猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

第22話「名人VS名人」

mei.jpg

アラン「ジュリアン・マッケンジー。世界レベルの実力者でも入塾が難しい、最高峰のガンプラビルダー育成機関、ガンプラ塾、第一期生筆頭……。その天才的な製作能力で、最も次期名人に近いとされていた男……」


……それ名人ちゃうやん。


bt99.jpg

などという野暮なツッコミはさておき、エクシア対F91の夢の対決が最高だったビルドファイターズ第22話。
別作品の主役機同士、トランザムと質量を持った残像を使った超高速バトルは実に見応えがありましたねーー。
速過ぎて互いに背後の取り合いになってましたけど。

勝負は現名人のユウキ会長が勝ったとはいえ、元名人候補のジュリアンもさすがの腕前で盛り上げてくれました。
勝つ為には手段を選ばない勝負の鬼だったらしい二代目に失望してガンプラバトルをやめてなければ、3年というブランクがなければ、世界一の座にも届いたのではないでしょうか。
つか今更ですが、ガンプラ塾って(笑)。

そのジュリアンに調整がてらフルボッコにされた彼につきましては、ちょっと最近可哀想なのであまり触れない方向で。
ミサキに抱きつこうとしたあの一件以来、物凄い勢いで急降下してるよな、いろいろと……(-_-;)

――――――――――――

aira346.jpg

今週のアイラ・ユルキアイネン。

いきなりバスタオル一枚で(セイの部屋の風呂場から)登場し、視聴者には歓喜を、イオリママと委員長には衝撃を叩きつけてきた彼女。
チームネメシスから解放されたせいか、なんかこれまで以上に突き抜けてないかこの娘(笑)。

懸案だったイオリ家への居候も、生い立ちに同情したママさんの厚意で無事決定。
ポップコーン食べながらのバトル観戦といい、まさに幸福そのものって感じですね(*´ー`*)


ともあれこれで決勝は、セイ&レイジのスタービルドストライク対メイジンカワグチのアメイジング・エクシアに決定。
接近戦特化のエクシアベースの機体が相手だけに、また今回もアブソーブシールド使えそうにない予感……。
これはまさか四戦連続でビルドナックルエンドか(笑)。

 ガンダムビルドファイターズ

2 Comments

けけろ  

ニュータイプの修羅場が見れるぞ!

世代を超えた高軌道MSバトルを観れるのがこの作品のいいところですね。
そしてジュリアンと会長も会話しながらバトルするあたりが実にガンダム的で高ポイントでした。
それにしても三年のブランクとガンプラで、未調整とはいえユウキ会長の操るトランザムと渡り合える辺り
ジュアリアン君も大概化け物だよなぁ。
あとトランザムの演出が原作通り過ぎてダブルオー観てるかと勘違いしまし。

・・・かませ犬にされたX氏は、よこしまな気持ちでバトルに挑んだ罰ということで(笑)

>アイラ
本当にいい感じで吹っ切れてくれましたね。
母親&ガールフレンドの前でタオル一枚で登場は修羅場過ぎて笑えましたが(爆)
ママンのとなりで控えめながらやきもちアピールをする委員長が好印象。

孫のために間違った力の使い方をした人も居れば、孫のために自力で準決勝まで勝ちあがるお爺ちゃんがいたりと
やはりこの世界はおかしなことになっている気がします(笑

2014/03/14 (Fri) 23:33 | REPLY |   

Air(管理人)  

これが修羅場か……。

>けけろさん
今回も実戦+熱いトークバトルが見れて自分も満足です。
そんな中、ジュリアンがメイジンの事、思いっきりタツヤって呼んでたのには吹いた。
もしアイラ戦みたいに周りに聞こえてたら「タツヤって誰?」になるぞ(笑)。

>トランザムの演出が原作通り過ぎてダブルオー観てるかと

あのシーンはまさにダブルオーでしたねー。
毎度毎度スタッフのこだわりは流石です。
これでもしBGMがトランザムのテーマ(アーアアー、のやつ)だったら完璧だったのに。

>かませ犬にされたX氏は、よこしまな気持ちでバトルに挑んだ罰ということで(笑)

罰なんていくらなんでも酷いぜ、けけろさん!

……と一瞬思いましたが、よく考えたら彼って親切心じゃなく、ほんとに鬱憤晴らそうとしてただけなんだよな……。
うん、罰だ(笑)。

>ママンのとなりで控えめながらやきもちアピールをする委員長が好印象。

最近アイラが目立ちすぎてるせいで、どうしても影が薄くなりがちな委員長ですが、何気にちょこちょこアピールしてて微笑ましいです。
特にセイが安全(笑)とわかった時の安堵の表情が実にナイス。

2014/03/17 (Mon) 11:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.