猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

ふしぎの海のヱヴァ。

ヱヴァQ観てきました。

ネタバレ有のため、続きは↓で。
 
 
感想………トウジの妹がとても可愛い。あまりに今までの話と違いすぎて、もう何が何だか(笑)。
もちろんヱヴァの雰囲気はありますし、引き込まれるほど面白かったんですけど、何だろうこの微妙に釈然としない感じは。
例えるなら、ものすごーーく力の入った二次創作を観てきたような……。

……と、とはいえ、面白かったのは本当です。
「破」の世界から14年後、サードインパクト(未遂?)後の地球を舞台にした新たなエヴァの世界。
ゲンドウ率いる「ネルフ」と、彼らに対抗するミサトさん一派の組織「ヴィレ」の戦い、そしてそれに巻き込まれていく我らが主人公、碇シンジ。
せっかく前作で男らしいシンジさんになった彼が、今回またウジウジしたシンジ君(アスカ曰くガキシンジ)に戻ってしまったのは残念ですが、まあ、あの状況じゃさすがに仕方ないかも。
俺だって、目が覚めたら14年経ってて、仲良かった知り合い皆に冷たくされて、挙句にお前のせいで世界がブッ壊れたみたいな事言われたら、確実に心が折れるわ(笑)。

個人的にツボったのが、ヴンダーとかいう名前の戦艦の発進シーン。
あそこだけヱヴァというか思いっきりナディアになってて、内心で思わずワラタ。
発進シークエンスといい、BGMといい、今にも「Nノーチラス号、発進!」とか叫びそうでドキドキしたじゃないか。つかミサトさん、マジ、ネモ艦長。
(ちなみに本物の中の人、大塚さんはオペレーターやってました)
 
 
正直今回の話は、未知の単語が飛びかいまくる上、その説明がほとんどないので、初見では理解不能な点が多かったですね。
ある意味ではシンジ君の気分を存分に味わえる映画と言えるかもしれません(笑)。
もちろん次回、最終話も観に行きますけど、すっきりした気分で映画館を出れるといいなあ。

 映画

1 Comments

藤岡亨穂 教授  

藤岡亨穂教授

勉強になります。

2012/11/26 (Mon) 04:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.