猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

種デス50話です(後編)。

後半パートスタートヽ( ´▽`)ノ



激闘の末、レイの信念に打ち勝ったキラ。
彼らの決着に合わせるように、アスランとシンの戦いも佳境へ突入します。

アスラン
「もうお前も過去に囚われたまま戦うのはやめろ!!」

「そんな事をしても何も戻りはしない!!」

「なのに未来まで殺す気か、お前は!!」

「お前が欲しかったのは、本当にそんな力か!!」


戦いながら立て続けに浴びせかける、心からの叫び。
アスランの言葉責め一言一言にシンの精神が追い詰められていきます。

浮かんでは消える、妹の、ステラの笑顔。そして自分の選んだ道への葛藤。
今気づかなければ、何もかも手遅れになる。
自分と同じ過ちを繰り返させたくないアスランの叫びが、ついにシンの心を……。

シン
「だけど……!! だけど!!!」


オーバーヒートしました(-_-;)

混乱する心をぶつけるように、Iジャスティスに突進するデスティニー。
その掌から生じる光がアスランへと迫る刹那、ルナマリアのインパルスが彼をかばうかのように割り込んできました。

ルナマリア
「シン、もうやめて!! アスランも!!」


突然のルナマリアの行動にシンの混乱は極みへ。
インパルスとフリーダムの影を重ねでもしたのか「やめろーー!!」とイってしまった目で貫こうとします。
Airの頭にルナマリアさんが光になって消えていく映像が浮かびました。

アスラン
「このバカヤロォ!!」


しかしそこは種デスで最もモテた男アスラン。
種割れの超反応でデスティニーの一撃を受け止め、仲間を殺そうとしたシンに哀しみと怒りをぶつけます。
そしてもう説得の時間は終わりだ小僧とでも言わんばかりに、デスティニーの両腕と両翼を、続けて片脚も破壊し、強制的に戦闘不能状態に。
こうするしかなかった事への無念さに心を痛めながらも、レクエイムの破壊へと向かいます。



シン、レイ共に破れ、残るザフトの主力はミネルバのみ。
未だアークエンジェルを追撃してはいますが、シン達の敗北によって戦力は大幅にダウン。
艦同士の一騎討ちとなった戦いは、上方に回りこんだAAの至近距離からの一撃。
更にIジャスティスのリフター攻撃によってスラスターを破壊され、航行不能のまま月面にかろうじて不時着しました。
ミネルバ、デスティニー、レジェンド、インパルスと、主人公側の主戦力ほぼ全滅です。

さあ後はレクイエムとメサイヤを破壊すればミッションコンプリート。ヒモ生活再び。
再びミーティアを装備したSフリーダムを駆り、キラはメサイヤへ向かいます。
時を同じくしてレイもまた、大破したレジェンドで議長の元へ。
頭から血流してますが、致命傷ではない模様です。



その頃、レイの忠誠の対象でもある議長はネオジェネシスの発射を指示。
レクイエム発射口付近の敵を掃討し、直後にレクイエムでオーブを撃って戦いを終わらせるつもりです。
今の戦況でオーブを撃っても、キラ達の怒りの反撃で確実に殺される気がしますが。

ネオジェネシス発射態勢。
その情報をラクス達に教えたのは「あれはザフトの船だ」と面白苦しい理由でエターナルを守っていたイザークでした。
おかげで間一髪、回避に成功しますが、数隻のザフト艦が消滅。
味方を巻き添えにした議長に対し、タリア艦長の表情が驚愕に変わります(レイもちょっと複雑な顔してました)。

とはいえ、全軍に通達はされてましたし、この場合議長だけが一方的に悪いとは限らないかもしれませんね……それでもやっぱり味方撃っちゃイカンですけど(-_-;)

続けて発射態勢に入るレクイエム。
そうはさせじとシールドを突破して内部に突入するアスランとムウの兄貴。
アカツキのドラグーン、Iジャスティスのリフターによって、ついにレクイエムを破壊します。
ルナマリアさんに可能だった事がこの2人にできない訳がありません(笑)。



一方、アスランにやられて精神世界を漂っていたシンですが、ステラの優しい声に目を覚まします。またも2人とも全裸です。
「ダメだよ、君はこんなところへきちゃ」と言うシンに、「だいじょうぶ、だからちょっとだけ会いに来た」と応えるステラ。

シン
「ちょっとだけ? ちょっとだけなのか?」


がっかりしてます。未練たっぷりです。

ステラ
「うん、今はね。でもまた明日……」

「ステラ、昨日をもらったの。だからわかるの、嬉しいの。だから明日」

「明日ね。明日……」


そう嬉しそうに言うと、ステラは消えていきました。
毎回記憶を消されてたステラでしたが、シンとの思い出だけは最後まで消えなかった訳で。
命を失っても、心の中に残った昨日の記憶が、彼女に明日の存在を信じさせてくれた……この場面はどうも文章にするのが難しいのですが、こんな風に自分は解釈してみました。
多分にステラびいき入ってる者の意見ですので、その辺を考慮してやってください(笑)。

月面に立ち昇る光の柱。
今度は現実世界で目を覚ましたシンは、自分を抱いてくれていた少女に目の前の光景についてたずねます。
数秒前「ステラ」とか違う女の名前呟いちゃってましたが、幸い聞こえていなかったようです。

ルナマリア
「レクイエムよ……オーブは撃たれなかった」


彼女の言葉に驚き、続けて子供のように泣きじゃくるシン(子供ですけど)。
その涙の意味は悔しさか、安堵か、それとも別の何かか。
ルナマリアは何も言わず、ただ静かにシンを抱きしめていました……。



シンがルナマリアの胸で号泣している頃、キラはメサイヤ破壊の真っ最中。
ミーティアを操り、斬って、撃って、内部で全弾発射して、やりたい放題です。
爆発まであと数分状態まで破壊して、さあ脱出かと思いきゃ、キラは単身議長の元へ。
最終話にきて初めて両者が顔を合わせます。

銃を向け合うキラと議長。
追い詰められながらも顔色も変えず、議長はキラにこれ以上の反抗をやめるよう諭します。

議長
「やめたまえ。やっとここまで来たんだ。そんな事をしたら世界はまた混迷の闇へと逆戻りだ。私の言っている事は本当だよ?」

キラ
「そうなのかもしれません。でも僕たちはそうならない道を選ぶ事もできるんだ。それが許される世界なら」

議長
「だが誰も選ばない。人は忘れ、そして繰り返す。もう二度とこんな事はしないと、こんな世界にはしないと、いったい誰が言えるんだね」

「誰にも言えはしないさ、無論君にも、彼女にも。やはり何もわかりはしないのだからな」

キラ
「でも、僕たちはそれを知っている。わかっていける事も、変わっていける事も。だから明日がほしいんだ。どんなに苦しくても。変わらない世界は嫌なんだ」


互いの考え方をぶつけあうデュランダルとキラ。
選ぶ自由はないけど、平和な一本道。
何の保障もないけど、自分で選べる無数の道。
重ならない主張に、両者の緊張が徐々に高まります。

議長
「傲慢だね。さすがは最高のコーディネイターだ」

キラ
「傲慢なのはあなただ。僕はただの、1人の人間だ。どこもみんなと変わらない。ラクスも。でもだからあなたを撃たなきゃならないんだ。それを知っているから」

議長
「だが君の言う世界と私の示す世界。皆が望むのはどちらだろうね。今ここで私を撃って、再び混迷する世界を君はどうする」

キラ
「覚悟はある……僕は戦う」


僕は戦う――。
甘美なヒモ生活への決別を決意したキラが指に力をこめた瞬間、司令室に銃声が響きます。
胸を撃ち抜かれ、ゆっくりと倒れる議長。
驚きに振り向くキラの視線の先にいたのは、自らの行動に愕然とするレイでした。

崩れ落ち、泣きじゃくるレイと、議長の元へと駆け寄るタリア艦長。
自分を撃ったのは君かと問いかける議長に、撃ったのはレイである事を伝えます。

レイ
「ギル……ごめんな、さい……!! でも、彼の、明日は……!!」


その言葉に、どこか満足そうな顔で目を閉じるデュランダル。
同時に本格的に崩れ始めるメサイヤ。
タリアはキラにマリュー艦長への遺言を託し、送り出します。

議長
「すまないね、タリア……でも、嬉しいよ」

タリア
「しょうのない人ね……でもほんと、仕方がないわ。これが運命だったという事じゃないの、あなたと私の」

議長
「運命……やめてくれ」


死の間際で議長の口から漏れた、運命を否定するような言葉。
あれだけデスティニープランにこだわっていた彼ですが、この瞬間だけは昔の、タリアと付き合っていた頃の自分に戻ったのでしょうか……。

タリア
「レイ、いらっしゃい」


崩れゆく要塞の中、レイを優しく抱き寄せるタリア艦長。
「よくがんばったわ」の言葉に、レイは涙を流しながら呟きます。

「お、かあさん……」

家族のように身を寄せ合う3人を飲み込む爆発。
要塞から宇宙へと飛び出すSフリーダムの眼前で、炎に包まれたメサイヤが月に沈みます。
まるで議長達の墓標を思わせるその姿に、シンとルナマリアは涙を流すのでした……。



ふー、ようやく終わりですね。
終わって見れば、キラ達の、キラ達による、キラ達のための物語でしたね。
シンっていったい何だったのでしょうか……・゚・(ノД`)・゚・

あと終盤の駆け足展開のせいか、後日譚とか無かったのが残念。
議長の世界を否定するのはいいとして、その後どうするのかを見せてほしかった……。
噂ではDVD最終巻に40分くらい追加エピソードがあるらしいので、そっちに期待しますか。

と、まあいろいろ不満もありますが、個人的にはやっぱり種デスは好きです。
なんだかんだで一年間もの間、これだけ楽しませてもらった訳ですから。
面白かったとも言いきれませんが、つまらないから嫌いとは、もっと言いきれないのです(笑)。

それにこの作品のおかげでブログの知り合いも増えましたし、そういう意味でも自分にとって出会えてよかった作品と言えますねーー(*´ー`*)
皆様のサイトにはこれからも遊びに行きますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします(良い事言ったつもりで締める)。

 ガンダムSEEDデスティニー

8 Comments

蓮の花  

この後に及んで言える事

 私も、種という作品に出会えてよかったと思っています。理由は種以上の駄作は中々存在しないため、このウニメを見た後に他のアニメを見ると素晴らしい良作のように見えてしまうからです(冗談とかではなく、真面目に)
 昔、『つまんねぇな』と思いながら見ていたアニメでも種という作品を知った現在、改めて見ると『ああ、こんなに良い作品だったんだな』と感動します(笑)

 内容なんかに文章を裂くのは勿体無いのでスルー(そもそも見てないし)
 
 とにかく私が言いたいのは、スタッフの皆さん。あんな自分勝手で独り善がりの監督とシリーズ構成の下で、一年間(前作を含めると二年)も本っっっ当に大変だったかと思います。もう本っっっっっっっ当にお疲れ様でした。次の仕事は、もっと真っ当なアニメの製作に就かれる事を心からお祈り申し上げます。
 それから鈴村さん……もう本っっっっっっ当に(しつこい)ご苦労様でした。
 各サイトで毛嫌いされ、キラアスファンからは叩かれ、ガンダム史上最悪なまでに不遇な扱いをされてしまった、ある意味最も不幸なキャラを一年間演じ続けた事……心から労わせていただきます。毎回毎回、登場する度に性格が変わり、歪められていくシン・アスカを演じるのは大変だったでしょう?
 FFⅦACにてあなたの声を拝聴しました。何だかとても伸び伸びと演じられているように感じたのは、私の聞き違いでしょうか? いずれにせよ、また別の作品にてお会いできる事を楽しみにしております。

 最後に、シンちゃんへ……。
 君の雪辱は私が晴らしてあげるよ。ゲーセンでね。安心していいよ。私はあのゲームでキラが乗っているストライクやフリーダムを20回近くは粉砕してるから。あのエロ魔人の断末魔を何度無く耳にしているから。明日、君の無念を存分に晴らしてくるからね。


……長文、失礼しました(--;
 

2005/10/03 (Mon) 22:14 | EDIT | REPLY |   

けけろ  

不沈艦アークエンジェル隊

種デス終わりましたね。最終回は30分早い放送だったので出かけずに待ってましたよ(笑)

>キラVSレイ
ドラグーン合戦は凄かったですね。あまりに凄くて訳が分りませんでしたよ。欲を言えばやはりキラVSシンで締めて欲しかったかな。
しかし無傷ですか、そうですか……。

>アスランVSシン&ルナマリア
インパルスの腕が蹴りで吹っ飛んだのにはビビりました。PS装甲はどーした。
最後にシンとアスランの間にルナマリアが割り込んだ瞬間「あ、死んだ」て思わず呟いてしまいました。まぁアスラン様の”火事場のクソ力”で訳の分らないうちにこれまたぶっ飛ばしていましたが(笑)

>議長
最後まで椅子に座って踏ん反り勝ってましたが、てっきり足の無い巨大ガンダムに乗って参戦すると思ったのになぁ……。最後は家族で散ったのが唯一の救いでしょうか。それにしてもタリアとレイってそんなに仲の良い描写あったけか?

ここ最近まじめに種デス観てて思ったんですけど、シンって主人公ではなくキラと敵対するだけの理由と力をもったキャラとして誕生したんじゃないかなと考えてます。昔マガジンで連載してたシュートでも、ライバルとなる高校をメインに描いている期間があった気がするんでそんな感じというのはどうでしょうか? まぁ監督が稀代の天才なのでそれ以上のお考えがあるのでしょうけどね。

なにはともあれ良くも悪く悪くも話題になった作品であることには間違いありませんし、
製作に関わった方すべてにお疲れ様といいたいです。Airさんも長文レビューおつでした(笑)

ところでディアッカとミリアリア会話せずに終わったのはどうかと思いますよ(苦笑)

2005/10/03 (Mon) 22:57 | EDIT | REPLY |   

-  

最終回と思って、ドキドキして見ていた分、正直面白かったです。というか、そこまで感受性高くないとSS作家なんて仕事できません。感動してこそSSは書けるものだと思ってます。


キラVSレイ
…所詮、劣化品は完成品に勝てないか…。レイが簡単に負けてしまったので、率直にそう思ってしまいました。それとも性能の差なんでしょうか。レイ可哀想に…。


アスランVSシン
…まず、言いたいこと。アスラン好きの人間の戯言です。…シンもう少し頑張って。ジャスティスの武装半分も出さないまま負けたら、駄目でしょう…。もっともっとジャスティスのトリッキーな戦略の戦い方を見たかったです。
リフトの遠隔操作は?グリフォン2は?隠し持ってたPS装甲貫くダガーは?手の格納されてる格闘専用クローを使った攻撃は?なんてマニアックなこと言っても仕方ないのですが…。他にもたくさん収納されている武器の諸々……。
これだけの武装を使うまでもなかったアスランの強さに脱帽…。

個人感想

キラ
プランが実行されると仕事しないといけないから、ヒモ生活できなくなるから戦った…なんてことないですよね?これでヒモ生活に戻れる…なんて思ってないですよね?

アスラン
ジャスティスに乗ったら無敵です。自爆しない限りは。

ムウ
さっすが兄貴。この人いないと今回やばかったですね。


シン・ルナ
ああいう主人公とヒロインの描き方もアリだと思います。もう少し描写があると本当に可哀想と思って、いい感じになったんですがね。

レイ
やっぱり、ラウではなくレイとして見て欲しかったですね。だから、キラの言葉が届いたのでしょう…。


ギル・タリア
やはり、死ぬ間際でしか本音で話しをしなかったですね…。どちらかが勇気を持って正面から接することをすれば、こんなことにはならなかったでしょうに。

2005/10/04 (Tue) 00:11 | REPLY |   

カンザキ  

種運命終わってしまったー

これで、土曜日の楽しみはツバサ・クロニクルのみ……くそう(何
種運命、終わってしまいましたね。
とりあえず、ラストは微妙だなと。前作よりも中途半端な終わり方してくれました_| ̄|○

とりあえず、キラVSレイは、キラが優勢で勝利。
いえ、互角って思うような戦いでしたが、キラはレジェンドのドラグーン撃ち落としてたんで、キラ優勢で(ぉ
ルナマリアがアスランを庇おうとした時、「死んだ!?」などと思いました、流石に。

追加エピソードがDVD最終巻で盛り込まれるわけですが、発売は2月末……
これが三部作への予告だったら、とりあえず笑っておきます。はい。

今回の見所はアスランの駆る∞ジャスティス!
いやぁ、出る幕ないかと思ってたファントゥム01の出番もありましたし、これだけで満足です。

色んな意味で、種運命は好きです。
とりあえず……アカツキのプラモ発売が出る事だけ望みます。
しかし、最後の最後まで報われない主人公って……(汗

2005/10/04 (Tue) 01:36 | EDIT | REPLY |   

h/e  

結局。

シンは主人公じゃなかったんですね・゚・(ノД`)・゚・
キラどころかアスランにやられるとは。
シンの家族が死んだのもいつの間にかカラミティのせいになってますし(笑
最後の最後に回想かよ!と思ったらラストカットはストフリでしたし!

本編ではホーク姉妹が生存したのにちょっとびっくりです(ぇ。特にルナは。
あれだけの死亡フラグを乗り越えた二人に乾杯。
腕と足をもがれてからはいつ死ぬかとヒヤヒヤでしたよ……。
あとシン。
「よくもルナを……ルナをやったなぁぁぁぁっ!!」
やってないよ!∑( ̄□ ̄;
殺られても犯られてもいないよ!(ぇ
あと個人的にはレイは生き残るべきだと思ったんですが、逝きましたね。
結局手を汚さなかったキラの覚悟を監視する役割を担うべきかなと思いましたが。
でないと何時ヒモに戻るかわかったもんじゃないですから。前科ありますしね!(笑

しかしなんだかんだ言っても結局私も嫌いじゃなかったですね種D。毎週見てましたし。
問題は多々あれどいろいろと楽しめたのも事実です。
戦闘シーンのスーパー系な演出とかもいい感じでしたし、ただまぁバンクはアレですが。
楽曲も文句なしに格好良かったと思うのですよ。

では、キェルケゴールの言葉のよぎったh/eでした。

***10/4.23:41頃追記です***

2005/10/04 (Tue) 12:57 | EDIT | REPLY |   

Air  

ありがとう種デス。

>蓮の花さん
長文、お疲れ様でした。
まあスタッフの方が監督をどう思ってるかは、俺にはわからないですけど(笑)。

シン役の鈴村さんに関しては同じく同情(-_-;)

>けけろさん
>やはりキラVSシンで締めて欲しかったかな。

結局シンはキラに相手にされてなかったような……。
あのフリーダム撃墜も、キラにしてみれば「迷ってたから」と事故扱いですし(笑)。

>議長
>てっきり足の無い巨大ガンダムに乗って参戦すると思ったのになぁ……。

種デスなら、そのくらいはっちゃけても全然問題なかったですね(笑)。
つか、死体の山に囲まれて、のんびり座ってるってどうなのよ(-_-;)

>昔マガジンで連載してたシュートでも、ライバルとなる高校をメインに描いている期間が

ありましたねーー確か伊藤ヒロでしたっけ。
シンもキラと敵対するならするで、ちゃんと互いの存在を認識しあってほしかったかな、と。
シン的には最後までキラじゃなくてフリーダムと戦ってましたし。
ラストで主人公側に負けて泣くのは同じでしたが(笑)。

>ディアッカとミリアリア会話せずに終わったのはどうかと思いますよ(苦笑)

声は聞こえてたと思うんですけどねーー?
所詮ミリアリアにとっては、過去の男なんでしょうか……哀れな・゚・(ノД`)・゚・

>才条 連さん
>最終回と思って、ドキドキして見ていた分、正直面白かったです。

同感です。
やっぱりせっかく見てるんだから、楽しみたいですよねーー。
特にルナマリアが出てくるたびにハラハラしまくりでした(笑)。

>ジャスティスの武装半分も出さないまま負けたら、駄目でしょう…。

そんなに武装あったの知りませんでしたよ(-_-;)
なんか普通の戦い方で完勝してしまってたので。

>キラ
>これでヒモ生活に戻れる…なんて思ってないですよね?

一応戦う決意してたようなんで、それを信じましょう。
もし続編あって、また海眺めてたらどうしよう……(笑)。

>ムウ
>さっすが兄貴。この人いないと今回やばかったですね。

ほんと影のMVPでしたね。
特にあのバリアはカッコよかったです。
ひょっとしたらアカツキって最強なんじゃないでしょうか(笑)。

>カンザキさん
>追加エピソードがDVD最終巻で盛り込まれるわけですが

楽しみですねーー(*´ー`*)
キラの「戦う決意」がどんな形で表現されていくのか、そこが一番気になってます。
あとホーク姉妹の再会も。
涙流して抱き合う姉妹ハァハァ(待て

>今回の見所はアスランの駆る∞ジャスティス!

デスティニー、インパルス、ミネルバ、レクイエム……すごい戦果だ(笑)。
背中のリフターもあんな破壊力あるとは思ってませんでしたよ。

>h/eさん
>あれだけの死亡フラグを乗り越えた二人に乾杯。

ラスト数回のルナマリアはリーチかかってましたよね(笑)。
妹はエターナル乗艦の時点で安心してましたが、そのぶん姉は死亡確定だと思ってました(-_-;)

>やってないよ!∑( ̄□ ̄;
>殺られても犯られてもいないよ!(ぇ

全く同じ事思いました(*´ー`*)
あれじゃアスランが極悪人みたいじゃないですか(笑)。

>でないと何時ヒモに戻るかわかったもんじゃないですから。前科ありますしね!(笑

今度は海じゃなく、山を見ながら過ごすというのはどうでしょう(笑)。

>楽曲も文句なしに格好良かったと思うのですよ。

主題歌もそうですが、曲もカッコいい曲多かったですねーー。
その大半がストフリ&キラ関連てのが何とも(笑)。

2005/10/05 (Wed) 21:01 | EDIT | REPLY |   

ガンダムニート  

長い感想お疲れ様でした

はじめまして~、ガンダムニートと申します。
感想どうもありがとうございます。
長い感想どうもお疲れ様です。

>オーバーヒートしました(-_-;)
そこで自分を抑えられない辺りがツンの未熟な所ですね><。
この暴挙により危うくルナたんを殺めてしまうところでした><。
それを颯爽と防いだアスランカッコ良すぎます(笑。

>ヒモ生活再び
キラきゅんはオーブ政府とクライン家の莫大な資金に守られています(ぇ。
オーブ国民の税金はキラのためにジャブジャブ使われています(最悪だ(笑。
カガリたんはキラにとって大切なパトロンに違いない(ぇ。
姉である前に金づる(逝け(笑。
そしてラクスたんはキラを養うためにクライン家の財産を切り崩しているというじゃないか(マテイ(笑。
よって、戦争終わったら後はアスラン君にまかせた状態になるに違いない(笑。

>多分にステラびいき入ってる者の意見
いあ、記憶操作も心の奥底の感情まではコントロールできなかったということですよ(ぇ。
ツンとの思い出はステラたんにとってそれだけ大事なものだったのでしょう。

>幸い聞こえていなかった
聞こえていたら鬼嫁の攻撃が繰り広げられていたことでしょう(笑。

>タリアと付き合っていた頃の自分に戻った
議長は最後に本当の自分を取り戻したのかもしれませんね(ぇ。
彼がこれまでやってきたことは所詮、運命に抗おうとしてやってきたことですから><。
タリアがそれに気付かせてくれたことで彼も最後に救われたのかもしれませんね。

>キラ達の、キラ達による、キラ達のための物語
嫁がキラきゅんマンセーなおなごである以上こうなるのは避けられなかった><。
要は嫁を脚本に起用したF田が全部悪い(笑。

>DVD最終巻に40分くらい追加エピソード
果たして本当に収録されるのか怪しくなってきました(ぇ。
というかTV放映で特番やってくれたら納得するのだけどね^^;。

2005/10/16 (Sun) 22:03 | EDIT | REPLY |   

Air  

感謝ですーーヽ( ´▽`)ノ

>ガンダムニートさん
こちらこそ感想ありがとうございます。
画像もなく寂しい感想で恐縮ですが、こうして読んでくださって嬉しいですヽ( ´▽`)ノ

>ヒモ生活再び
>戦争終わったら後はアスラン君にまかせた状態になるに違いない(笑。

あれだけはっきり決意しといてそれやったらキラは神です(笑)。

>聞こえていたら鬼嫁の攻撃が繰り広げられていたことでしょう(笑

ヘルメット、ミシミシ音を立てそうですね(-_-;)

そういや以前キラもこんな状況ありましたっけ。
彼の場合、実際にフレイの顔見えてましたが(笑)。

>DVD最終巻に40分くらい追加エピソード
>果たして本当に収録されるのか怪しくなってきました(ぇ

うわ、何て不吉な(汗

今の所最終巻だけでも買おうと思ってますが、追加シーンなかったら流石にやめますよ(-_-;)
せ、せめてホーク姉妹の再会シーンだけでも……。

2005/10/17 (Mon) 17:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-50 最後の力(終)
  • ものっそい長くなりました。今回は通常感想も前半に入れてあります、途中にリヴァイアスの話が一寸入って、最後にネタです。ついに終わってしまった最終回、さて各所ではどんな感想になってるんですかね?見に行くのが楽しみです。それでは読んでくれる方は追記へどうぞ・・.
  • 2005.10.03 (Mon) 19:37 | 木下クラブlog
この記事へのトラックバック
  •  PHASE50 最後の力
  • ハイサイ!(>_<)!とうとう終わってしまいましたね、一応は~まぁ、これで終わりって訳じゃないですけどね~まぁ、とにかく感想でも書いていきましょうか!!・前フリメサイア&レクイエム攻防戦からスタート!!メサイアは全体が陽電子リフレクターで覆われてる感じ?ザ
  • 2005.10.04 (Tue) 00:27 | 南の島からガンダムを作れ!
この記事へのトラックバック
  •  FINAL PHASE 最後の力
  • いよいよ最終回です!今回の見所は・ディアッカはシン・レイを倒し、メサイアを落とす事ができるのか?・ファーストから続く小山サンの池田サンに対する復習は果たされるのか?(シャア>キシリアの逆バージョンは????)といったところでしょうか???(マテぃ!・
  • 2005.10.04 (Tue) 14:22 | 舞い降りる剣
この記事へのトラックバック
  •  ガンダムSEED DESTINY  最後の力  
  • ガンダムSEED DESTINY 第50話  FINAL-PHASE  「最後の力」 さすがに最終回だ 見応えあり!マエセツはキラとレイ(クルーゼ)メインでしたが、頑張れシン!■前半●アスラン対ルナルナ、アスランとの過去を回想で、出した答えが『よくもメイリンを!(選んだわね!)』
  • 2005.10.07 (Fri) 16:37 | けいとこの腹黒日記
この記事へのトラックバック
  •  ガンダムSEED DESTINY最終回 PHASE-50「最後の力」の感想
  • 連続で夜勤のため、種死最終回感想今ごろになってようやく文面完成しました^^;。そもそも感想書くほどの内容ではなかったので、期待外れで執筆意欲も萎え気味で書きましたが(ヲィ。その割にまたも膨大な量になったのは秘密(笑。装飾等は到底施す気力がないので、
  • 2005.10.14 (Fri) 21:59 | ガンダムSEED DESTINYとテクニカルサポート奮闘記

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.