猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

種デス42話です。

えー、本日のオーブ、オノゴロ島のお天気は、晴れ時々ストライクフリーダムとインフィニットジャスティス、所によりドムが降るでしょう。

という訳で(どんな訳だ)、今回の種デス感想は42話「自由と正義と」です。
いつもより少し長くなりますので、暇な時にでも読んでやってくださいませ。


まずスタートはアークエンジェル。
少しばかり時間が戻り、カガリがオーブに着いた頃の彼らの様子が描かれます。
メイリンに付き添われたアスランがCICに入るべくブリッジに来たり、出撃前にマリュー艦長がネオを艦から降ろしたりと、OP前とは思えない濃い内容でした。

そんな中、アスランはメイリンに艦から降りるよう伝えます。
これからザフトと戦う艦に彼女を乗せておく訳にはいかない――。
メイリンの事を思いやった、アスランらしい心遣いに心が温かくなりますね(涙)。
馬鹿野郎、そんな事したら彼女の出番が。

アスラン
「ほんとにすまない、ありがとう。だがこのドックにいれば大丈夫だ。だから、な」

メイリン
「………(ふるふる)」

「でも……。でも、わたしっ……」

「大丈夫ですから、わたし、大丈夫ですからっ……だから、置いていかないでくださいっ……」

 
 
(*´ー`*)(←ご満悦)



さて、ようやくOPから本編へ。
今回ので気づいたんですが、OPのストフリってデスティニーと同じ光の翼使ってますね。
用途は不明ですが、ちょっとカッコよかったので一応。

さあ実質ここからが前々回の続き、カガリVSシンの因縁の対決です。
もしかしたら結構いい勝負するんじゃないか?と期待していたカガリですが、やはりシンとの実力差は大きく……。
暁のビームを弾く能力に気づかれた後は防戦一方。
救援に来たムラサメ隊もあっさり落とされて大ピンチに。

プラモ発売前なのにもう落ちるのかと思った瞬間、キラのストライクフリーダムが宇宙から来援。
大気圏を突破しカガリを(爆発に巻き込みつつ)救い、確かに撃墜したはずのフリーダム出現に驚くシンの前に颯爽と立ちふさがります。
すごい、主人公のはずのシンが完全に悪者だ(笑)。

そして始まるキラVSシン、ストライクフリーダムVSデスティニー。
おそらく劇中一、二を争う力を持つ者同士の、二度目の本格的な直接対決。
戦場に到着したアークエンジェルとミネルバが激しく砲火を交える中、それに勝るとも劣らない火力をぶつけ合います。



さて、ここから後半パート。
キラ達の増援にもかかわらず、ザフトの前に再び圧され始めるオーブ軍。
グフのヒートロッドの一撃でまるでガンプラのように破壊されるムラサメを見てると、それも無理もないと思いました(-_-;)

そこへまたも宇宙から降下してきた謎のポッド。
中から現れたのは、以前ラクスファクトリーにて調整中だった3機のドム。
モノアイきょろきょろ動かすシーンは結構カッコよかったです。

で、今回の(ある意味)目玉といえるジェットストリームアタックですが……。

正直最初は「やってもうた!!(;゚д゚)」と思いましたが、ちょっと冷静になってみると別に騒ぐような事でもなかった(笑)。
この程度の事いちいち気にしてたら種デスは楽しめません、むしろもっとやれ(笑)。

一方、キラとシンの戦闘もますますヒートアップ。
互いにあの時よりも優れたMSを駆るだけに、一撃一撃が実に豪快です。
前回敗れたキラも今回は迷う事なく種割れ起こしてシンに猛攻。
対艦刀を白刃取りするという荒技から、あわやの一撃をデスティニーに放ちます。
が、あくまで不殺を貫くキラのやり方にキレた(またか)シンも、同じく種割れで反撃。
最強対決にふさわしい一進一退の攻防は、やがて補給の為にシンが一時撤退した事により、ひとまず中断となりました、ふー。



シンの相手をキラに任せ、国防本部に向かっていたカガリも無事到着。
ボコボコにされていたユウナに更に渾身の右フックをかまし、胸倉掴んで首絞めつつジブリールの居場所を問い詰めます。
落ち着いてください、とか言おうものなら一緒に殴られそうで怖いです(-_-;)

……さて、書く事盛りだくさんだった今回の話もそろそろ終盤。
キラと共に宇宙からインフィニットジャスティスを運んできたラクスの元に、メイリンに付き添われたアスランが訪れます。
ですがまだ様々な事に迷いがあるらしく、ジャスティスを見てもどこか無反応。
それどころか「君も俺はただ戦士でしかないと、そう言いたいのか」と、ラクスに厳しい言葉を投げかけます。
そんなアスランに優しい笑みを浮かべ、ラクスはゆっくりと言葉を紡ぎます……。

……数分後、ラクスの相変わらずよくわからない理屈にやる気になるアスラン(笑)。

なんかうまく戦いへと誘導した気もしますが(笑)、それは視聴者側の考えであって、話の中でのラクスはアスランが後悔しないように、純粋な気持ちでおぼろげに道を指し示しているんでしょうね。
改めて考えると、彼女のボカした言い回しというか、なかなかはっきりとした結論を出さずに相手に判断を委ねる言い方は、はっきりとした道を指し示そうとするデュランダル議長への対比としてのものなのかもしれません。
どちらを支持するかは人それぞれ意見が分かれる所でしょうけど。

ともあれアスランはインフィニットジャスティスを駆り戦場へと出撃。
補給を終えたデスティニー、そしてレジェンドと戦うキラを援護する為に。
スカイグラスパーで参戦してきたネオも交え、次回はオーブの空を舞台に更に激しい戦闘が繰り広げられる事でしょう。


……一人、邪魔者扱いされた彼女を除いて・゚・(ノД`)・゚・

 ガンダムSEEDデスティニー

3 Comments

カンザキ  

インフィニットジャスティィィスッ!(咆哮

やー、やってくれましたよ、ラクス様!(そっちかい
まさか、インフィニットジャスティスで地球に降りてくるとは!

OP前のマリューとフラガ(ネオ)の会話が結構切なげでした・゚・(ノД`)・゚・

メイリンは姉以上に萌えー。や、例のメイリン嬢が10体以上もいる私にとっては、
今の彼女の姿は脅威です。ラクス萌えが……ラクス萌えが……!(黙れ

アカツキVSデスティニーは、もはや予想通りに展開。カガリ、君はやはり戦士にはなれないよ……。
そしてストライクフリーダム! ジャスティスと一緒に降りてきて、速攻ですかい。
ジャスティスもあのまま戦うのかなとか密かに思った私。もち、乗ってるのは虎さんで(笑)

いやー、もう戦艦同士の戦いより、自由VS運命の戦いでしたよ。
そしてドム! キラが何も知らなければ、間違いなく彼らは撃たれていたでしょう、彼に。

ちょっと残念なのはラクス……。
いつもの事ですが、彼女の言葉は力があるのかないのか……。
ラクス萌えな私でも、これは流石に落ち込みましたわ_| ̄|○

次回は多分、再びキラVSシン、アスランVSレイの白熱バトルでしょう。
ジブリールの言っていたレクイレムが気になりますが、今はキラ&アスランに燃え尽きます。

で、ここから個人的ですが、やはり1/100ストライクフリーダム買おうかなと(何
それで店頭にいったら置いていないという現実……
九州じゃ、ようやくデスティニー入手のレベルでしたわ……遅ぇよ、地元_| ̄|○
なので(謎)、ラクス狙いでフィギュア買ってルナマリア手に入れました(何
店頭に並ぶまで、ラクス様入手を実行します。

2005/08/08 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   

h/e  

吶喊ぁぁん!

て感じでジェットストリームアターック!
第一印象は「叫んだー!Σ( ̄□ ̄」でしたが(笑
SEED系列とはいえガンダムで技名を叫ぶとは思いませんでしたよ…。Gは除いてですが。

しかし主人公の相手が手を取り合って挿入歌と共に降臨するってのはなんとも(笑

2005/08/09 (Tue) 20:26 | EDIT | REPLY |   

Air  

∞ジャスティス。

>カンザキさん
インフィニットジャスティス、ラクスが乗って降下してくるとは意外でしたね。
しかもおてて繋いで、とは(笑)。
最初「え?ラクスも戦うの?」とか思っちゃいましたよ。

>次回は多分、再びキラVSシン、アスランVSレイの白熱バトルでしょう。
個人的にはアスランにはシンと戦ってもらって、これまで侮られまくった分ボコボコにしてやってほしいですが(笑)。

>1/100ストライクフリーダム
九州はちと遅めなのですか……。
こっちでは無事発売されましたが、当日に売り切れの店も多かったみたいです。
……つか俺もまだ買えてません(-_-;)

作る時間があるかは別にして、とりあえず手元には持っておきたいものです……。

>h/eさん
>第一印象は「叫んだー!Σ( ̄□ ̄」でしたが(笑
そうか、なんか違和感あると思ったらそれか!!(笑)
確かにガンダムで技名叫ぶなんて滅多にないですからねーー。
ぱっと思いつくのは「ファンネル!!」……は技名じゃないか(笑)。

2005/08/10 (Wed) 13:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムSEED DESTINY  自由と正義と
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第42話 自由と正義とあらすじザフトのオーブへの侵攻が激しさを増していた。新型機アカツキに乗り必死で国へ戻ろうとするカガリ。 彼女の前に現れたのは、「オーブを撃つなら俺が撃つ!」と決意したシンのデスティニーだった。歴
  • 2005.08.08 (Mon) 13:54 | 卵の殻
この記事へのトラックバック
  •  PHASE-42 自由と正義と
  • いやあ、この日を二週間も待っていましたよ?間に総集編を入れたのだから期待してもよろしいんですよね?では今回の感想へ・・・・出だしでメイリン登場!!!!!「アスランさん・・・・」なぜこんなに仰々しいんだろう?やっぱりそんなに話していないからだろうか?
  • 2005.08.08 (Mon) 17:08 | 舞い降りる剣

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.