猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

機動戦士バイアランだった気も。

先日買ったブルーレイの機動戦士ガンダムUC[ユニコーン] episode 4「重力の井戸の底で」をようやく観る。
ネタバレ無しだとあんまりたいした事書けないのですが、個人的にはシリーズ最高の出来だったかと。
つか、あのバイアラン・カスタムの活躍見れただけでも買う価値あったヽ(*゚∀゚)ノ

~kagami-04「他にも懐かしいMSがいっぱい活躍してたわねーー。ジュアッグとかゾゴッグまで見せ場あったし、中でもザクスナイパーの狙撃戦とかファン感涙じゃないかしら」

~tukasa-SD-02「く、詳しいね、お姉ちゃん……」

あと気になっていた、成田剣さん演じる新ブライトですが、驚くほどの違和感の無さ。
声の質的に結構いいかもとは思ってましたけど、まさかこれほどまでとは……。

一つ笑ってしまったのが、そのブライトの部屋の壁にアムロのブロマイドがデカデカと貼ってあった事。
恋人とか家族、仲間の集合写真とかはよくありますが、男友達のを単体で貼ってるのは初めて見た(笑)。

 未分類

3 Comments

まっきー  

やはりMAはイイ!

>バイアラン・カスタムの活躍見れただけでも買う価値あった

テレビ版Zの頃からバイアランは好きだったが、今回ので更に惚れ直しましたね。
最近のガンダムシリーズは量産機ですら簡単に空飛んじゃうから忘れがちですけど、やっぱり単独飛行出来るMSって強力ですね。


>ジュアッグとかゾゴッグまで見せ場あったし、中でもザクスナイパーの狙撃戦とかファン感涙

ジュアッグなどの水陸両用MSが大活躍!
水中からの強襲とかトリハダものでした。
ただ個人的にはハイゴックが登場しなかったので少し残念。

ザクスナイパーは仕事しすぎでしたね。
MSの撃墜数はバイアラン・カスタムといい勝負するんじゃないですかね。

やっぱり量産機が頑張る戦闘は見ていて興奮しますね。
最近の作品は敵も見方もガンダム作りすぎなんだよなー。
ガンダムが戦う相手はやっぱりモノアイの方がしっくりくる。


>成田剣さん演じる新ブライトですが、驚くほどの違和感の無さ。

言われなければ気付けないくらいフィットしていましたね。
UCが映像化されるにあたってブライトさんはいったいどうするのかと思っていましたが、ここまで見事に演じられるとは思いませんでした。
これでもし「閃光のハサウェイ」が映像化されても問題ない。


こんな事言うべきではないのは分かっているものの、AEGよりも遥かに良いできだった。
UCはファーストからの流れを汲む作品ですので、小さい子供には作品上の歴史背景などが解り難いかもしれないですが、AEGを含めた最近のガンダムシリーズには無い「ガンダムって、こんな感じだったな」と思える作品ですね。
UCもAEGも同じ様な青臭い青少年の主張ですが、周りの大人も一緒になって戦ったりするAEGと違い、子供の主張を現実や経験で否定するUCは見ていて共感できる。

2011/12/11 (Sun) 17:54 | REPLY |   

才条 蓮  

ブライトさんはそんなことまでやっているんですか!!・・・それだけでにも見る価値があるようなないような。確かに長年の付き合いだったのは分かりますが、それを当の本人が見たらどう思うんでしょうね。。。
・・・というよりか息子の写真は貼らないのか。

2011/12/12 (Mon) 11:05 | REPLY |   

Air  

>まっきーさん
そちらもUC観てましたか。
さすがにOVAだけあって、一話一話濃密で面白いですよねーー。
第一話のクシャトリヤVSスタークジェガンで完全にハマりましたよヽ(*゚∀゚)ノ

>テレビ版Zの頃からバイアランは好きだったが、今回ので更に惚れ直しましたね。
>最近のガンダムシリーズは量産機ですら簡単に空飛んじゃうから忘れがちですけど、やっぱり単独飛行出来るMSって強力ですね。

同感です。
今回ので重力下での戦闘の奥深さが、改めて堪能できました。
ドダイとかベースジャバーがあるからこそ、飛行能力が引き立つ訳ですし。

それにしてもあの機体に目をつけるとは、連邦も見る目があるじゃないか(笑)。

>ザクスナイパーは仕事しすぎでしたね。

ほんと、00のロックオンばりの狙撃でしたね。
機体は古くても、パイロットの技量であれだけカバーするとは。
最後の一撃が不発に終わるのもまた泣ける……。

>やっぱり量産機が頑張る戦闘は見ていて興奮しますね。
>最近の作品は敵も見方もガンダム作りすぎなんだよなー。

ガンダム抜きでもこれだけ盛り上がる戦闘ができるんだから、TVシリーズとかでも参考にしてほしいですよね。
まあプラモの売り上げとか大人の事情もあるんでしょうけど(笑)。

>UCが映像化されるにあたってブライトさんはいったいどうするのかと思っていましたが、ここまで見事に演じられるとは思いませんでした。
>これでもし「閃光のハサウェイ」が映像化されても問題ない。

「閃光のハサウェイ」は自分も大好きなんで、ぜひ映像化してほしいです。
成田さんのおかげでブライトも問題なく出せますし。
ただ話が小説版(ベルトーチカチルドレン)の続きなんで、その点がネックかなあ……。

……もし無理ならせめてセンチネルの方だけでも……とか思ってしまう自分は大のZプラス好き。

>UCもAEGも同じ様な青臭い青少年の主張ですが、周りの大人も一緒になって戦ったりするAEGと違い、子供の主張を現実や経験で否定するUCは見ていて共感できる。

同じ青さがあっても、フリットよりバナージの方が圧倒的に好感持てるんですよねえ。
重いもの背負っているという意味では似たもの同士のはずなのに、この差はいったいなんなんだろう(笑)。

今回のジンネマンとの論戦なんて思わず涙腺が刺激されて困りました。ちとフルボッコにし過ぎではありましたが(笑)。

>才条 蓮さん
>ブライトさんはそんなことまでやっているんですか!!

しかも微妙にこっそり撮った感のある写真なのがまた何とも(笑)。
もし本人が見たら……多分軽く引くレベルかと。

>・・・というよりか息子の写真は貼らないのか。

もしかしたら映ってなかっただけで、家族の写真はあったかもしれませんね。
ただそんな愛する息子も、ちょっと違う世界では立派なテロリストになってたり(笑)。

2011/12/13 (Tue) 17:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.