猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

「赤い夕陽を見た」

yuuhi.jpg

何かの比喩かと思ってたらそのまんまの意味だったでござる、の巻。


それはさておき、凄まじいまでの詰め込みっぷりだったガンダムAGE第27話。
一つ一つのエピソードを短くして強引に一話に纏めるもんだから、それぞれの話が全然印象に残ってない(笑)。
手を変え品を変えの要塞破壊作戦とか、アセムとゼハートの一騎討ちと和解(?)とかいろいろ面白そうなネタはあるのに、これじゃもったいなさ過ぎるなーー。
あの眼鏡っ娘の死だって、あまりに唐突過ぎて悲しむ前にポカーンとしてしまったじゃないか。
死亡フラグ立てた男じゃなくてその彼女が死ぬってのはなかなか斬新だとは思いますが、そんな斬新さは全く望んでないと言うに(笑)。

と、いろいろあった末、ヴェイガンの要塞は破壊され、脱出したアセムはAGE2と共に地球へ。
母艦であるディーヴァもまた地球へと降下します。
ちなみに地球に降りる理由は、アセムを助ける為ではなく「AGEシステムを放ってはおけない」(フリット談)との事。
普通ならただの照れ隠しなんでしょうけど、フリットが言うと本心に聞こえかねないから怖い。

一方、要塞脱出の際、アセムを庇って機体にダメージを負ったゼハートは、操縦不能のまま大気圏に落下。
マジシャンズ8の隊長が自分の機体を盾にして摩擦熱から守ろうとしたみたいですが、いくらなんでも無茶だろう。立て続けに爆散するだけじゃないのか、あれ(-_-;)

―――――――――――

siro.jpg

次回予告で出てきたAGE2らしき機体。
このカラーリングはスーパーパイロットとしてウルフさんの跡を継ぐという、アセムの決意の表れでしょうか。
何気にパイロットスーツもウルフさんモデルになってましたし、これは個人的に好きな展開ヽ(*゚∀゚)ノ でも次回アセム編最終回(;´Д`)

 ガンダムAGE

2 Comments

まっきー  

ガンダムは当然の様に大気圏突破。

昔の詰め込み教育並みにねじ込んでくるAGEですが、またしても遣らかしてくれましたねー。
この一話だけで、ちゃんと作れば十話ぐらい出来るんじゃないかってくらいのぶっこみだった。
フラグを立てた男じゃなくて、立てられた女の方が死ぬという斬新な展開ももっと良い見せ方があっただろう…。

起こった出来事的には原稿用紙数十枚に及ぶくらい言いたい事があるものの、あまりにも端折られすぎてて書くに書けない…。

2012/04/17 (Tue) 23:54 | REPLY |   

Air  

>まっきーさん
>起こった出来事的には原稿用紙数十枚に及ぶくらい言いたい事があるものの、あまりにも端折られすぎてて書くに書けない…。

こっちも正直今回は感想書くのにかなり困りました……(-_-;)
書く事がないのではなく、詰め込み過ぎててどう纏めたらいいのかと。
おかげで物語の主軸の一つでもあった、アセムとゼハートの決着もあんな微妙な終わり方になってしまい残念です。
結局最初から最後まで仲良かったよな、あの二人……(笑)。

2012/04/21 (Sat) 16:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.