猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

第50話「彼等の居場所」


「大義? 何それ? 無意味? そうだな、俺には意味なんてない。けど……」


(けど今は……俺にはオルガがくれた意味がある)


(なんにも持っていなかった俺のこの手の中に……こんなにも多くのものが溢れてる)


(そうだ……俺たちはもう辿り着いてた……)


(俺たちの本当の居場所……)



g11223095764ggk.jpg

『だろ? オルガ』
『ああ。そうだな。ミカ』





g284466699jjhd.jpg





・゚・(ノД`)・゚・。


三日月のモノローグからのオルガとのツーショットが何とも切なかった鉄血のオルフェンズ最終話。
アリアンロッドとの最終決戦、鉄華団の仲間を逃がすため、圧倒的な数を相手に2機のガンダムで時間を稼ぎ続ける三日月と昭弘。
衛星軌道上からのダインスレイブによる射撃で共に瀕死の重傷を負いながらも、最後の最後まで戦い抜いて散っていきました。
最初から勝算がないばかりか、ラスボスらしいラスボスさえいない、ガンダムシリーズでは珍しいラストバトルでしたけど、二人の奮戦があまりに凄まじくて心拍数上がりまくりでしたね。
三日月も昭弘も、ほんとによくやったよ……。


g334556996gghjk.jpg

╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

そんな悲壮なバトルでの、わずかな歓喜がこれ(笑)。
これまでありえない悪運スキルを発揮して生き残ってきたイオク様にも、ついに年貢の納め時が。
瀕死の昭弘にトドメを刺そうとした際、うっかり自分の名前を名乗ってしまう致命的ミスで彼の殺意と闘志に火を点け、巨大ペンチでMSごと圧殺されました。
最初、何で昭弘があんなにブチ切れたのかわかりませんでしたけど、そういや直接的にタービンズ、間接的にラフタの仇だった。

―――――――――――――――――――

g845000dcv.jpg

怒涛の展開だった前半に対し、後半は一転して数年後の平和な世界。
ギャラルホルンの改革に成功したラスタルと、念願の独立を果たした火星の代表に就任したクーデリアさんが手を取り合うという意外な展開に。
ヒューマンデブリの廃止など、結果として世界はいい方向に進んでいるみたいですし、これはこれで有りですかねーー。
しかし鉄華団をネズミ呼ばわりしてたくせに、ヒューマンデブリ問題に心を痛めていたとか、あのヒゲよくもまあいけしゃあしゃあと(笑)。

そのラスタルもクーデリアさんも、もちろん内心ではいろいろ思うところがあるんでしょうけど、どちらも公人としての自分と私人としての自分をきっちり区別できるくらいは大人だったって事でしょうか。
とりあえず管理人としては鉄華団のメンバーの多くが生き残り、それぞれ新たな環境で自分達らしく生きている未来を迎えられただけで満足です。
なんせいざ最終回見るまでは文字通りの全滅、それどころかベルセルクの蝕も真っ青な悲惨なラストも覚悟してたもので……。

ノブリスをトイレで暗殺してオルガの仇を討ったライド・F・セイエイ君がこの先どうなるのかは気になりますけど。
あと車椅子生活になってたガエリオといい雰囲気(?)なジュリエッタちゃん達二人の今後も。
やっぱりこの先ウコチャヌプコロするには阿頼耶識がいるんでしょうか?(そこかよ

―――――――――――――――――――

今週の、そして最後のヒロインズ。

g5969466468kkj.jpg

すっかり大人の女性になったクーデリアさんと、こちらも一気に成長したアトラさん。
互いの想い人である三日月の忘れ形見、暁くんを見守りながら、忙しい日々を過ごしています。
誰の子供か疑う余地もないほど両親の遺伝子引き継いでますし、これはクーデリアさん母性本能くすぐられますわ(笑)。



g994585322009hg.jpg

さて、1期、2期と見てきた鉄血のオルフェンズもこれでひとまず完結。
万人受けする名作、とはとても言えませんが(笑)、楽しくもあり、しんどくもある、ガンダムシリーズの中でも一際毛色の違う意欲作だったのは間違いないかと。
続編はともかく、スピンオフはまだまだ作れそうなので、できれば見てみたいものであります。

個人的にはEDから数年後、成長した暁くんが人妻になったクーデリアさんと背徳のロマンスを展開する、妻みぐいな物語を2時間スペシャルでゲスね……(最低

 鉄血のオルフェンズ

4 Comments

カンザキ  

終わってもうた……

ミカヅキ……昭弘……・゜・(つД`)・゜・

イオク……よし!ヽ(・∀・)ノ

これだけで、もう全部納得して見てしまった自分がいますです(ぇー
ミカヅキを悪魔として、ダインスレイブとかヒゲ親父、容赦ないと言うか、お前が悪魔だよと言うか……。

>ヒロインズ
クーデリアさんは美人になってますけど、アトラの成長っぷりは驚きました。
確実に仕込まれてた息子。暁を叱りつける姿とか、本当、お母さんですわ。
でも、肝心の所の成長はほとん……あれ、ミカヅキさん死んだんzy(撃たれました

>個人的にはEDから数年後、成長した暁くんが人妻になったクーデリアさんと背徳のロマンスを展開する、妻みぐいな物語を2時間スペシャルでゲスね……(最低
言うと思いました(´ー`)
クーデリアさん、人妻になるんだろか……あのまま独身で生涯終えそうな気も……。
個人的には、数年後、未亡人アルミリア嬢と運命の出会いを果たして背徳な展開の方を(削除

2017/04/08 (Sat) 11:59 | EDIT | REPLY |   

Air(管理人)  

貴重な鉄血が……。

>カンザキさん
>イオク……よし!ヽ(・∀・)ノ

三日月と昭弘は残念でしたが、これで少しは救われましたね(笑)。
あのまま生き残ってたら、それこそ名瀬さん達が浮かばれないところだった……。

>クーデリアさんは美人になってますけど、アトラの成長っぷりは驚きました。

数年後とはいえ、ほぼ別人のような成長っぷり。
母親になるってスゲエと思いましたよ(笑)。
できればクッキーとクラッカの成長後も見てみたかったヽ(*゚∀゚)ノ

>言うと思いました(´ー`)

おかしいな、何でわかったんだろう(棒

そういやアルミリアちゃんのその後も語られませんでしたねえ。
あの歳で今後の人生を未亡人扱いって、いろいろ苦労しそうで胸が痛みますよ。
いや、俺なら全然OKどころか、むしろ大歓迎な称号ですけど(えー)。

2017/04/09 (Sun) 13:24 | EDIT | REPLY |   

けけろ  

くっころジュリエッタちゃん

とうとう終わってしまいましたね。
Airさんも感想に書かれてますが、万人向けの名作ではなかったものの独特のノリと雰囲気はGガンダムと並ぶシリーズの
異色作として語り継がそうですね。
しかし、ラスタルが完全に一人勝ちなのが…。この人が直接接触したのってオルガとの通信ぐらいですし、
やっぱりラスボスと決着って構図も大事なんだなぁと思いました。
まぁマッキーが思っていた以上にノープランだったのが全てでしょうか。

>ヒロインズ
クーデリアさんは順当に成長したなぁと思う美人ですが、アトラが一気にママンと化しているのには驚き。母は偉大。
残念ながらクーデリアさんとウコチャヌプコロはしてなかったみたいですが、成長したアカツキくんとの
年の差ウコチャヌプコロを期待したいところ…。
あんなに小さかった子供にこんなことされるなんて…くやしい! でも…(以下略

なにはともあれレビュー完走お疲れ様でした。
これからもちょくちょく突っ込み感想させていただきますね!

2017/04/09 (Sun) 22:04 | REPLY |   

Air(管理人)  

姫騎士ジュリエッタ~あなたって、本当に最低の(略

>けけろさん
>万人向けの名作ではなかったものの独特のノリと雰囲気はGガンダムと並ぶシリーズの
異色作として語り継がそうですね。

ガンダムシリーズの中では間違いなく異端に分類されるでしょうね、鉄血は。
良くも悪くもガンダムらしくない作品ですし、数年後とかにどんな評価になってるのか興味津々だったり……。

>まぁマッキーが思っていた以上にノープランだったのが全てでしょうか。

これに尽きる(笑)。
鉄華団といい視聴者といい、あのいかにも切れ者な雰囲気に幻惑された感は否めませんよねーー。
バエル手に入れるまではいいとして、まさかその後があんな行き当たりばったりな計画だとは。

>あんなに小さかった子供にこんなことされるなんて…くやしい! でも…(以下略

夏コミでどっかのサークルが出すと期待、もとい予想ヽ(*゚∀゚)ノ
俺の見たところ、暁くんはかなりのテクニシャンですね、間違いなく。

……話は変わりますが、EDの時点でクーデリアさんとアトラが同姓婚してるとか何とか……。
何でこのアニメのスタッフは終了後にそういう衝撃の裏話をブチ込んでくるのか。

>なにはともあれレビュー完走お疲れ様でした。
>これからもちょくちょく突っ込み感想させていただきますね!

ありがとうございます。
けけろさんも毎週面白い反応をくださり、ほんとに感謝しております。
これで接点がなくなるのも寂しいので、ガンダム以外の記事でもぜひまたコメントしてやってくださいませーー。
いっそゴールデンカムイがアニメ化してくれればなあ……シトン先生め(笑)。

2017/04/10 (Mon) 16:24 | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.