃(挨拶)。

せっかくの新装備登場だというのに、今ひとつ盛り上がりに欠けたガンダムAGE第七話。
旧型MSの戦闘がショボイのはまあ当然としても、ピンチに登場したタイタスのデザインが微妙なのが痛いな……。
まあ第一印象はアレでも、実際に動けばカッコいいってのはこれまでのガンダムでもありましたし、来週の本格戦闘に期待しよう、うん。

あ、ラーガンが正規兵らしく意外な健闘を見せたのは良かったです。
てっきり画面切り替わった瞬間、バラバラにされてると思った(笑)。

―――――――――――

おまけとして今日の一枚。

アラレちゃんか。

こんな残念な走り方するガンダムは初めて見た……。

 ガンダムAGE

3 Comments

まっきー  

開いた口が塞がらない走り方(笑)

>ドッズライフル効かない

ビームライフル効かない敵登場するの早すぎじゃね?
番組の最後の機体説明みたいので、「分厚い装甲でビームを弾く」みたいな事言ってたけど、
耐ビームコーティングでもしてない限りはMSの装甲程度でビームが防げるとは思えないのだが・・・・・・。
それともドッズライフルのビームは案外しょぼいのか?

タイタスはGガンダムのアメリカ代表のマックスターを何処となく連想させるデザイン。


>てっきり画面切り替わった瞬間、バラバラにされてると思った(笑)。

同意(笑)。
一話で数機がかりで戦って瞬殺されてたMSに乗ってるのに、
新型相手に1対1で時間稼ぎ出来るとか、ラーガンって結構強いのかな。


>こんな残念な走り方するガンダムは初めて見た……。

まったくもって同意(笑)。
そんだけの推進力があるなら、足動かさないで低空飛行みたいな感じで進めばいいのに・・・・・・。
途中で足が縺れて転んでバーニアの推力で地面を顔面で抉りながら進む事になる確信がある。

2011/11/21 (Mon) 18:35 | REPLY |   

玉井よしあき  

 この話は不満の人が多いでしょうな。私も不満ですし、ツッコミ疲れます。


Air様へ

>ラーガンが正規兵らしく意外な健闘を見せたのは良かったです。

 こくなことをいっていることを承知で言うと、筋としてラーガンはここで戦死べきですが、これまでの彼とフリットの描写がないので死んでもあまり感慨が沸かないし、現在のフリットの我侭さを考えると、生きていて正解かもしれません(う~ん)。


まっきー様へ

>一話で数機がかりで戦って瞬殺されてたMSに乗ってるのに、新型相手に1対1で時間稼ぎ出来るとか、ラーガンって結構強いのかな。

 一応、彼はガンダムパイロット候補の正規兵なので、フリットと違って格闘戦ではあっさり負けることはありませんでした。
 ジェノアスのがんばるシーンを見たかったですな。
 今回の描写でパイロットの実力はウルフ>ラーガン>フリットということがよくわかりました。

2011/11/22 (Tue) 09:46 | EDIT | REPLY |   

Air  

>まっきーさん
>ドッズライフル

まさか量産する前に通用しなくなるとは……。
つか、あのUEの防御は、どう見ても分厚い装甲で弾いたんじゃなくてビームコーティングですよねえ。
最後の説明でフリットが「分厚い装甲~」と説明始めた時は、本気で何を言ってるんだと思った(笑)。

>新型相手に1対1で時間稼ぎ出来るとか、ラーガンって結構強いのかな。

あの機体で時間稼ぎ成功&生還は、本気で誇っていいと思います。
本人の腕もあるでしょうけど、完全に攻撃が通用しない分、割り切って戦えたのが原因の一つじゃないかと。
この作品は全体的に大人がアレなんで、ラーガンには良識派として生きていてほしいですよ。

>そんだけの推進力があるなら、足動かさないで低空飛行みたいな感じで進めばいいのに・・・・・・。

絶対飛べますよね、あれ(笑)。

>玉井よしあきさん
>こくなことをいっていることを承知で言うと、筋としてラーガンはここで戦死べきですが、

ほんとに酷で思わず吹いた。どんな筋ですか(笑)。

まあ確かにここで死んでもたいして感慨はないのは事実ですが(酷ぇ)、個人的にはウルフさんと並んでフリットのいい兄貴分になってほしいのです。
け、けっしてギャグ要員として楽しんでる訳ではありませんですよ?

2011/11/24 (Thu) 13:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.