猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

そらのむこう。

ひぐらし祭囃し編、読み終わりました。

ネタバレ全開の為、続きは↓で。


運命の昭和58年6月19日。
48時間作戦の開始から綿流しまで、盛り上がるシーンが多すぎてとても全部は語りきれないのですが、とにかく良かった、と。
EDで流れた「そらのむこう」の余韻で、しばらくPCの前でぼーっとしてましたよ(笑)。

あえて一番好きなシーンを挙げるならやはり「君を助けに来た!!」ですかね。
赤坂の活躍を心待ちにしていた身としては、このシーンだけでもお腹一杯。
画面暗転しての「…………間に合った………」はシビれたなあ……。



羽入を加え6人になった部活メンバーも多くの見せ場がありました。
これまでのヘタレ説を一気に覆す名指揮官ぶりを発揮した魅音を筆頭に、裏山トラップ担当の沙都子、所々に神様としての凄みを見せた羽入、文字通りの奇跡を起こした梨花、仲間全体を熱く盛り上げ続けた圭一……えーと、レナは……(笑)。

中盤まで別行動だった詩音も、葛西と共に合流してからは銃火器組として貢献。
悟史とも再会できてよかったですね……・゚・(ノД`)・゚・

華麗な確保されっぷりと名射手ぶりを同時に見せてくれた富竹や、刑事魂全開の大石など、サブキャラ達にも多くの見せ場がありましたし、最終話にふさわしい出来だったと思います。
ラストで富竹が鷹野を許す場面とか、実に良かったですね。
個人的には鷹野に対しては、彼女の過去や事情を知った上で考えても、許してやろうという気持ちにはあんまりなりませんでしたが(笑)。



これで「ひぐらしのなく頃にも」ひとまず完結。
この先PS2版も出ますけど、今回ので満足したので今の所プレー予定はないです。
よほど評判よければやるかもしれませんが(笑)自分にとってのひぐらしはこれで一段落ですね。
恐怖と悲しみから始まり、感動で締めくくられたこの物語。
竜騎士07氏を始めスタッフの方々には心からの感謝を贈らせていただきます。

最後に今回初披露された入江の固有結界「メイドインヘヴン」の犠牲者には、あの保安隊員だけでなくコーヒーまみれになったAirのPCディスプレイも含まれていた事を明記し、感想を終えたいと思います。染みがーー・゚・(ノД`)・゚・

 ひぐらしのなく頃に

2 Comments

h/e  

それは、

茶番のような、奇跡。>挨拶

遅くなりましたが。
誰にも救いのある結末、という物語に素直に感服しました。
悲劇と喜劇の終わりには、相応の幸せを、ということでしょうか。
仲間の力を結集して機関に挑んでいくカタルシスはたまらないものがありましたね。
時報の活躍にどことなく違和感を感じるのはともかく(笑
あと赤坂さんの最強っぷりが素敵過ぎます。
その威力 即ち 徹甲弾!
梨花を助けに来たシーンはBGMも相乗効果でテンション最高潮でした。
YOUのアレンジなんて反則級だぜ。
名前だけは出ていた監督の固有結界も発動するとは思いませんでした。吹くわ(笑
ともあれ、非常に楽しませてもらったわけで、スタッフの皆様には心よりの感謝を。

「祭」は祭囃し編の代わりにオリジナルの三編が収録されるとかで、いろいろと気になってはいるんですよねー。竜騎士07氏監修って話ですし。
ただ原作の演出に敵うのかとか、動作が重そうだなぁとか、絵が可愛すぎるんで恐怖のギャップに欠ける気がするなぁとか、同時にいろいろと思ったりも。
アニメ版並みに大変な顔になってたら素敵極まりないんですが。

2006/10/03 (Tue) 15:41 | EDIT | REPLY |   

Air(管理人)  

you-destructive

>h/eさん
>誰にも救いのある結末、という物語に素直に感服しました。

良いEDでしたねえ……。
ジョーカーを、罪を押し付けないですむ世界。
部活のジジ抜きがまさか伏線になっていたとは、正直やられたと思いましたよ。

カケラ集めの枚数までトランプに見立てていたのもまた見事。
カケラを紡ぎ、仲間を集め、ついに理想の世界を勝ち取った梨花達に乾杯ヽ( ´▽`)ノ

>時報の活躍にどことなく違和感を感じるのはともかく(笑

あの活躍がなかったら、「時報」に加え「確保」という新たな真名が認定されるとこでしたね、チッ(笑)。

>あと赤坂さんの最強っぷりが素敵過ぎます。

活躍は期待してましたが、まさかあれほどだとは!!
ほんと梨花を助けに来たシーンは鳥肌モノのカッコよさでした。
暇潰し編を振り返ってみると、彼の成長と誓いの重さがひしひしと……(涙

>名前だけは出ていた監督の固有結界も発動するとは思いませんでした。吹くわ(笑

さすがに初回は全て読めませんでしたが、最後のおまじないだけはっきり見えて、その瞬間口からコーヒーが(略

>「祭」は祭囃し編の代わりにオリジナルの三編が収録されるとかで、いろいろと気になってはいるんですよねー。

確かに気になる事は気になるんですが、はたして祭囃し編を超えれるのかという不安もまた……。
祭囃し編+別ED3本だったら買ったかもしれませんが、今の所はやはり様子見ですかね。

2006/10/06 (Fri) 02:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.