猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

種デス「FINAL PLUS」です。 

今年最後のお楽しみ、ガンダムSEEDデスティニー「FINAL PLUS ~選ばれた未来~」。
てっきり50話分の総集編をやるのかと思ったら、ほとんど最終話のリメイクのみでしたね。
一応全話分まとめてはいましたが。5分で。

最初は話に沿って丸ごと感想書いてみようかと思っていたのですが、以前の最終話と同じになってしまいそうなので、追加エピソード中心に書いてみます。
ちなみに最終話「最後の力」の感想はこちら→ <前編> <後編>


ではネタバレ多めなので続きは↓で。ちょっと長いかもしれません(-_-;)


<OP>

今回のOP主題歌は、T.M.Revolutionの「vestige-ヴェスティージ-」。
キラのテーマとして有名な曲です(笑)。
所々映像とあってない部分もありましたが、ストライクフリーダムのドラグーン攻撃の辺りとかを中心に見栄えのする部分もあって良い感じでした。西川さんハイネもいましたし。

えーと、あとは……あ、ラクスがエロかったです(待て)。



<キラ&アスランVSシン&レイ>

アスラン
「仕掛けに乗せられたか……! まずいぞキラ、これではレクイエムは!」

「今、討てなければ一次中継点も復活する!」

「オーブが撃たれる……!!」


ストライクフリーダムVSレジェンド、インフィニットジャスティスVSデスティニー。
そしてミネルバを始めとするザフトの大軍VSエターナル&アークエンジェルの戦い。

大まかな流れは同じでしたが、前回の最終話(以降「最後の力」)より状況描写が細かくなってましたね。
旗艦であるエターナルに攻撃を集中されたりと、危機感というか緊迫感も増してます。

キラ
「アスランは行って! アークエンジェルも!」

「ここは僕とエターナルで抑えます。あとは全てレクイエムへ!」

「ええと、命令です」


キラのはじめてのおるすばんめいれい。

最優先すべきはオーブを守る事。
主人公に続いてラクスにもそう説かれ、戦力の多くはレクイエムへ。
対するレイもシンを追撃にあて、自らはキラとの一騎討ちに挑みます。



<キラVSレイ>

キラ
「命は、何にだって一つだ!! だからその命は君だ!! 彼じゃない!!」


議長とクルーゼの回想を挟みながらの激しい戦闘。
「最後の力」の時以上に( ゜д゜)ポカーン とした顔してたキラでしたが、それでも終わってみればほとんど無傷でレイに完勝します。
無傷でなかったのはドムトリオのヒルダ姐さんとディアッカですね。
特に姐さんは初ダメージではないでしょうか(笑)。



<アスランVSシン>

アスラン
「シン! もうやめろ、お前も!」

「過去に囚われたまま戦うのはやめるんだ! そんな事をしても何も戻りはしない!」

「なのに未来まで殺す気か、お前は!!」


「最後の力」では言われっぱなしの挙句「だけど……!! だけど!!!」とオーバーヒートしてしまったシンですが、今回は一味違います。
彼なりに精一杯の言い方で(笑)アスランの言葉に反論しました。

シン
「わかってる……わかってるさ!! だから世界はもう、変わらなきゃいけないんだ! だからオーブは、討たなきゃならないんだ!!」

アスラン
「ふざけるな!! そうして全てを壊し、未来も殺す! お前が欲しかったのは本当にそんな世界か! 力か!!」


……結果、より強烈な反撃をくらった訳ですが、この辺りのやり取りは良かったと思います。
「最後の力」ではあまりに酷すぎる扱いだったので(-_-;)

結局、マユ、ステラ、そしてレイの声に混乱したシンは、戦いを止めようとしたルナマリアまで討ちそうになりますが、アスランによって機体を破壊され墜落。
ブワーッと魂みたいなものを飛ばしながら落ちていきました。



<ミネルバ撃破、レクイエム破壊>

アークエンジェルと艦同士の一騎討ちをしていたミネルバも、マリューの機転によって大きく損傷。
更にアスランの攻撃によってスラスターを破壊され、戦闘不能に追い込まれます。
「最後の力」では、かつての母艦だろうと容赦ナッシングだったアスランも、ここでは艦長の事を思い出して気にかけてましたね。

キラ
「ラクス、ミーティアを! 要塞を討つ、エターナルは下がって!」


一方こちらは容赦ナッシング。
殺さずの誓いを一時封印でもしたのか、アスランとムウがレクイエムを破壊したのに続き、要塞メサイヤに持てる全火力を叩きつけます。

メサイヤを爆発カウントダウンに追い込んだキラは、そのまま単身デュランダル議長の元へ。
彼だけでなく、レイ、タリア艦長、更にはアスランまでもが同じ場所へと集まっていきます。
夢でステラと再会したシンが、ルナマリアに抱かれて子供のように泣きじゃくる中、物語はクライマックスの時を迎えようとしていました。



<デスティニープラン終焉>

議長
「君がここへ来るとは正直思っていなかったよ、キラ・ヤマト君」


ミーティアの攻撃で地獄のような惨状になっている司令室。
そこで初めて顔を合わせたキラと議長は互いに銃を向け合います。
追い詰められながらも顔色も変えず、議長はキラにこれ以上の反抗をやめるよう諭します。

議長
「やめたまえ。やっとここまで来たんだ。そんな事をしたら世界はまた混迷の闇へと逆戻りだ。私の言っている事は真実だよ?」

キラ
「そうなのかもしれません。でも僕たちはそうならない道を選ぶ事もできるんだ。それが許される世界なら」


この辺の会話や展開は「最後の力」とほとんど同じなので省略しますが、レイが議長を撃つまでの描写がやや細かくなってましたね。
あと大きな違いといえば、アスランが駆けつけた事でしょうか。何もしてませんけど。

議長
「すまないね、タリア……でも、嬉しいよ」

タリア
「しょうのない人ね……でもほんと、仕方がないわ。これが運命だったという事じゃないの、あなたと私の」

議長
「……やめてくれ」


崩壊していく要塞。
議長と運命を共にする事を選んだタリア艦長とレイ。
彼女がレイを抱きしめるシーンから爆発までの一連の流れは、歌の効果もあって正直感動してしまいました。
クルーゼの幻影が消えていくとことか、レイの中でも一区切りついたんだなあと思わせますね。
つか、最初からこの歌で、この流れで締めておけばいいのに(笑)。



<終戦>

メイリン
「ジャスティス、フリーダム、シグナルを確認。イエロー8、デルタ」


ここからが実質上の追加エピソード。
要塞から脱出する両機を確認し、直ちに報告するメイリン。
ジャスティスの方を先に言うとこが、何気に彼女の優先順位を表してますね(*´ー`*)

そしてラクスの停戦要請に応じ、ザフト軍も戦闘を停止。
戦いの終わりを意味する帰還信号が、両軍の艦から次々に打ち上げられます。
1つ、2つ、3つ、4つ、5つ……いや、待て、ちょっと多すぎ(笑)。


シン
「…………」


宇宙に咲いた花のような、花火のような色とりどりの光。
信じられないほど幻想的な光景を、ルナマリアと共に眺めていたシン。
アスランの言葉を思い出し、その瞳に新たな涙があふれます。

そんな彼の元にやってきたアスランは、何も言わずただ静かに手を差し伸べます。
差し伸べられたジャスティスの、アスランの手。
それに戸惑いながらも、素直な瞳で見上げるシンでした……。


C.E.74 プラント、オーブ連合首長国は停戦

終戦の為の協議に入った。

両国の関係を仲介したラクス・クラインは

プラント評議会の要請を受け、プラント本国へ戻った。



歌に終わりに合わせて語られていく事の顛末。
ラクスがプラントに戻ったって事は、当然キラも一緒でしょうね。
これで完全に退路は断たれました。あの甘美な生活の。



<後日譚>

場所はオーブ。
シンが家族を失った、数年前の戦いの慰霊碑を訪れた4人。
シン、アスラン、ルナマリア、メイリン。
敵味方に分かれていたホーク姉妹も、いつの間にか元に戻ってます。
再会の際に抱き合うシーンが見たかったのに・゚・(ノД`)・゚・(泣く事ですか)

シン
「ずっと……ここ、嫌で。でも……ずっと気になってて。こんな風じゃなかった、こんな所じゃ……」


いまだ惨劇の跡が残る場所。
『誤魔化せないって事かも。いくら花が咲いても、人はまた吹き飛ばす』
かつてここで見ず知らずの人に向けて吐き捨てた言葉が、シンの脳裏に思い出されます。

シン
「でもこんなのは……こんなのは、もっと嫌だ……!」


形見の携帯を握り締めながら、声を絞り出すシン。
かけてやる言葉もなく、全員が無言になる中、キラとラクスが花を手にやってきます。

アスラン
「シン、彼がキラだ。キラ・ヤマト、フリーダムのパイロットだ」


ラクスの祈りが終わるのを待ち、アスランはシンにキラを紹介します。

シン
「えっ!?」


いきなりのご対面に思わず軽くのけぞるシン。
以前あれだけ殺意をこめて追っかけていた相手を目の前に気まずさ全開です。
旧フリーダムを撃墜した輝かしい功績も、こういう時は忘れたい過去でしかありません。

キラ
「……駄目かな」


そんなシンに優しい微笑みを浮かべ、静かに握手を求めるキラ。
「気にしてないよ、あの時は迷いながら戦ってたからね。全然集中できなかったんだ」とでも言わんばかりな余裕の表情です。

シン
「…………」


掌に画鋲でもあるのではとしばらく固まっていたシンでしたが、意を決して握手を返します。
重なる手と手。主人公と主人公になりきれなかった者の握手。
キラの目が何故か潤んでるのが気になります。

シン
「あ、あの……俺……」

キラ
「いくら吹き飛ばれても、僕らはまた、花を植えるよ、きっと」


その一言に衝撃を受けるシン。
キラも以前ここで会った時の会話を憶えていたんですね。
あの時は言えなかった言葉でしたが、戦う決意をした今ならはっきりという事ができます。

アスラン
「……それが、俺たちの戦いだな」


呟くアスランに続いて、キラは最後にシンに言います。

キラ
「……一緒に戦おう」


こみ上げてくる熱い涙。
握手したままのキラの手に、もう片方の手を添え、涙ながらにシンは答えます。

シン
「……はい……!」


舎弟お友達ゲット。男達はわかりあったのです(笑)。

しかしまあシンの変貌っぷりはすごいものがありましたね。
最初からこれくらい素直な奴だったら、もう少し感情移入できたかもしれないのに……(-_-;)
もしかして落ちていくデスティニーからブワーッと飛び出したアレは、シンの悪い部分だったのでしょうか。神様とピッコロ大魔王みたいな。


そして物語は未来へ。
帰り道はそれぞれ違っても、目指すべきものは同じ。
アスランはメイリンと(マヂですか)。
キラはやたらベタベタし始めたラクスと。
そしてシンはルナマリアと一緒に、新たな戦いへと向かいます。
果たしてどんな未来が彼らの前に待っているのでしょうか……続きは第3部で!!(えー)


-機動戦士ガンダムSEEDデスティニー Fin-





…………ヒ、ヒイイ!! お、落ち着いて、落ち着いてカガリさん!!



という訳で「FINAL PLUS ~選ばれた未来~」の感想でした。
当初考えていたのとは違いましたが、思ったよりもしっかり作られてて個人的には満足です。
特に以前の墓参りで張られたキラとシンの伏線を活かせたのは大きかったかと。
もちろん本来、ちゃんと本編でやっとくべき事なんですけど(笑)。

何はともあれ、シンも仲間に加わって一応丸く収まった形でしょうか。
まだ正式発表ではないですが第3部も本当にあるらしいですし、ここまできたら行き着くとこまでトコトン行ってほしいところです(笑)。

 ガンダムSEEDデスティニー

0 Comments

Leave a comment

8 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  GUNDAM SEED DESTINY その27(FINAL PLUS)
  • うーん総集編というか 「FINAL PHASE」の再編集+アフターエピソード って感じでしたな。 独り言を少々 キラが総指揮官だったんだ(*・д ))ノдヘェ~ヘェ~ヘェ~ シホがやっと本編?に(´▽`*) メイリンの私服を見て浅田真央を連想したのは俺だけじゃないはず シン
  • 2005.12.31 (Sat) 23:35 | にんじゃハムの本村
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-FINAL PLUS
  • 「選ばれた未来」ほとんど最終話の焼き直しだったし、感想をアップする必要はないかなとも思ったんですが、追加シーンについてちょっとだけ。裸キララク、エロロMAXOP!!
  • 2005.12.31 (Sat) 23:36 | ラブアニメ。
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムSEED DESTINY 「FINAL PLUS 選ばれた未来」
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13  デュランダルのデスティニープラン発動宣言と、その前後のシーンでスタート。  シリーズの第48話あたりからの総集編?と思ったら、キラvsレイ、アスランvsシンの戦闘が開始。  以下、簡易感想  ***********
  • 2005.12.31 (Sat) 23:40 | オヤジもハマる☆現代アニメ
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL PULS「選ればれた未来」
  • アニメ・パプリカGUNDAM SEED DESTINY WEB本編放送当時はお騒がせしていました2号です。ですが最近、種運命の後番組、「BLOOD+」を見ていますので、この作品のレベルはそこまで低くは無いなと思っています。(嫌味)が、そう言っておいても、議長の最後....
  • 2006.01.01 (Sun) 00:15 | パプリカのアニメ鑑賞よた話
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS ~選ばれた未来~
  • えー、クリスマス深夜、種運命の特集が放送。ちゃんと見ました。25日の夕方まで忘れてたけど見ました。とりあえず、あの負債にしては珍しく良い終わり方でした。続きは↓より
  • 2006.01.03 (Tue) 00:08 | カンザキの気ままな日記
この記事へのトラックバック
  •  FINAL PLUS 『選ばれた未来』
  • アフターエピソードは10分弱だった。全体としては、最終話の細かな部分の描写とアフターエピソードが増えてた感じでしたー。終わり方はまぁまぁだったかなー。更新予定~⇒更新
  • 2006.01.03 (Tue) 04:53 | ティンカーベルをください
この記事へのトラックバック
  •  FINAL PLUS ~選ばれた未来~
  • 本放送であの最終回がみたかったなぁ…… これにつきるんですが……。時間がたりないか、あぁ、ミーアがまっわちゃったからねぇ。ミーアだけのことじゃ無いんだけどねぇ。だから、今回の1時間がラスト2回で来れば、私らも諦めないですんだっていうか、なんという...
  • 2006.01.04 (Wed) 14:33 | ひねもす のたり のたり かな

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.