猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

『灼眼のシャナ』第13話 「校舎裏の宣戦布告」

衝撃のディープキスから始まった愛染兄妹編も今回でラスト。
合わせて第1クールも終わり、物語は第2クールへと進みます。
今回のを見て、残り全部シャナVS吉田さんでもいいかとさえ思いました(笑)。


またもネタバレ多いので感想は↓で。


シャナ
「……これは……!」


カウンターの自在法をくらい、巨大植物に捕まったシャナ。
彼女がクレイドルガーデンの弱点と思い破壊した花は、ピニオンという燐子であり、一つや二つ破壊されても平気な物体でした。
しかも危害を加えられると罠を発動するやっかいな代物です、さっきみたいに。

縛られたままなおも抵抗しようとするシャナでしたが、ついにその手から贄殿遮那が離れてしまいました。



一方、存在の力を集める仕掛けの調査をしていた悠二は、マージョリーと合流。
ピニオンの発生を目撃した彼らは、ひとまず場所を変えて話し合う事に。
マルコシアスを殴りつけるマージョリーの姿に、悠二は紅世の王の扱いの違いについて考えさせられます(笑)。

マージョリー
「そういえば、何でアンタがあそこにいたのか、聞いてなかったわね」

悠二
「何でと言うか、存在の力を集める仕掛けがあるかもしれないって、シャナに言われて」

マルコシアス
「おいおい、ちょっと待て。まさかお前、花が咲く前からあそこにあの仕掛けがあるって、察知してたって事か?」

悠二
「あ、うん、何となく」


……そ、そうだったのか(汗)。

悠二の能力に驚くマルコシアス。
ついでに俺も同じくらい驚きました。
適当にうろついてるだけかと思ってたら、ちゃんと悠二センサーは働いてたんですね。

マージョリー
「アンタがいれば面白い事ができそうね。チビジャリを助ける事にもなるけど、どう?」


悠二が特別な存在である事を認め、共同作戦を申し出るマージョリー。
ラミー以上に戦闘能力ゼロな悠二としては、願ってもない申し出です。



ソラト
「やった、僕の贄殿遮那!」


手にした贄殿遮那を満足そうに掲げるソラト。
ご褒美をねだるティリエルにディープなキスで応えます(もう慣れました)。

シャナ
「違う……こいつらのは……違う……!」


口と口のキスは誓いのようなもの――。
千草さんに言われた言葉を思い出し、不快感に襲われるシャナでしたが身動きはとれず。
そこへ「試し斬り」と斬りかかってきたソラトによって、制服の上着を綺麗に斬り裂かれてしまいます。どうせならスカートも一緒に。

ティリエル
「お兄様は新しい玩具をフレイムヘイズ相手に試すのがお好きですの。まずは服、そして皮から肉、骨、内臓の一つ一つ……」


刀に続き、コキュートス(アラストール)も身体から離れ、大ピンチのシャナ。
それでも怯えの表情さえ見せない彼女にティリエルは苛立ちます。
だからといってそこでソラトとキスする意味はよくわかりませんが。

シャナ
「違う……! お前たちのは違う、それは誓いなんかじゃない……!」

ティリエル
「誓い……ね。何も違いませんわ。私はお兄様に喜びを与え、それが私の心を満たす。私たちはお互いに愛を謳歌していますの。討滅しか頭にない、王の道具ごときにとやかく言われる筋合いはありませんわ」

シャナ
「やっぱり違う……! お前たち、お互いにすがりついているようにしか見えない……!」


痛いところを突かれたのか、ティリエルの表情に一段と殺気が(-_-;)
剣先を突きつけられながら、なおもシャナは強く心に思います。

『こんな奴らと、私と悠二は……違う……!』

その時、クレイドルガーデンに異変が。
悠二の能力でピニオンを発見したマージョリーが、次々とそれを破壊していたのでした。

このままではクレイドルガーデンが消える事を危惧したティリエルは、シュドナイの任務をオルゴールの警護からマージョリーの阻止に変更。
自分達は贄殿遮那を使い、シャナを消し去ろうとするのでした……。



今週のアイキャッチ。
せっかくシブく決めてるのに背後ではやっぱり……な、シュドナイに笑ったヽ( ´▽`)ノ
ほんと、遊び心にあふれたスタッフだ(笑)。



ティリエル
「さようなら、討滅の道具。一人寂しくその身を焦がして逝くがいいわ」

シャナ
「一人じゃない! 道具でもない!」

「私たちは共にあってすがらず、ただ互いを強く感じ、力を得る。私はフレイムヘイズ、世界のバランスを守るという使命の遂行を誓い、決意した者」


自分と悠二はお前たちとは根本的に違う。
そう宣言するように告げるシャナの胸に、光と共に再びコキュートスが戻ります。
……そういや今回アラストール全然喋りませんね。中の人が風邪でもひいたのでしょうか。

ソラト
「炎の剣!」

シャナ
「それって、これの事?」


贄殿遮那を構えるソラトにも動じず、両手から炎を迸らせて自らを縛っていた自在法から脱出するシャナ。
渦を巻く炎はいつしか剣の形へ変わり、猛然とソラトに向けて斬りかかります。
激突する両者の剣。
炎が収まった時シャナの手にあったのは、ソラトが手放したあの宝具でした。

ティリエル
「ブルートザオガー!」


存在の力を込めるだけで剣に触れている相手に手傷を負わせる剣。
前回自分がやられた宝具の能力を使い、ソラトに大ダメージを与えます。
というかシャナの時とは比較にならないほど重傷です。
リベンジは3倍返しが基本なのは、どこの世界でも同じルールのようで(どんなルールだ)。

シャナ
「返す!」


ソラトを破った勢いのまま、シャナは今度はティリエルを標的に。
投げつけたブルートザオガーがティリエルの胸を思いっきり貫きます。
やたらリアルな呻き声に一瞬ビビりましたよ、ゆかりさん(-_-;)



シャナがとどめの一撃を振り下ろした頃、マージョリーはシュドナイと対峙中。
悠二にピニオンを探させ、自らは“千変(せんぺん)”の相手をするようです。

シュドナイ
「君の方から気配を現してくれるとは感激だよ、殺戮の美姫」

マージョリー
「くだらない事を言ってないで、とっとと本性を現したらどうなの」

シュドナイ
「いいだろう、獣になって快楽を交わすのも乙なものだ」



グオオオァァ!!(シュドナイ変身)


なんかよくわからない怪獣キターーー!!∑( ̄□ ̄;


そしてまだやる気が戻らないらしく、あっさりやられるマージョリーさん。
シュドナイの攻撃にほとんど無抵抗で吹っ飛ばされました。
あの、やる気がないのは勝手ですが、共同作戦中の悠二の事も少しは思い出してあげてください(-_-;)

そんなヤバイ状況下の悠二に更なる危機が。
ティリエルの生命力消耗と引き換えにシャナのとどめの一撃を防いだ愛染兄妹が、彼をロックオン。
兄を傷つけられたお返しとばかりに、悠二を殺そうとします。



マージョリー
「派手にやられたわね……」


崩れた建物の下。
ダミーを使って死んだフリをしていたマージョリーは、外の状況を知ろうと啓作&栄太に連絡を取ろうとします。
しかし返事はなく、マルコシアスの口からは彼らの「死」を示唆する言葉が。

マルコシアス
「お前の望んだ結果だよ。我が怠惰なる愚者、マージョリー・ドー」

「いつまでも燻って、自分は抜け殻だからって、誰にするでもねえ言い訳して、挙句がこのざまだ。どの口で誰に文句を言うよ」


休む事など許されない。
マージョリーの甘えを一蹴するような厳しい言葉に、彼女の心にも再び火が燃え上がります。

マージョリー
「また……こうやって立ち上がるのね。這いつくばってから、やり直すのね……!」


トーガを纏い、ガレキの中から飛び出すマージョリー。
その目に死んだと思っていた啓作と栄太の姿が映ります。
姐さん、完全にマルコシアスに一杯くわされました。

マージョリー
「守るものがあるんだから!」


シュドナイの元へと向かいながら、力強く叫ぶ姐さん。
シャナにやられて以来、ひさしぶりの完全復活です。



シュドナイ
「! まさか貴様……!」


シュドナイに捕まって大ピンチだった悠二。
自らの中にある零時迷子に気づかれ、奪われそうになりますが、そこへトーガ状態のマージョリーさんが到着。
「どっかーん!」とシュドナイに飛び蹴りかまし、悠二を救出します。

マージョリー
「なんだ、憎しみ以外でもけっこう戦えるじゃない」


始まった怪獣対決。
本来の調子を取り戻した弔詞の読み手は(シャレではないです)、シュドナイを圧倒します。

悠二
「うわあ!!」


無事解放され一安心かと思いきゃ、突如悠二に襲いかかる光の弾。
何とか火除けの指輪に護られた彼の前に、愛染兄妹、そしてシャナが現れます。

悠二
「シャナ!」

シャナ
「悠二!」


互いの無事を喜び合う二人。
クレイドルガーデンの源であるオルゴールも発見し、いよいよ大詰めです。
あ、シュドナイさんなら、たった今逃げました(えー)。



わずかな対峙の後、放たれるシャナの炎。
オルゴールと共に消えていきながら、ティリエルは最後までソラトを想います。

ティリエル
「私のお兄様……何でもなさって。私が許しますから……」


その想いも空しく、ソラトもシャナによって討滅されます。
「ごめん」と短い呟きと共に炸裂する斬撃。
妹の後を追うように、兄もまた空へと消えていきました……。


マージョリー
「そっちも片付いたみたいね。あの変態兄妹の自在式に少し細工させてもらったわ」


クレイドルガーデンが集めた力を使い、街を修復して後始末も終了。
姉さんもブルートザオガーをゲットし、シャナに向けて「これでよし」とウインク。
ようやく仲間っぽくなってきました(*´ー`*)



そしてお待ちかねのご褒美ターイムヽ( ´▽`)ノ

シャナ
「今度の戦い、お前はピニオンを見抜いたり、弔詞の読み手を手伝ったり、いろいろ頑張ってた。だからご褒美あげる……」


吉田さんの所に戻る前にと、頬を染めて悠二に近づくシャナ。
キスを期待し「犯罪にならないかないいのかな」と思いつつも目を閉じた悠二に、シャナはメロンパンを押し付けます(笑)。

……オチもついた所で、舞台は校舎裏へ。
先ほど中断させられた吉田さんとの戦いが再び始まります。
今こそ悠二への想いをはっきり口にする時です。

一美
「私だって、何!?」

シャナ
「と、とにかく悠二は駄目なの!!」


……はっきりしませんでした(-_-;)

一美
「駄目じゃない! わたしは好きですって坂井くんに言うし、ずるいゆかりちゃんに邪魔される事もないんだから!」

シャナ
「ずるくなんかない! 駄目ったら駄目なの! 悠二は私の……! ……悠二は私といる方が絶対にいいんだから!」

一美
「そんな事ない! それを決めるのは坂井くんよ!」

シャナ
「悠二の事何にも知らないくせに!」

一美
「これから知るもの!」

シャナ
「無理よ!」

一美
「何で!」

シャナ
「無理ったら無理なの!!」


むーと睨みあう両者が面白すぎます。なんだ、この子供のケンカ(笑)。

一美
「わたし、ちゃんと言ったから!」

シャナ
「負けない……絶対に負けない……!」

シャナ&一美
「ふん!」


最後にそう言い残して同時に離れていくシャナと吉田さん。
彼女たちの戦いは今からが本当の始まりです。
……いやー面白いバトルだった(笑)。



第13話感想でした。
愛染兄妹との決着、姐さんの復活、悠二へのご褒美、吉田さんとのバトルの続き……と、かなり密度の濃い1話でしたね。
タイトルの「校舎裏の宣戦布告」がラスト数分だったのはある意味驚きでしたが(笑)。

さて次回はシャナの過去に迫るお話のようで。
2クール目に突入で主題歌も変わるみたいですし、いろいろと楽しみですね。

 灼眼のシャナ

9 Comments

才条 蓮  

キスがすごい。キスが。

原作者曰く、この作品は痛快娯楽作品かつ学園ストーリーらしいですよ。確かに、キスしたり…でっかい花が登場したり、炎が沢山でたり…獣がでたりと痛快娯楽な作品ですね…考えてみれば…。なおかつ、学校でいろんなこと楽しんだり…。
見てて思いましたけど…あの姉弟はすごいといえばすごいですよね。あそこまで無意味にキスを見せ付けるのも凄かったです。いつでもどこでも。最初好きになれなかったですけど、最後の方結構良かったです。二人の性格結構好きですよ~~。なんか単なる敵キャラじゃなくて、性格とかもちゃんと引き出されていてよかったです。この作品は一人一人のキャラの個性が出てましたよ~~。
シュドナイは声が好きです。声が。ああいうしぶい声は結構好きです。
そういえば、灼眼のサイトの宣伝吉田さんでしたね。なんか結構良かったです。シャナより宣伝上手なんじゃないですかねえ。吉田さんらしい。

2006/01/11 (Wed) 19:33 | REPLY |   

維摩(yuima)  

スカートを一刀両断しても

パンツは落っこちてくれません。
そうするためには、ツバメ返しで両腰のツナギ目を切断するしかないのです。おのお兄ちゃんにはそこまでの技量がなかったのでしょう。

2006/01/11 (Wed) 22:20 | EDIT | REPLY |   

カンザキ  

こいつぁ凄いぜ!

シャナ宣伝は、今月から吉田さんに!
この調子だと、来月は池君に決まりか!?(ぉ

アイキャッチのシュドナイのバックに爆笑。
シュドナイさん、良い感じでアイキャッチ出てたのに、後ろでバナナキス(?)ですかw

今回のバトルは良かった……シャナがなんとも(*´ー`*)
シャナVS吉田さんのバトルはこれからが始まりのようで……今回の一番の見所でしたな(爆

2006/01/11 (Wed) 23:54 | EDIT | REPLY |   

h/e  

外見年齢12歳。

要するにシャナの見た目はメルヴィと同い年なわけですが。
なので手を出すと犯罪者です。笑。

宣戦布告は前回でほぼ済んでいた気がしたので、
今回とタイトル間違えたのかと思ってたりしてました。
今回は宣戦布告というよりも戦闘開始な感じがしますが。
今のところは自分の気持ちに気付いてる分吉田さんが一歩リード中?

1クール目の終わりということでクオリティも高めでしたね。
よく描かれてるなーと気付いたのが透明な橋(あえて比喩)だというのがアレですが。
そして次回の白骨のクオリティも高すぎに見えます。眼窩の辺りが素敵。
……因みにソラトが切り裂いたのは上着から下着まで全部です。
風でも吹けば素敵なことになっていたんでしょうが惜しい。
もしくは触手の有効活用でもよいですが(何

ところでシュドナイは"紅世の王"で、愛染兄弟は"徒"ですが。
アイキャッチまでもらったのに本編での出番がアレというのが泣けます(でも笑

2006/01/13 (Fri) 12:03 | EDIT | REPLY |   

宮岸まひろ  

まぁ、気持ちは分からんでもないが

アニメ版は未視聴なのですが、感想は楽しく読ませていただいてます~
ところで、またしても原作にあった悠二の活躍はカットですか(笑
つーか、ことごとく彼の活躍シーンは削除されてるみたいですね。まぁ、悠二が「ピンチになると頭が冴える」というよりフレイムヘイズがみんな猪突猛進馬鹿ばっかりなだけな気もしますが。

2006/01/13 (Fri) 22:27 | EDIT | REPLY |   

h/e  

未完結ですし。

>まひろ様

零時迷子関係の伏線がいろいろ省略されてるので仕方ないんじゃないかと。
肝心の天目一個の話も一話で一言出てきただけでしたし、零時迷子の起源も説明無しですし。造語と固有設定の多い作品の難しいところですか。
でもこれだと8巻のアレも省略されるんですよね……。それは少々残念かも。
そこらへんはシリーズ構成と脚本家の腕に期待です。

あとフレイムヘイズが猪突猛進なのは実に同意です(笑
性質上必然と言えば必然なんですが。

2006/01/14 (Sat) 13:40 | EDIT | REPLY |   

Air(管理人)  

キス編終了。

>才条 蓮さん
>この作品は痛快娯楽作品かつ学園ストーリーらしいですよ。

……ま、まあ間違ってはいないかと。
制服着てれば学園ストーリー。これがAirの哲学です(ぇ

>あの姉弟はすごいといえばすごいですよね。
>あそこまで無意味にキスを見せ付けるのも凄かったです。いつでもどこでも。

いったい何回したんでしょうか(笑)。
アイキャッチ含めるとかなりの数になってるような。

ぶっとんだ性格の兄妹でしたが、消え際は悲しいものがありましたねえ……。
シャナの「ごめん」が何とも……。

>そういえば、灼眼のサイトの宣伝吉田さんでしたね。

!?
こ、これっていったい何の事でしょうか……。
もしやCM中に何かあったとか……もしそうならCM吹っ飛ばして見てたんで気づきませんでしたよ……(-_-;)
気になるので後で調べてみます……。

>維摩(yuima)さん
>パンツは落っこちてくれません。

べ、べ、別にそこまで期待してないですにょ!?(落ち着け)

それはともかく初めまして(笑)。
「猫々蹴球」へようこそおいでくださいました。
挨拶が遅くなりましたが、これからよろしくお願いしますね。

>カンザキさん
>シャナ宣伝は、今月から吉田さんに!

こ、ここでもこの話題……き、気になる……(-_-;)

>アイキャッチのシュドナイのバックに爆笑。

「台無し」。
この単語がピッタリはまるシーンでした(笑)。
本人気づいてなさそうなのがまた笑えます(*´ー`*)

>h/eさん
>手を出すと犯罪者です。笑。

では封絶内じゃなかったら悠二はかなりヤバかったのでは……。
様々な困難(規制)を乗り越えて、いつかこの二人の間に透明な橋がかかる日は来るのでしょうか……(笑)。

>今回は宣戦布告というよりも戦闘開始な感じがしますが。

まさに(笑)。
でもBGMが穏やかだったので、あんまり緊迫したシーンじゃなかったですね。
試みに戦闘シーンのBGMを想像してみるとそれはもうエライ状況へと早変わり(笑)。

>……因みにソラトが切り裂いたのは上着から下着まで全部です。
>風でも吹けば素敵なことになっていたんでしょうが惜しい。
>もしくは触手の有効活用でもよいですが(何

下着といいますと、シャナさんのサイズを考えるともちろん子供y(斬られました

風も吹かなければ触手も動かず。
あのスタッフならどっちかはやってくれると信じていたのですが(笑)。

>まひろさん
>アニメ版は未視聴なのですが、感想は楽しく読ませていただいてます~

ありがとうございます。
かなり特定のキャラ(吉田さん等)に偏ってる感想ですが、こんなんでも楽しんでもらえればすごく嬉しいです(笑)。

>またしても原作にあった悠二の活躍はカットですか(笑

活躍といえば、ピニオンの発見くらいでしょうか。
他にどんな活躍してたのか気になりますね……。

>フレイムヘイズがみんな猪突猛進馬鹿ばっかりなだけな気もしますが。

確かに(-_-;)

せめてもうちょっと協調性ってものを学んだ方がいいと思います、あの人達(笑)。

2006/01/15 (Sun) 01:10 | EDIT | REPLY |   

カンザキ  

その謎は・・・

>Airさん
>シャナ宣伝
BIGLOBEで無料されているシャナの公式HPの宣伝CMです。
TVではやってないんでしょうか?
10月はシャナ、11月・12月は悠二、1月は吉田さん。
毎月宣伝するキャラを変更するそうです。

吉田さんによる宣伝は、意外な萌えが(何

2006/01/15 (Sun) 12:24 | EDIT | REPLY |   

Air(管理人)  

謎は全て解けた。

>カンザキさん
>BIGLOBEで無料されているシャナの公式HPの宣伝CMです。

情報ありがとうございます。
TVの方では多分なかったので、ネット配信用みたいですねーー。
何としても(吉田さんが)見たいので、早速BIGLOBEのページへ……って「バージョンアップが必要」だとぅ!?め、めんどい……(-_-;)

2006/01/17 (Tue) 15:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) 灼眼のシャナ 第13話 「校舎裏の宣戦布告」
  • 灼眼のシャナ~Prelude to Shana~前回、吉田さんの衝撃の告白、そしてシャナの負け犬の遠吠え(笑)があったわけですがまあ、それとは置いといてシャナと変態兄妹がついに接触しました。ソラトとティリエルは思った以上に手ごわいですね。イチャイチャする二人に限界寸前....
  • 2006.01.13 (Fri) 04:47 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.