猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

種デス39話です(後編)。

後編スタートヽ( ´▽`)ノ


急遽エターナルを発進させたものの、ザフト軍の猛追撃に大ピンチなラクス一行。
イカス虎スーツの人も何故かガイアに乗って奮闘しますが、いかんせん多勢に無勢……。
エターナル共々、宇宙の塵になりかけたその時、地球からキラがストライクで参戦。
まさに主役オーラ全開なタイミングでの登場に、反撃の期待が一気に高まります!!

……そう盛り上がってたら、あっさりと両腕吹っ飛ばされる(カガリの)ストライク。
なんかキラにしては弱い気もしますが、きっと宇宙用に調整してなかったんでしょう(-_-;)

流石のキラもこりゃヤバイと思ったのか、虎のアドバイスに従いエターナルへGO。
両脚まで吹っ飛ばされつつも何とか着艦し、新型機を受け取るべくラクスのもとへ。
ヘルメットまで外して準備万端!!(何の)って感じで、ひさしぶりの再会の喜びをかみしめるように熱く抱き合います……って、虎ほったらかしにして何イチャついてますか、君たちは。

そしてついにストライクフリーダムキターー!!!(落ち着け)

まだフェイズシフト展開前だというのに、なんかカッコいいですよ、これ!!
コクピットで起動開始するキラに呼応するかのように、こちらの期待度もMAX状態に!!

キラ「CPC設定完了、ニューラルリンケージイオン濃度正常、メタルオンデープランデータ更新、原子炉臨界、パワープロー正常、全システムオールグリーン。ストライクフリーダム、システム起動」

……何かさりげなくデンジャラスな単語が混じってた気もしますが、聞かなかった事にして画面に集中。
いよいよ発進するX20A、ストライクフリーダム。
この辺り、システム起動からフェイズシフト展開までの一連の流れは、正直鳥肌がたつほどカッコよかったです、ブラヴォーー!!!

こうなるとこれまで違和感のあったストライクフリーダムって名前も、金色の関節部もカッコよく思えてくるから不思議だ(笑)。

そして予想以上に凄まじい力を見せるストライクフリーダム!!
防ぐわ、撃つわ、斬るわと、ザフトの赤服連中の駆るザク&グフを完全に圧倒しまくり。
おまけにドラグーンシステム搭載ときたら、ファンネル大好きなAirとしてはもはやガンプラ買うしかないでしょう(えー)。

その後「当たれぇぇ!!!」とニュータイプ全開なオールレンジ攻撃で、敵艦隊を完全に航行不能にして完全決着。
わずか2分でザク&グフを25機撃破という、華々しいデビューを飾りました。
脱走者の追撃という、いま一つパッとしないデビュー戦だったデスティニー(シン)との、この扱いの違いは何だ(笑)。


と、初の前後編となった種デス感想ですが、それだけ今回のが面白かったって事で。
ビデオにとったやつ、後半を中心にもう10回近く見ちゃいましたよ(*´ー`*)
終盤に向け、このクオリティを維持してくれれば最高なんですが……と不安と期待を同時に覚えつつ、レジェンドとのドラグーン対決を想像してハアハアしてみる(待て)。

 ガンダムSEEDデスティニー

10 Comments

シグレ  

>>キラ「CPC設定完了、ニューラルリンケージイオン濃度正常、メタルオンデープランデータ更新、原子炉臨界、パワープロー正常、全システムオールグリーン。ストライクフリーダム、システム起動」

久々に聞けた、キラの早口?すごいかっこよかったです!キラのスーパーコーディネーターぶりは健在でしたw

2005/07/17 (Sun) 20:42 | REPLY |   

Air  

いらっしゃいませヽ( ´▽`)ノ

>シグレさん
どうも初めまして。
「猫々蹴球」へようこそお越しくださいました。
TBの件と合わせて、どうもありがとうございますーー♪

>キラの早口
ほんとひさびさでしたね。
あれをやられるとやっぱり「キラすげえ」ってなりますよ(笑)。
今回もキラ役の声優さんはあの台詞を一発クリアしたのでしょうか(笑)。

しかしあの早口を聴き取るのは正直しんどかった……。
一応、こんな感じかと文章にしてみましたが、どっか間違ってるかもしれません(-_-;)

2005/07/18 (Mon) 12:21 | EDIT | REPLY |   

h/e  

圧倒的じゃないか(違

設定画は('A`)でも動くと('∀`)な不思議。
今回はストライクがよく動いてて嬉しい感じデス。
ストフリ出撃の件はもう素直にカッコイイ。
相変わらず挿入歌の燃え追加効果は抜群ですねぇ。
金ピカっぷりも素敵。

しかし何というかスタッフがキラを主人公扱いしてるのがまざまざと感じられて(笑
パクリだなんだについてははもう気にしない方向で。
因みに実際は27機撃破しているらしいですよ?

2005/07/18 (Mon) 17:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/07/18 (Mon) 17:41 | REPLY |   

カンザキ  

強ぇ、強ぇよ、キラ!

ストライクフリーダム! 何だよ、あの強さぁ!?
ドラグーンシステム搭載して、フルバースト攻撃もさらにパワーアップ!
なるほど、翼にあった武器が消えたのはそう言う事か!(ぉ

しかし、私としてはラクスの出番で満足感。
とりあえず、キラ、俺と立場k(削除
ちなみに、例の早口、やってみたんですが思いっきり舌噛みました(汗
改めて、声優さん凄いと痛感……_| ̄|○

ルージュは、キラが乗ったらノーマルストライクのカラーになるなんて……。
パイロットが変わると機体の色も変わる……何かすげぇ(笑

次週は種運命版百式(違)の登場なんで、やはり期待。
問題は、なぜそんな物にカガリなのかと問い詰めt(滅

2005/07/18 (Mon) 19:37 | EDIT | REPLY |   

雷斗聖刃  

赤巻紙青巻紙黄ま――――ッッ!!(悶)

久々にTVつけたら、見せ場のある回だったようで。
よく考えたら、いちいち口に出して動作確認しなくても良さそうなモンですが(笑)、そこはまあ、こっちのテンションも強制的に引き上げてくれるからOK!
まさに、主人公の面目躍如って感じですね!


…………あれ。誰か忘れてる(爆)。
でも私、初めて彼に同情しました。シスコンでどーしようもないDQNで傍にいたら泣くまでシバキ斃したくなるような奴だけど。(ぉ
だってさ。OPでも、中央はキラで、彼はその脇に配置されちゃってますですよ?
当初は一応、主役として設定されてたはずなのに、これじゃあ、まるで、その……なぁ……(涙)。

2005/07/18 (Mon) 21:16 | EDIT | REPLY |   

蓮の花  

天空の花嫁

 種死はレジェンドが出た辺りから全く見なくなったので、現在は行き着けのレビューサイト(9割がアンチ)で情報を仕入れております。いや、私的に種は本編よりツッコミレビューの方が楽しいので(笑)
 
 新型MS『運命』と『殴り放題』の初戦はどちらが主人公らしかったか。10人に聞いても同じ答えが返ってくる事でしょう。
 結論としては、監督と脚本家の『キラ絶対至上主義者』っぷりがアピールされた回と言えます。
 そんなにキラが可愛いなら、どうして素直にタイトルを『SEED2』とかにしてキラを主人公にしなかったのか、非常に謎。これではシン・アスカというキャラも、鈴村氏も可哀相です。
 彼を責めてはいけません。影は薄いとか地味とかDQNとか言ってはいけません。彼は被害者なのです。加害者は無論、監督夫妻。
 それとも『キラ2Pカラー』という二つ名の通り、所詮オリジナルカラーにはなれないという事なのでしょうか?

2005/07/18 (Mon) 22:54 | EDIT | REPLY |   

Air  

たくさんのコメントありがとうございます。

>h/eさん
ストライクフリーダムのカッコよさに隠れてましたが、ストライクもカッコよかったですねーー。
グフに対して高速連射するシーンとか、かなり好きです。
華麗に避けられてた気もしますが、それでも(笑)。

>相変わらず挿入歌の燃え追加効果は抜群ですねぇ。
前作の「ミーティア」といい、今回の「vestige」といい燃え効果はほんと絶大ですよね(*´ー`*)
しかも両方ともキラの新型機のデビュー戦に使われてるのが何とも(笑)。
8月10日発売らしいので、これも購入決定です。

>カンザキさん
更にパワーアップしたフルバーストアタックは最高でした(*´ー`*)
俺も最初は武装減ったのかなと思ってましたが、まさかあんなの用意してたとは。
良い意味で裏切られた気分で満足(笑)。

>今週のラクス
キラにストフリ渡す際の、どこか後ろめたそうな表情がやけに印象的でした。
あまりに強力な力だけに、彼女的にもいろいろ葛藤があったのでしょう……(核使ってますし)。

>雷斗聖刃さん
>でも私、初めて彼に同情しました。
大活躍だったデストロイ戦からたった1週間でこの有り様……。
あまりに短い天下でした(涙)。
OPの立ち位置もそうですが、そもそもタイトルロゴのバックがストライクフリーダムってのは、ええと、その、つまり(略

>いちいち口に出して動作確認しなくても

それは言わない、お・約・束(笑)。

個人的にキラは「僕は……」とかアンニュイな口調で喋るより、早口シーンの方がカッコいいと思います(笑)。

>蓮の花さん
ええと、ここで監督に文句言われても困ってしまうのですが(笑)、キラが可愛がられてるって部分については同感です。
ただ俺の中ではここ数年で主人公の定義が変わりつつありますので、シンみたいな主人公がいてもいいんじゃないかとも思ってますけど。

2005/07/19 (Tue) 19:09 | EDIT | REPLY |   

蓮の花  

何でこんな主人公……作ったんですよー!?(ロラン風に)

>Airさん
>ええと、ここで監督に文句言われても困ってしまうのですが(笑)

 いやはや、失礼いたしました(^^;
 ∀があまりに出来が良くて、つい種に対する反発意識が強まってしまい……。ちょっとストレスが溜まっているようで、愚痴だと思って忘れてください(ぉ

 最近思うのは、シン・アスカは主人公の位置にいない方が良いキャラになっていたのではないか、という事です。
 例えばアスランを主人公に据え、シンは彼を慕う後輩(というか弟分)という位置で固定し、未熟なミネルバーパイロット達をアスランが成長させる。当然、その最中に互いの意見の相違や対立があるでしょうが、それらを乗り越えて分かり合い、彼らは強い絆で結ばれます。所謂、スポ魂アニメ風なノリですが、この方が子供達は夢中になるのではないでしょうか。
 そうした中にあって、アスランは『何故戦争が起こるのか』という事を様々な出来事から見極めていき、デュランダル議長の思惑に気付きます。
 やがて議長が本格的に活動を開始した時、アスランは彼のやり方に公然と反対し、反旗を翻します。その際、彼を信じてついてきたミネルバクルー達が自分達はどうするべきか葛藤して、やがてアスランの元に馳せ参じる。そんな彼らをかつての戦友であり親友であるキラ・ヤマトは影ながらサポートしてアスランを励ます。この場合のサポートとは、あくまで物資や資金援助であり、MSに乗る事ではありません。
 スポ魂アニメに銀英伝風味を足したような内容ですが、私的にはこうした展開の方が好きです。というか、1クールの最初の時点ではこうした展開を期待していました(笑)
  

2005/07/20 (Wed) 09:37 | EDIT | REPLY |   

Air  

ぼくはきれいなシン・アスカ(ジャイアン風に)。

いえいえ、お気になさらずーー。
∀は見た事ないのですが、そんなに良い出来なんですか。
そんなに言われると見たくなってきて困ります、お金がないのに(笑)。

ただアニメとかを批判する時に、別の作品を引き合いにだすのが自分はどうも好きではないので……(汗)。
∀を見たとしても、種と比べての感想はしないと思いますです。
もちろん比較する必要がある場合もあるってのは理解してるのですが……。
実際、サッカーとかではついつい比較しちゃったりもする事もありますし……うー、すいません、あくまで自分の考えですので、違うと思ったら、気にせず忘れてくださいませ(汗)。

>蓮の花さんの考えた物語
アスランを慕うシン……駄目だ、想像できない(笑)。
でも最初からこういう話だったら、それも違和感なかったんでしょうね。
素直でみんなに好かれるシンってのも見たかった気がします(笑)。

2005/07/20 (Wed) 17:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムSEED DESTINY  天空のキラ
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第39話 天空のキラあらすじプラントに戻ったラクスは、身を隠しつつ”あるもの”を捜していた。それはデュランダルの真の思惑を記す手がかりとも言えるものだった。そしてついにその断片をてにいれたラクス。しかし、キラの元へ
  • 2005.07.17 (Sun) 20:30 | 卵の殻
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムSEEDDESTINY 第39話 「天空のキラ」
  • こっそりと逃げ出したジブリールはオーブに避難したようで。。。 これでザフトによるオーブ攻撃が決定的になった。 そんな中、アークエンジェル修復も何とか順調に進んでいる。 「これじゃ何も守れない」と弱気なキラとそれを励ますマリュー艦長。 一方、ダコスタが忍び込ん
  • 2005.07.17 (Sun) 20:56 | Anime速報.com

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.