猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

第一部完。

UEの正体判明! そして復讐劇は第二世代へ……って感じだったガンダムAGE第十五話。
どんな答えを用意してるのかと期待と不安が半々だったUEの正体は、昔、火星移住計画が失敗した際、地球から見捨てられた人達の生き残りでした、という何とも微妙なオチに。
機動戦艦ナデシコの木星連合が確かそんな感じの人達だったような。

内容としましてはアンバット突入→敵司令部侵攻→フリット&ウルフさん、ビグザムもどきのデファースを撃破→UEの正体判明→敵司令官射殺→要塞爆発&脱出→復讐の未来へレディゴー!といった感じ。
デファース、というか敵の司令官ギーラ・ゾイさんがショボかったせいか、前回や前々回に比べ、あまり盛り上がらないまま終わってしまいました。
最初「この機体でXラウンダー相手にどこまでやれるか」とか控えめな台詞言ってるかと思えば、いざガンダムとの戦闘が始まれば強気になったり、やっぱり負けそうになって罠に誘い込めば一瞬で突破されて焦りまくったり、あげくには「撃てるものなら撃ってみろ」とフリットに凄んだ途端、背後からグルーデックにほんとに撃たれたりと、何だかよくわからないテンションの人だった(笑)。

ちなみにグルーデック、アダムス、ラーガンの死亡フラグ組はまさかの全員生還。
特にアダムスに関しては、司令室へと向かう通路で防御システム解除のために絶対犠牲になると思ってたら、あっさりとミレースさんが解除しててヽ(・ω・)/ズコーとなった。
あの完璧なまでの死亡フラグはいったいなんだったんだ……。

――――――――――――――

ここからは第一世代終了という事で、主要キャラ一人一人に簡単な感想を。
何人か抜けてる気もしますが気になさらぬようお願いいたします。

☆フリット・アスノ
終盤はかなりMS操縦の腕も上がり、だいぶ主人公らしくなっていたガンダムパイロット。
母親に続きユリンも失い、UE改めヴェイガンへの恨みを一段と心に刻み込みつつ、息子のアセムに主人公の座をバトンタッチする事になりそうです。
もっとも自身も連邦の総司令官になっているらしいので、まだまだ活躍の機会はありそうですが。


ガチです。

今回、生身で逃げるギーラさんをガンダムのビームサーベル使ってガチで殺しにいったのは最高にワラタ。
主人公の行動とは思えないこのシーン見れただけでも、ここまでAGE見てきたかいがあったかもしれない(笑)。

☆エミリー・アモンド
最後まで健気だった幼馴染ヒロイン。
終盤は可愛いカットが多くて、個人的にはなかなか満足でした。ロクなイベントもらえなかったけど。
第二世代ではアセムの母親なのですが、未だフリットがユリンに未練全開なこの状況で、どうやって夫婦になるんだろうか。
やっぱ慰めてるうちに……のパターンでしょうかねえ。

☆ユリン・ルシェル
いろんな意味で薄幸のヒロインだった黒髪っ娘。
当初はUEと関係あるキャラだと思ってましたが、Xラウンダーなのを抜かせばごく普通の孤児だったようです。
初代ガンダムにおけるララァポジションとして、この先もフリットに影響を与え続ける事になりそうな予感……。

どうでもいいですが、今回フリットの内面世界でリボンだけフワフワ浮いてたシーンはシュール過ぎて反応に困った。

しゅーる

☆グルーデック・エイノア
家族の仇への復讐を果たし、全ての責任を取って収監されたディーヴァ艦長。
良くも悪くも、最初から最後まで終始一貫ブレない思考回路を持った人でした。
仇であるギーラさんの子供に言った台詞「お前も俺みたいに苦しんで生きろ(意訳)」は、言葉通りの呪いと取るか、生きろという激励と取るかはイマイチ不明ですが、個人的には多分言葉通りの意味だと思う(笑)。

☆ウルフ・エニアクル
フリットと並び、ディーヴァの二大パイロットの一人として活躍したウルフさん。
初出撃時のインパクトは長続きしなかったものの最後まで主力だったGエグゼスと共に、フリットの良き戦友となってました。
二部では渋いオッサンになってるようで、そっちでの活躍にも期待。

☆ラーガン・ドレイス
祝・生・還!!
どこで死ぬかが最大の焦点だっただけに、生き残っただけで大勝利でしょう。

☆ザラムとエウバの人達
何度か死にかけてたラクト氏も無事生還。
最初に出てきた時は、まさかこのギャグ要員達が最終決戦まで同行するとは思わなんだ……。

☆ムクレド・マッドーナ

真の救世主。

後方支援が主でしたが、MVP級の活躍でした。

☆デシル・ガレット
フリットのライバルキャラ……だったようですが、歴代ガンダムの中ではどうも小粒なイメージ(子供だけに)。
因縁となるべきユリンの件が、第二世代以降にどう絡んでくるんでしょうか。
もしかしたらあの時見逃したせいで、フリットは息子と孫にとんでもない負担かける事になったんじゃないだろうか(-_-;)


と、盛り上がったり盛り下がったり忙しかったフリット編もこれで終了。
次回からは第二世代、アセム編が始まります。
今度の主人公機AGE2はAGE1に比べればかなり良いデザインですし、実はこっそり期待してたりする(笑)。

 ガンダムAGE

5 Comments

まっきー  

このままではガンダムシリーズの恥部に…

>UEの正体判明!
>昔、火星移住計画が失敗した際、地球から見捨てられた人達の生き残りでした、という何とも微妙なオチに。

そうですね。
ガンダムでは火星や木星が舞台になったり、キャラクターの設定に使われる事が多いですから、目新しさはゼロって感じです。

というか、火星程度なら政府が隠しても民間の技術で観測できるのでは?
コロニーやMSが開発できるだけの技術力があるのなら、それくらいできると思うけど……

>あまり盛り上がらないまま終わってしまいました。

AGEでは最早テンプレとなった『期待ハズレ』ですね(笑)

新型はただデカイだけって感じでしたね。
ビグザムやアプサラスみたいな火力があるわけでもなく、サイコガンダムやデストロイガンダムの様に変形するわけでもなく、ガンダムの機動性に翻弄されて罠とも呼べない様な罠を使った挙句に呆気なく撃破。
これまでに出て来たUEのMSの中で最弱なのでは……

>あの完璧なまでの死亡フラグはいったいなんだったんだ……。

最近はフラグを回収しないのがトレンドなのですかね?
司令室の防衛システムが出た時に、最低一人は犠牲になると思ったのにまたしても悪い意味(?)で期待を裏切られました。

まだ第一世代のみとは言え、主人公の戦艦のクルー(名前の有るキャラ)が一人も死なないのはガンダムシリーズでは結構珍しいですね。

>☆フリット・アスノ

ガンダムシリーズの主人公は急激にMSの扱いが上手くなる事が多いですが、フリットは特にそれが顕著でしたね。
何切欠?ってかんじです。

ビームサーベルで扉破ったのは僕も笑いました。
あれは絶対に扉の破壊じゃなくて敵を殺しにいってますよね。

歴代の主人公の中でもかなり小者臭い主人公でしたね。
これまでのガンダムの主人公はシリーズを通して成長したりしていますが、AGEでは三世代を画くので一人当たりの話数が少なくなり主人公が成長しきれない感じですね。
当初は母親を殺された復讐で戦い、最後は好きな女の子を殺された復讐で戦うと言う、何とも解りやすい、しかし、感情移入しにくい理由で戦う主人公でしたね~
第二世代では少しでもマシなオッサンになっている事を期待します。

>☆エミリー・アモンド

最終的にスパートかけてきましたね。
ただ、第二世代では主人公の母親というポジションが死亡フラグに思えてならない……

>☆ユリン・ルシェル

リボンは吹いた(笑)
今回は別に出さなくても良かった気が……

>☆グルーデック・エイノア

終始一貫してUEを倒す事だけを考えてましたね。
ギーラさんを後ろから撃ったのは、フリットとギーラさんが話し始めたあたりから、もしかしたら・・・と思ってましたがやってくれましたね。
戦う理由は家族を殺された復讐だった様ですが、目先の敵を倒すだけで満足して、UEの本拠地である火星に攻め込もうとしたり、それを隠蔽していた連邦軍と戦おうとしない辺りを見ると、彼の復讐心って意外と大した事ないのでは?

>☆ウルフ・エニアクル
>☆ラーガン・ドレイス
>☆ザラムとエウバの人達

う~ん、絶対一人くらいは死ぬと思ってたんだけどなー。
第二世代で彼らに出番はあるのか?

>☆ムクレド・マッドーナ

AGEキャラで一番カッコイイ人。
これまでのガンダムシリーズだと、こういう人はかなりの率で死んじゃうものの、流石はマッドーナさん、見事かっこつけるだけつけて生き残りましたね。

>☆デシル・ガレット

あの程度のキャラをライバルと呼んでいいのだろうか?
まあ、主人公もあの程度だったしトントンか。

個人的にはデシルの小者ぶりはGガンダムのミケロ・チャリオット(DG細胞未感染)と同じ位。
髪の色も似てるしね。


今思い出していくと第一世代は黒歴史一直線の完成度だった気が…
第二世代で改善されない様なら、第三世代は見ないかも…

2012/01/28 (Sat) 12:38 | REPLY |   

LandM(才条 蓮)  

Ⅴガンダムでも主人公がガチで生身の人をビームサーベルで焼いていたりするので、歴史的にも大丈夫じゃないんですかね。

2012/01/30 (Mon) 09:42 | REPLY |   

Air  

アセム編に期待。わりと本気で。

>まっきーさん
やっぱりあの正体は微妙でしたよねえ。
もうちょっと捻ってくるかと思ってただけに。
まあ大事なのは今後の展開ですし、星間戦争にふさわしいドラマを見せてもらいたいものです。

>火星程度なら政府が隠しても民間の技術で観測できるのでは?

政府が邪魔してたんですよ、多分(笑)。

>新型はただデカイだけって感じでしたね。
>ビグザムやアプサラスみたいな火力があるわけでもなく、サイコガンダムやデストロイガンダムの様に変形するわけでもなく、ガンダムの機動性に翻弄されて罠とも呼べない様な罠を使った挙句に呆気なく撃破。

あの弱さはある意味では衝撃でした(笑)。
仮にもビグザム模して作るなら、大火力は必須だろうと。
一応「地球用」という言い訳はありますが、それにしても弱かった……。

>司令室の防衛システムが出た時に、最低一人は犠牲になると思ったのにまたしても悪い意味(?)で期待を裏切られました。

誰も死なないんだったら、あの防衛システム破るシーン自体いりませんよね。
本来はあそこでアダムス辺り死ぬ予定だったんじゃないかと勘繰りたくなってくる(笑)。

>☆フリット・アスノ
>当初は母親を殺された復讐で戦い、最後は好きな女の子を殺された復讐で戦うと言う、何とも解りやすい、しかし、感情移入しにくい理由で戦う主人公でしたね~

確かに主人公としてはイマイチ魅力に欠けるキャラでした。
別に嫌いという訳でもないのですが……。
三世代通しての成長を描くため、わざと今はああいう風に描いた……とかは流石にないか(笑)。

>☆エミリー・アモンド
>ただ、第二世代では主人公の母親というポジションが死亡フラグに思えてならない……

言われてみれば(-_-;)
おまけに妹もいますし、どっちか犠牲になったりしないだろうな……。

>☆グルーデック・エイノア
>戦う理由は家族を殺された復讐だった様ですが、目先の敵を倒すだけで満足して、UEの本拠地である火星に攻め込もうとしたり、それを隠蔽していた連邦軍と戦おうとしない辺りを見ると、彼の復讐心って意外と大した事ないのでは?

彼の復讐はあくまで家族を殺した敵を討つ事だったんでしょう。
で、コロニー破壊の主犯であるギーラ・ゾイをアンバットで発見して射殺した事で、とりあえず満足したのではないかと。

>☆ムクレド・マッドーナ
>AGEキャラで一番カッコイイ人。

激しく同意。
奥さんも魅力的ですし、この人一番の勝ち組ですよね(笑)。

>今思い出していくと第一世代は黒歴史一直線の完成度だった気が…
>第二世代で改善されない様なら、第三世代は見ないかも…

序盤と中盤のイマイチ感がどうしても印象悪くしてますねーー。
終盤とかはわりと盛り上がってましたし、普通に楽しめてた部分も多いのですが……。
ま、まあアセム編は主人公も変わりますし、MSも進化しますし、きっともっと面白くなりますよ、つかなってくれ。


>才条 蓮さん
>Ⅴガンダムでも主人公がガチで生身の人をビームサーベルで焼いていたりするので、歴史的にも大丈夫じゃないんですかね。

ま、マジですか。
ウッソって見た目おとなしそうな子供なのに、そんな恐ろしい事やってたのか……。

2012/01/30 (Mon) 14:20 | EDIT | REPLY |   

玉井よしあき  

 フリット編おわりました。勢いだけ見る分には悪くありません。何だかんだと文句をいってきましたが、実はZガンダムより好きだったりします。

 私としてはヴェイガンがなぜ病気が蔓延している大変な状況で地球を越えるほどの技術ができた理由が知りたくてたまりません。

 彼らのやっていることは地球側からしたらテロなので崇高な目的といわれてもピンときません。

 後、グルーデックさんは彼なりに後始末をしたのでまあよしとしましょう。


追伸:とあるネットで公式外伝やるそうな。何とラーガンがでてる。

2012/02/01 (Wed) 10:57 | EDIT | REPLY |   

Air  

>玉井よしあきさん
終わりましたね、フリット編。
ツッコミ所の多い話ではありましたが、自分も何だかんだで楽しめたと思いますよ。
終盤のバトルとかはさすがに盛り上がりましたし。

>私としてはヴェイガンがなぜ病気が蔓延している大変な状況で地球を越えるほどの技術ができた理由が知りたくてたまりません。

機動戦艦ナデシコみたいに火星に謎の遺跡があったのでは(笑)。

>追伸:とあるネットで公式外伝やるそうな。何とラーガンがでてる。

サンデーS連載の「追憶のシド」の事でしょうか?
あらすじでラーガンが「かつてのエース」とか紹介されてて吹いた(笑)。

2012/02/02 (Thu) 16:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.