猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

『ToHeart2』第7話 「UFO」

今週は一応このみがメインの回でしたねーー。
話的には花梨とるーこのシナリオが軸になってるっぽいですが。
せっかくの観測会なのに双子が未登場だったのがちと残念(笑)。

またもネタバレ多めなので感想は↓で。



時は4月20日。
俺の記憶が確かならこの日は食堂で由真と一緒に怒られた日ですね。

タマ姉
「天体観測ねーー」



授業を終え、揃って家路につく、貴明、雄二、このみ、タマ姉のおさななじみカルテット。
星占いにも興味のない貴明からの天体観測会参加要請に、3人は意外そうな顔をします。
タマ姉などは「何か別の目的でもあるんじゃな~い?」と明らかに疑ってるご様子。
まさかUFOを呼び出しますとは言えず、貴明君は困り顔です。

そんな中、我らがヒロイン(えー)このみ嬢からの助け舟が。
たくさん人を集めたいという貴明に協力し、知り合いに声をかけてくれる事を約束します。

このみ
「だってタカ君が悪だくみするなんて思えないし。わたし、タカ君の応援してあげたいんだ」



……ええ娘や・゚・(ノД`)・゚・

早速、本人曰く「効果抜群」のてるてる坊主も作り、後方支援態勢も完璧です。
個人的にてるてる坊主といえば、小学校の頃、吊るしっぱなしにしておいたら、雨に濡れて千切れたのか首だけになっていたというハートフルな思い出がよみがえりますね。



翌日、書庫の一件で既に参加決定していた委員ちょに加え、UMA由真の参加も決定。
わたしもタカ君の為に頑張らなきゃと、このみも勧誘活動に励みます。

そんな帰り道、猫を追いかけて公園の奥に向かったこのみは、そこでるーこを発見。

このみ
「……うちの制服だ」



そう呟く彼女の視線の先で、天に向かって「るー」「るー」と電波を送るるーこさん。
……まさに未知との遭遇(違)。

そこに現れた花梨によって、るーこさんもスペシャルゲストとして参加決定した模様。
これでこれまでに登場したヒロインは全員参加ですね。



このみ
「わぁ~きれいに晴れたね~~」



そして当日。
このみのてるてる坊主のおかげか、天気は見事に晴れ、最高の天体観測日和です。

が、現在の所集まったのは、花梨、貴明の主催者組の他に、このみ、タマ姉、雄二、委員ちょ、由真の7人だけ。
予想以上の少なさに、さすがに花梨もガックリです。

花梨
「100万人は無理としても、100人は集まると思ったんだけどなーー」



沈んだ雰囲気になりかけた一行でしたが、そこに懐かしのよっち&ちゃるが友人を連れ到着。
続けて他の参加者もぞろぞろ到着し、一気に場が華やかになります。ちなみに全員女子です。

愛佳
「はーい、みんな、集まってーー。これから主催者の方からお話があるみたいです。静かにーー」



委員ちょの仕切りっぷりにハァハァ(落ち着け)。



無事、参加者も多数集まり、いよいよ天体観測会(仮)がスタート。
主催者の花梨の挨拶に温かい拍手が起こります。

花梨
「えー、皆さん、本日はお集まり頂いて光栄です。私、ミステリ研究会会長、笹森花梨と申します」

<中略>

花梨
「えー、本日はこれから、私たちでUFOを呼んでみちゃおう、の会を催しまーす」



拍手から一転、「えー?」と沸き起こる戸惑いの声。
それも当然、天体観測とUFO召喚じゃJリーグとVリーグくらい違います。

このみ
「タカ君、天体観測じゃないの?」

タマ姉
「その辺の事情、ちゃんと説明してくれるわよね、タカ坊?」



早速問い詰められる貴明君と、状況が掴めず「?」状態な花梨。
貴明としては「みんなごめん!!」と謝るより他ありません。
もし集まったのが野郎だけだったら、袋叩きにあってもおかしくな状況です(-_-;)



タマ姉
「……やれやれ、まさか、天体観測会ならぬ、UFOを呼び出す会だなんてね」



貴明と花梨の説明にようやく全ての事情を知った参加者達。
タマ姉等、貴明の嘘に理解を示してくれる人もいますが、全体的には解散ムードです。
それを救ったのはこのみの一言でした。

このみ
「あ、あの!!……UFOってどうやって呼び出すんですか?」



このみの言葉をきっかけに徐々に盛り上がりを取り戻す一同。
せっかく集まったんだからやってみようという事になりました。
花梨と委員ちょ指示の下、みんなで輪になって手を繋ぎ、UFO召喚の儀式の始まりです。

貴明
「でも、ごめんな。俺の事信じて、友達とか呼んでくれたのに」

このみ
「ううん。だってきっと楽しくなるって、タカ君の事信じてたし」


ええ娘(略

途中参加のるーこも加え、楽しい雰囲気の中、召喚の儀式は続きます。
一人だけ疲れ始めた由真がボヤいたその時、夜空を流れる光る物体の姿が。
その後も無数に流れるその光にUFOの大編隊を夢見る花梨でしたが、委員ちょの「季節からして琴座流星群みたい」との冷静な指摘に悲痛な叫びをあげます(笑)。



タマ姉
「流星群ってこんなにすごいんだ……」



UFOは現れませんでしたが、代わりに現れた流星群に満足そうな一同。
流れる星に願いをかける由真を見て、委員ちょも同じくじっと何かを願います。
意味深な笑顔で「秘密」とか言われると無性に気になるのは男の性(ぇ

そういや確かあれって流れる前に3回願わないといけないんで、かなり難易度高いんですよね。
俺なら「金金金」なんで楽勝ですが(最低)。

貴明
「まさか本当に天体観測になっちゃうなんてな」

このみ
「願い事もできて一石二鳥だね」

貴明
「ありがとな、このみ」

このみ
「え?」

貴明
「俺の為に頑張ってくれて」



貴明の感謝に笑顔で応えるこのみ。
ふと、物思いにふけるように星を眺めるるーこに気づき近づこうとしますが、貴明はそっとそれを制します。
静かに両手を空に掲げるるーこさんの姿を、優しい瞳で見つめる2人でした……。


……という訳で、第7話「UFO」でした。
これで花梨とるーこさん関係のエピソードは一段落ですかね。
今回はこのみと委員ちょの出番が多くて満足です(*´ー`*)

さ、次回第8話「すれちがう想い」では双子が登場ーー。
予告を見る限り、また受難に遭うのか、貴明は(笑)。



<参考資料> 第7話時点でのマイフェイバリッドヒロインポイント(単位・萌)。

このみ 100萌

タマ姉  87萌

委員ちょ 98萌

UMA  84萌

タマゴサンド 82萌

るーこ 82萌

 ToHeart2

2 Comments

h/e  

午前二時

に集合しなくとも天体観測>挨拶

メインが思いっきりこのみと花梨にシフトしてる気が(笑
その分は原作シナリオで優遇されているってことでしょうか。
るーこメインにすると幼馴染編に戻れないって事情もあるでしょうし。

あと双子編は3話使うという話を耳にしました。
……その計算だと幼馴染編は3話なので、妥当といえば妥当な量かもしれませんが。
双子はヒロイン二人+αなので3話使ってもおかしくはないんですよね。でも複雑。


てるてる坊主といえば。
小学校の頃、紙袋で生物を作れと言われててるてる坊主を作ったらしいですよ私?
てるてる坊主を生物と認識していたんだろうかあの頃の私は(笑

2005/11/24 (Thu) 23:21 | EDIT | REPLY |   

Air  

\( ´▽`)/

べんとらー。べんとらー。

>h/eさん
>メインが思いっきりこのみと花梨にシフトしてる気が(笑

完全にこのみ中心に作られた話でしたよねーー。
るーこなんてラストにちょこっとだけでしたし。
まるでこのみに「るー」を伝えるために現れたみたいです(笑)。

>あと双子編は3話使うという話を耳にしました。

つまりおさななじみ編が3話ですか……。
まあまとめられない事はないでしょうけど、急展開は避けられないですかね(-_-;)

つか、本当におさななじみ編があるのか最近不安に(笑)。

>てるてる坊主=生物

一応「坊主」だから有りじゃないでしょうか(えー)。

2005/11/27 (Sun) 18:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.