猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

諦めよう>キオ

gekido.jpg

いきなり画面真っ赤になって思いっきり吹いた。
敵に対してこんな表情する人に、和解を求めるなんて絶対無理だ(笑)。


いよいよ始まった連邦VSヴェイガンの最終決戦、そしてフリットがシリーズ通して最大の激怒を見せたガンダムAGE第46話。
宇宙要塞ラ・グラミスを攻略すべく攻撃を開始したものの、要塞主砲によって艦隊に大きな被害を受けた連邦軍。
指揮を取るアルグレアスも一瞬自失に陥りかけますが、フリットの怒声で何とか態勢を立て直す事に成功、主砲充填の隙を突いて要塞へと突撃を開始しました。
てっきり怒りのあまりすぐにでもMSデッキにダッシュするかと思いきゃ、意外と冷静な対応だなフリット。

そしてその激闘の中、相変わらず不殺を貫いた戦いを続けるキオ。
出撃前にアビス隊長に「それマジやめろ」と正論で注意されるも、爺ちゃん同様まったく聞く耳持たず。
せっかくの新兵装FXバーストモードとやらも使わない事を宣言し、ゴーイングマイウェイな戦いを繰り広げます。
先日アセムに言われた「諦めるなキオ、お前の思いはきっと届くはずだ」を超好意的に解釈してましたけど、あれは多分フリットの説得を諦めるなという意味で言ったんだと思う(笑)。


とはいえ流石は主人公、戦場での無双っぷりはかなりのもの。
Cファンネルを縦横無尽に操り、次々に敵MSを戦闘不能に追い込んでいきます。
先週、私はガンダムの真の力を云々とハイテンションになっていたゼハート相手にも押し気味に進め、もうちょっとでレギルスに痛撃を叩き込むところでした、つかゼハートお前……。

―――――――――――――――――――

hore.jpg

決戦前だというのにウェンディさんが全然目立たないので、今週からはこっちをヒロインで。
最初のツンぶりは何処へやらすっかりデレ化が進んだフラムさん、決戦を前に「あなたの為に命懸けます」的な台詞で一瞬ゼハートとイイ雰囲気になりかけますが、返ってきたのは「忘れるな。お前は私にとって大切な部下だ」とある意味一刀両断な台詞でした。
いや、言いたい事はわかりますけど、そこはもうちょっと気を利かせてだな(笑)。


さて来週も決戦の続き。
ザナルドの反逆、ルウ兄貴の出撃、そしてイゼルカントのクローン(?)ゼラの登場と、どんどんカオスになっていく戦場に注目です(笑)。

 ガンダムAGE

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.