猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

才条 蓮さんの投稿SS58

『星の輝く中に歌われた鎮魂歌』

1章「過去の清算」 第2話




…朝起きて、身支度をする。



顔を洗っても、歯磨きをしてもあまり爽快という気分にならない。




気分はあまりよくならないい……というか最悪といった方がいいのかもしれない。





父と母の喧嘩する夢を見たんだから、それもそうかと思う。






















……………親か。





俺にとってはあまり良い響きのある言葉でもなければ、温かみのある言葉ではない。







むしろ………聞きたくない言葉だ。
































俺の父親はパトリック・ザラ。





ザフトの最高意思決定機関である評議会のメンバーで、最高評議会議長だった。




地球軍との徹底抗戦を推し進めるタカ派として政治権力を高めていったのだが、第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦で戦死した。



現在においては、元最高評議会議長ということになる。



元々、ナチュラル……遺伝子操作されていない人間に対して見下した考えを持っていた人だったような気がする……。



地球軍もといナチュラル全てを滅ぼそうと考えていた………。




そうした過激な考えが仇になって、父は殺されてしまった。




そんな過激な考えになったのは、俺の母親……妻のレノアが地球軍に殺されたから……と言われているが俺はそうは思えなかった。





父さんはイザークの母親のエザリア・ジュールという愛人がいたし……もともとの母さんとの関係自体がそんなに良かったようには思えない。





だから、元々父さんはナチュラルに対して偏見を持っていたんだと思う。





じゃないと、ナチュラル全て滅ぼすことを考えないと思う。







俺はナチュラル全てを滅ぼそうなんてつもりで軍人になったわけではなかった……………。





単に母さんのように戦争で死んでもらいたくなかったから戦争をしていたんだ。





結局、俺は父のそんな考えについていけなくて、分かり合うことができなかった…………。






そして、ザフトから脱走した。





父と決別した行為自体は後悔していないが………もっと分かり合おうできたんじゃないかと思うな。





………いまさらだな。






















……余談だが、イザークが俺に何かと突っかかってきたのは親の愛人関係が理由だったらしい。




俺の父さんとイザークの母親がね…………。





……なんかそういうドロドロした関係にはなりたくない………。





人間自体不潔に思えてくる。





そう思うと、イザークが何かとつっかかってきたのも理解は出来たし、今では親友とも言える関係だ。





ある意味、イザークとは似たもの同士なのかもしれない。

































母親の方は農業研究者だったらしい。




あまりよく仕事の内容はしらないが………。




母は地球軍の攻撃による「血のバレンタイン」によって死んでいった。








………………この事件が俺を軍人にさせた。






俺は母さんに対して何もしなかったし、何もできなかった………。




そんな後悔のような感情が母が死んだときにあった………。



だから、世界を平和にすることが母さんに対して唯一できることなんだと思って軍人になったんだ。




そのことが正しかったのか……それとも間違っていたのか………。






……いや、少なくなくともあの時は正しいと思ったから軍隊に入ったんだ。




だから、軍人という道を選んだ俺の選択は間違っていないと思いたい。


























……………考えていても仕方ないな。





仕事に向かおう。





                                    (続く)

 SS(投稿作品) 管理用2

3 Comments

蓮の花  

感想です

 ひじょ~~~~に今更な感じですが、SSの感想など……(汗







 『星の輝く中に歌われた鎮魂歌』を読ませていただきました。

 一応、最後の方まで目を通したが、気になった回について書いていきたいと思います。





 1話から『アスランが両親の夢を見て、過去に思いを馳せる』という流れになっていますね。



 

 

 ここからは、もしかしたらお目汚しな文になるかもしれませんが……(--;







 全体的に、表現や単語の重複や繰り返しが多々見られ、読んでいる最中に首を傾げてしまいます。

 この回では……↓





 そうした過激な考えが仇になって、父は殺されてしまった。


 そんな過激な考えになったのは、俺の母親……妻のレノアが地球軍に殺されたから……と言われているが俺はそうは思えなかった。




 

 ↑……ってな具合に“過激な考え”という言葉が2回も使われています。

 この場合……



 そうした過激な思想が仇になり、父は殺されてしまった。


 父がそんな考えに至ったのは、俺の母親……妻のレノアが地球軍に殺されたから……と言われているが俺はそうは思えなかった。



 ……という文にしても良かったかもしれません。






 


 それと、ワタクシは種も種死も全話見たわけではないのですが……

 


 父さんはイザークの母親のエザリア・ジュールという愛人がいたし……もともとの母さんとの関係自体がそんなに良かったようには思えない。

 ↓

 だから、元々父さんはナチュラルに対して偏見を持っていたんだと思う。

 ↓

 じゃないと、ナチュラル全て滅ぼすことを考えないと思う。




 ……えーと、この文章の流れを見ると『レノアはナチュラルだった』という解釈に行き着くのですが、それでよろしいので?
 出来ればワタクシのように中途半端な知識しか無い者にも分かるように書いてほしかった……というのが本音です。
 それと、ここでも“もともと”が2回出てきています。



 また、イザークについては第2章の方で説明がされているのに、この第1章の時点で触れられていなかったのは疑問です。
 確かにSSを読む大半は種作品を知っている方でしょうが、それならば第2章の説明文自体が必要無いかと思われます。




 ……ご不快に思われたら申し訳ありませぬ。ただ、どうしても読んでいて気になってしまったもので……(--;

2009/08/27 (Thu) 17:42 | EDIT | REPLY |   

才条 蓮  

読んで頂きありがとうございます!!

長文の感想ありがとうございます。
まあ、書いたのが……いつだろう……わあ、5年前ですね。たぶん、このサイトに掲載したのは書き終わって……う~~それを考えるとかなり前ですね。

なんだか、5年も前の作品のことを言われると恥ずかしい気分になりますね。なんだかんだ、あの頃はいろいろ重複する表現が多かったようにも思えますし、語彙力がなかったんでしょうね(まあ、今も同じことですが)。

不快とかは全然ないので大丈夫ですよ。何分、書き終わった作品にあまり愛着を持たない人間なので。私も読みにくいと感じます。

分かりにくいところは人物紹介でフォローしたつもりなんですが……まあ人物紹介もろくなものじゃないですからね。今でも文章を分かりやすく書けるように頑張りたいと思います。感想ありがとうございます。

2009/08/28 (Fri) 07:34 | REPLY |   

蓮の花  

良かった……( ̄ー ̄;)

 書いてしまってから後悔し、ガクブルしてましたw


 ちょっと個人的に思った事など……
 
 >分かりにくいところは人物紹介でフォローしたつもりなんですが

 正直、人物紹介とか用語解説とかはオマケみたいなもので、本編を読んだ人全員が目を通したのか疑問。
 最低限、本編だけしか読んでいなくても登場キャラの人物像や専門用語の意味、世界観などはある程度理解できるようにしておく必要はあるかと……というのは、ワタクシの考えですがね(--;

 ワタクシの場合、まず本編に目を通し、興味が湧いたらオマケの解説文を見るので、人物描写があまりしっかり書かれていない箇所は少々分かりにくいと感じました。
 


 ……って、何を長々書いてるんだ自分(--;


 また後のエピソードの方で書きます(^^;

2009/08/28 (Fri) 20:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.