猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

冬ロン。

10月31日発売予定のエロゲ「冬のロンド」のOPテーマ『Melted Snow』(歌:奥井雅美)が素晴らしすぎる。
個人的に2008エロゲソング・オブ・ザ・イヤーを与えてもいいくらいの名曲です。
公式サイトでも聴けますので、興味のある方はぜひ奥井雅美さんの歌声にうっとりとしてください(*´ー`*)

ちなみにEDは詩月カオリさんが担当と、歌に関してはまさに磐石の構え。
エロゲなのに全然エロくなさそうなのが困りものですが、この両者の歌の為だけに買ってしまいそうだ(笑)。



と、いつもなら思うところですが、今回はAirのエロゲセンサーにニュータイプ的な予感が。
この一見コンシュマー移植を見越したかのような作品の裏に隠された、エロな気配を敏感に感じ取ったのであります。
その源は、まずこの声優陣。

ヴィクトリア・ルミアウラ :一色ヒカル
マリー・ルミアウラ :風音
ダイアナ・ルミアウラ :佐本二厘
グレース・ルミアウラ :成瀬未亜
クリスティーナ・ルミアウラ :遠野そよぎ


どうです、まさに一目瞭然。
この一騎当千の猛者を並べた布陣で、エロが薄いなんて事があるでしょうか。否、あるはずがない。
きっと公式にあるシリアスなストーリーはあくまで第一部。
第二部では選んだヒロインとの甘くエロスな生活が待っているに違いないのです。そう、あの名作「あねいも2」のように!(落ち着け

2nd OPテーマの存在が確認されている事からも、あながち的外れな予想でもないかと。
そう考えればあのエロCGほぼ皆無な公式のギャラリーとかも逆に怪しく思えてきますし、エロ重視の作品である可能性は実はかなり高かったりするのではないでしょうか。


……ただ欲望願望を忘れて冷静に考えれば、この説にも疑問点がいくつか。
その一つはエロゲユーザーに対してエロを隠すメリットがどこにあるのかという点。
不意打ち効果を期待するにしても、ユーザーによっては逆効果になる事もありえますし、それ以前にAirのように念入りに厳選してから買う貧乏ユーザーには最初から除外されてしまう可能性が極めて大。
今回は例の歌のおかげで興味を持ったからいいようなものの、やはりエロを隠すのはそれなりにリスクも大きいのではないかと思うのです。
月末という競合相手の乱立する期間に、はたしてそんな手を使ってくるかどうか……そしてそもそも仮にも「ハートフルAVG」を名乗るゲームでエロをメインで押し出してくるかどうか……。


と、まあ、いろいろと考えてきましたが、今日はこの辺で終わりにいたします。
情報不足のまま考えてもキリがないですし、さっきから何度もエロ、エロ、と打ち込んでいる自分に軽く絶望したので。
発売日が近づけばもう少し情報も出てくるかもしれませんし、しばし経過を見守るといたしましょう。つか奥井雅美さんの歌について語ってたはずなのに何でこんな話をしてるんだ俺は。

 PCゲーム(笑)

4 Comments

雷斗聖刃  

得炉芸道は死狂ひなり。

時あたかも戦国の世、得炉芸メーカー群雄割拠の此の御時勢、たとゑ声優が一流揃ひと雖も、けして安心せぬが定石。ゆめ御油断めさるるな。

かく云ふ某も、声優買ひせし得炉芸に予期せぬ地雷潜みたるは、怒髪天を衝くが如く憤慨せしども、己が不徳の致す所なれば是非もなく、まこと浮世とは遣る瀬無きものにて御座候。

>冬のロンド
成る程、主題歌は近年稀に見る重厚さにて、声優の配役も申し分なきものなれば、上位品質を期待せしむるにやむことなし。
されど、粗筋、絵柄など鑑むるに、やはり伽場面回想枠の少なさが案じられる様などは如何ともし難く、より一層の情報収集の必要をこそ覚えけれ。

されば昨今、某の購入せし得炉芸の中から特筆すべきと覚えしものを列挙するものにて候。

【プリンセスラバー!】
新規メーカー初出作品にもかかわらず、乾坤一擲の趣すら漂う会心作にて候。
画質、物語、人物画、動作環境、音楽等々、何れを取りても一流老舗メーカーになんら後れをとるものにあらず。
さらに驚愕すべきは、この絵柄で伽場面が恐ろしく高密度かつ特殊にて、げに恐ろしきは絵師の行く末也。

【てとてトライオン!】
安牌メーカーなれば、全体的にまずまずの良作にて候。近年稀に見る高性能主人公も嫌味が無く、話も終始愉快にて候。
なお特筆すべきは、ヒロインの異常なまでの可愛さにて、筆頭ヒロインの夏美役などは、かの『休日姫』のラピスたんの中の人なれば、その萌声は推して知るべし。
また、対抗ヒロインの手鞠なども、如何にも空(Air)殿好みの美少女なれば、かの外見にて「てままー」などとのたまふ様など、地上に降臨せし天女もかくやとこそ覚えけれ。

【どっぷり(中略)学園戦争】
メーカーデフォ買いにて候。
予想通り青川ナガレの幼馴染が萌過ぎにて候。
相変わらずかのメーカーは(性的な意味で)力の入れ処を間違い過ぎにて御座候。

【びんかんアスリート】
一色ヒカル・風音・みる・まきいづみ・楠鈴音・サトウユキ・かわしまりの・金田まひる・飯田空。
此れ即ちガチにて早漏候。


されば、此度はこれにて御免。
雷刃之助

2008/09/30 (Tue) 17:56 | EDIT | REPLY |   

Air(管理人)  

そちこそ真の武士也。

>雷刃(之助)さん
レス遅くなって申し訳ありません。
まさに武士(もののふ)と言うべき語り口に、こっちも何か凝った返し方せねばと思ってたら結局何も思いつかないままこんなに間が(-_-;)

>冬のロンド
助言かたじけのうございまする。
確かに現時点では、本作の判断は時期尚早。
より多くの情報を集め、繊細かつ大胆な判断を下し、購入か否かを決める事にいたします。
願わくば、世に言う「歌ゲー」で終わらぬ事を。

>【プリンセスラバー!】【てとてトライオン!】【どっぷり(中略)学園戦争】【びんかんアスリート】

こ、この漢、俺が予算の都合上泣く泣く見送った4本、その全てを購入しているッ……!?
これを敗北と言わず、何を敗北と言えばよいのか……!!

>【プリンセスラバー!】
大方の予想に反し、エロに対して一切手抜き無し!な名作との評判は、遠く我が国にも聞こえてきておりまする。
「冬のロンド」もかの道を辿ってくれる事を切に願うもの也。

>【てとてトライオン!】
一度は購入確定としておきながら、不慮の出費で購入を取りやめた作品。
その決断が正しかったか否か、なかなか結論が出ませんでしたが、盟友のもたらした情報「筆頭ヒロインの夏美役などは、かの『休日姫』のラピスたんの中の人」によって間違いであった事が決定。
猛烈な後悔の念と共に、近日中の購入を固く誓ったのであります。

なおこの決断は、決して

>また、対抗ヒロインの手鞠なども、如何にも空(Air)殿好みの美少女なれば、かの外見にて「てままー」などとのたまふ様など、地上に降臨せし天女もかくやとこそ覚えけれ。

の一文が決定的な要因でない事も明記しておきます。あくまで狙いは夏美。手鞠は特に意識していないのであります。てままー。

>残りの2本
おそらく語らずとも盟友と意見が通じ合っていると思うので省略。


では当方もこれにて。てままー。

2008/10/05 (Sun) 22:43 | EDIT | REPLY |   

雷斗聖刃  

得炉芸侍、推参。

>武士
シグルイ風に標題打ったら、つい流れで止まらなくなってしまいました(笑)。
お見苦しき段、平に御容赦の程を。

>てとてトライオン!
補足です。
「トラブルを楽しもう!」というドタバタ日常パートはPULL TOPの真骨頂。文句なしに面白いです。
ただし、えちシーンは1ヒロインにつき3回程度なので、それだけを目当てにしてる人にはやや物足りないでしょう。
私的には……そうですね、腹八分目といったところでしょうか(笑)。


>夏美→夏海
失礼、変換ミス。夏の海と書いて夏海ちゃん。その名のとおり海が大好き、自称:獅子ヶ崎のマーメイド。弾ける笑顔とサンライトイエローのビキニが眩し過ぎです。
中の人は、ゲームキャラから某国営放送のアニメの主役まで、実に幅広くご活躍なさってますが、ご多分にもれずヴァリアブルなお名前を駆使されてますので、見極めはそれなりにワザが必要かも(笑)。

>てままー。
……フッ。(*´ー`*)
まあ、硬派なAir兄貴には全く興味のない話でしたね、すいやせん。
あぁ、そうそう。彼女と仲良くなると、もれなく魅惑のケータイ着信音「てまーボイス」が貰えるらしいですよ──っと、これも兄貴には無用の長物でしたね。こりゃまた失礼いたしやした。
んじゃ、てまーはあっしが有難く頂戴いたしやす。そいぢゃあ御免なすって。(遁走)

2008/10/06 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   

Air(管理人)  

修羅之道。

>雷刃さん
得炉芸道と武士道。己の道を貫くという意味で根本的には同じなのかもしれません(えー

>てとてトライオン!
>ただし、えちシーンは1ヒロインにつき3回程度なので、それだけを目当てにしてる人にはやや物足りないでしょう。
3回……まあ基準はクリアかと。
だ、だからって、別にそれだけを目当てにしてるんじゃないんだからねっ!

>夏の海と書いて夏海ちゃん
自称マーメイドにワラタ。
わざわざ自称せんでもこっちからそう呼んであげるものを何故(笑)。

気になる中の人ですが、やはりこういう元気娘にはベストな配役ですね。
ものすごく自然に脳内再生できてますよ。まだサンプルボイスすら聴いてないのに。

ちなみにこの方のデビュー作『ファーストKiss☆物語』(PC-FX)はAirの中で永遠の名作でございます。

>ご多分にもれずヴァリアブルなお名前を駆使されてますので、見極めはそれなりにワザが必要かも(笑)。

知ってる限りでも軽く10は超えてたような(笑)。

>んじゃ、てまーはあっしが有難く頂戴いたしやす。そいぢゃあ御免なすって。(遁走)
まあまあダンナ、そう慌てずに。
確かにあんまり意識はしてませんが、ダンナに譲るとまでは言ってませんでございますよ?
そこんとこご理解頂いた上で、改めて「てまーボイス」とやらについて話し合おうじゃありませんか。いやいやあくまで単なる暇潰しでござんす、ははは。

2008/10/12 (Sun) 18:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.