猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

さよなら隊長。



ウ、ウルフさんがぁぁ……!!(;´Д`)
OPからして「いつか死ぬな」と覚悟してたものの、AGE中1,2を争うくらい好きなキャラだったのでやっぱり残念です。
なんだかんだでフリット編からそれなりに長い付き合いだったですし、さすがに彼には思い入れあったなあ……。

と、見終わった後ちょっとしんみりしてしまったガンダムAGE第26話。
いよいよ始まった連邦VSヴェイガンのノートラム攻防戦、アセム編における最終決戦は、まずは互角の展開といった所。
連邦の新兵器『フォトンリング・レイ』もヴェイガン側の新兵器『ギガンテスの盾』で防御され、両軍決定的な打撃を与えられないまま進行していきます。
どうでもいいですが、あのシールドはエヴァのATフィールドっぽくてカッコ良かったですね。劇場版のラミエル思い出しました。

そんな中でのウルフさんの戦死。
アセムはもちろん、その報告は多くの人達に衝撃を与えます。
特に付き合いの長いフリットの悲しみと怒りは相当なもの。
これでまた更にヴェイガンへの憎しみが増したのは間違いないでしょう。
今回の戦闘前の「これより人間を食い荒らす忌まわしいケダモノどもを撃退する! 全艦展開開始!」には思いっきり吹いたんですが、次はもっと過激で放送できないレベルになるんじゃないでしょうか。
「あのFuc(ピー)な(ピー)どもを(ピー)して(ピー)! (ピー)!(ピー)!」みたいな。

一方ヴェイガン側では魔中年デシルが戦死。
次回予告でまさかのネタバレをされた能力「味方の機体を操る」を使いアセムを追い詰めますが、ウルフさんの妨害にあって失敗。
代わりにそのウルフさんを討ち取るものの、怒れるスーパーパイロット、アセムによって圧倒され、宇宙の藻屑に成り果てました。
どうせならキオ編でも魔老人として登場して、また見事なやられっぷりを見せてほしかったですが、さすがにあれは死んだか。
真っ二つにされた上、とどめにダブルバレットの主砲で爆散したからなーー。

―――――――――――

eee.jpg

もうヒロインの見せ場は諦めたので今週のAGE1を。
背中に装備された追加パックがエールストライクみたいでなかなかカッコ良いです。つか、司令官また出撃かよ(笑)。


さて来週は(多分)アセム編の最終話。
アセムVSゼハートの決着、ノートラム決戦の結末、そして「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ」と有名な死亡フラグをブチかましたオブライトさんの運命やいかに。

 ガンダムAGE

2 Comments

まっきー  

スーパーパイロット…、やはり語呂が…。

ウルフさん…、いい人だったのに…。
私もOP的に死亡率高めだと思っていましたが、AGEは良くも悪くも期待を裏切ってくるので、案外生き残って3世代目でも元気な爺さんとして登場してくれるのでは?と薄っすら期待をしていたのですが、残念です。
そういやラーガンってどうなったんでしょう?

新兵器は連邦とヴェイガンを逆にするべきじゃなかったのかなと思います。
連邦は地球やコロニーを守る側なのでシールド、ヴェイガンは侵略者なので攻撃兵器の方が、見ていて分かりやすかったはず。
それと主人公サイドがソーラ・レイ的な兵器を使うのって珍しいですよね。

アセムVS魔中年の戦闘シーンはなかなかでしたね。
デシルは結局最後まで碌な活躍シーンが有りませんでしたが、最後の最後でアセムの成長に一役買ってくれましたね。
もしデシルが第三世代に登場するとしたら、使い捨ての量産型クローン兵とかサイボーグ魔老人とかですかね。

今週のヒロインはアリーサでしょ!
出撃時の声だけならエース級だった。

2012/04/17 (Tue) 23:42 | REPLY |   

Air  

>まっきーさん
ウルフさんは残念でしたよねえ。
アセムにとってはある意味父親以上の存在でしたし、ほんと良い兄貴キャラでした。
ちなみにラーガンですけど、外伝漫画によればこの時期は違う部隊に所属してた可能性が高いかと。

>連邦は地球やコロニーを守る側なのでシールド、ヴェイガンは侵略者なので攻撃兵器の方が、見ていて分かりやすかったはず。

ああ、言われてみればそんな感じも。
たいていああいうMAP兵器というか、大型兵器は敵側の切り札ですもんね。
まあ復讐に燃えるフリットらしいっちゃらしいですが(笑)。

>もしデシルが第三世代に登場するとしたら、使い捨ての量産型クローン兵とかサイボーグ魔老人とかですかね。

量産型デシルワラタ。
ただ万が一出てきても、今度はキオにフルボッコにされる絵しか想像できない(笑)。

>今週のヒロインはアリーサでしょ!
>出撃時の声だけならエース級だった。

確かにいい声でしたねーー。
その後、何をしたか全く憶えてないのですが(えー)、あの声だけは見事でした。

2012/04/21 (Sat) 16:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.