猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

第12話「ディスチャージ」

zaku2.jpg

どう見ても1/48どころのサイズじゃない件について。
こんなもんどうやって発進装置に乗せたんだと思ってたら、地下から直接出撃したのか。


昔やったギレンの野望以来、久々にザクに恐怖を覚えたビルドファイターズ第12話。
まるでサイコガンダムのような反則級のサイズをした無人ガンプラと、それを破壊すべく戦闘を開始したセイ達。
どれも旧式なのに、あれだけスケールが大きいとそれだけで凶悪な破壊力になる武装に苦戦しますが、マオとフェリーニ、更にはユウk、メイジンとニルスの援護を受け、最後は吸収した粒子を一斉解放するディスチャージシステムによる全力射撃でこれを撃破。
やっぱライバル達との共闘は熱いぜ!って事を再確認するナイスな展開でした。
特に最初やる気のなかったニルスが参戦したのはエライ燃えたヽ(*゚∀゚)ノ ついでにフェリーニさんのビームマントの脆さにエライ絶望orz

そのザクⅡの仕掛け人、PPSEのマシタ会長はやっぱり元はレイジの世界の住人の模様。
王族らしいレイジをやけに恐れてたって事は、なんか彼らに追われるような大きな犯罪、最低でもプラフスキー粒子理論の異世界持ち込みとかの覚えがあるんでしょう。
そう考えるとラスボスっぽい経歴の持ち主と言えなくもないですが、全体的に小物過ぎてさすがにそれはなさそう(笑)。
むしろあの秘書の方に怪しいオーラを感じるような。

ともあれ無事にロワイヤルも終わり、世界大会も第3ピリオドに突入。
メイジンに脅されても懲りずに主催者権限で組み合わせを弄くった会長によって、セイ達の相手はタイ代表のオーラバトラーガンプラファイター、ルワン・ダラーラに決定。
初対戦でいきなりスタービルドストライクの特殊シールドの弱点を見抜いた強敵だけにこれは楽しみだ。

――――――――――――――

aira34.jpg

今週のアイラ・ユルキアイネン。
順調にレイジの嫁化が進行中の彼女。
わざわざ待ち伏せしてまで、前回の借りを肉まんに変換して返しにきたのが可愛すぎる。
つか、もうレイジが一人でいるとアイラ登場の前フリにしか見えん(笑)。

と、ここまでならいつものニヤニヤ展開でしたが、ラストで彼女を不良達から庇ったレイジが負傷。
次のルワン・ダラーラとのバトルに向け、暗雲が漂ってきた所で次回へと続きます。
それにしてもあんな娘に真っ赤な顔で罵られるという黄金体験をしたというのに、あの不良達はいったい何を怒っているのだろうか。

 ガンダムビルドファイターズ

2 Comments

けけろ  

俺達の戦いはこれからだ!

いい最終回だった。メガサイズザクのバトルが濃密過ぎてAパートだと忘れかけました。(笑)

>ディスチャージ
発射までにずいぶん時間が掛かっていましたが、
今回はビーム吸収する場面が少なかったからでしょうか。冷静に考えると今回のザクはレイジだけでは対処しようが無かっただけにライバルとの共闘は胸が熱くなりましたね。

>アイラ
これは完全に嫁ですわw
試合前に負傷というのも少年漫画のお約束展開ですが、次の試合はなんか特殊ルールのようなので
苦戦するレイジをアイラが応援する所に期待です。そういえば次回予告でいよいよ委員長が会場いりしそうで一安心ですね。

しかし会長の秘書さんかわええ・・・。
この人もバトルさんかしてくれなですかねぇ。
ドッゴーラとかゴトラタンのカテジナ枠でw

2013/12/29 (Sun) 22:51 | REPLY |   

Air(管理人)  

もうちょっとだけ続くんじゃ。

>けけろさん
挿入歌のせいもあって確かに最終回っぽかったですね(笑)。
メインキャラ、アイラ以外ほとんど参戦してましたし。

>発射までにずいぶん時間が掛かっていましたが、今回はビーム吸収する場面が少なかったからでしょうか。

戦いながらチャージしないと使えないとなると、かなり勝手の悪い装備ですね、あれ。
まあその分、エライ強力ですけど。
追加武装で粒子タンクとか持てないんだろうか……。

>そういえば次回予告でいよいよ委員長が会場いりしそうで一安心ですね。

ここ数回、アイラのヒロインっぷりに圧倒されていた委員長ですが、いよいよ現地入り。
ツンデレはアイラに任せるとして、彼女には正統派ヒロインらしい活躍を期待してます(*´ー`*)

>ドッゴーラとかゴトラタンのカテジナ枠でw

このご時世、しかも夕飯時にカテジナさん再臨はいろいろ問題になりそうな気が(笑)。

2014/01/02 (Thu) 23:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.