猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

天の光。

ロックオン。

どこ見てんだ、ビリー。

そんな訳でスメラギさんのダブルオーにロックオンな回想から始まったガンダム00第10話。
アロウズとの、そして次々に参戦してくるイノベーターとの戦いに向け、支援機をゲットすべく拠点基地ラグランジュ3へと入港した刹那一行。
00用のオーライザーだけかと思ったら、アリオス用のもありましたし、これで最弱との呼び声高いアレルヤ機にも活躍の機会が増える事でしょう。でもマリー乗せるのは俺と大佐が許さん。きっと死ぬから。

そして最近のガンダムシリーズに外せない大量破壊兵器も登場。
衛星軌道上からの攻撃で、中東の有力国スイールを(大佐ごと)問答無用に吹き飛ばし、その威力とアロウズの悪逆ぶりをしっかりとアピールしました。
こうなってみると貧乏&弱小国ゆえに解体で済んだアザディスタンは、まだマシだったのかもしれませんぜ、元姫様。

次回は予告を見た感じでは、ラグランジュ3の崩壊と脱出がメインになる模様。
まさかのハレルヤ復活といい、ますます目が離せなくなってくる00。
ハレルヤがマリーに手を出すんじゃないかとハァハァハラハラしつつ次回を楽しみに待ちますヽ( ´▽`)ノ

―――――――――――――

続きまして投稿SSの掲載を。

才条 蓮さんよりガンダム00 SS

「深淵に眠る心」


ルミナさんよりガンダム00 SS

『ガンダム00 ultimate select』 

第4章 決戦

を頂きました。
御二人とも投稿いつもありがとうございます。
それぞれカテゴリのSS(投稿作品)目次内の「才条 蓮さんの投稿SS一覧2」「ルミナさんの投稿SS一覧」からも飛べますので、皆様ぜひどうぞヽ( ´▽`)ノ

>才条 蓮さん、ルミナさん
SS投稿ありがとうございました。
掲載させて頂きましたので、確認よろしくお願いいたします。
本当はもっと感想とかもしっかり書きたいのですが、相変わらずちと時間が……すいませんです。

―――――――――――――

続けてブログ拍手へのレスを。
ちと遅くなってしまい、すいません……。

>00のファンさん
>ところでMr.ブシドーの新型機、擬似太陽炉を両肩に取り付けているようです。


武者ダブルオーですね、わかります(笑)。

冗談はさておき、登場が楽しみな機体ですねーー。
今の所、オーライザー&ツインドライブ・トランザムの00の方がさすがに上じゃないかとも思いますが、パイロットの技量ではブシドーのが上でしょうし、良い勝負になりそうです。

>リヴァイブ・リヴァイバルの新型機はガデッサって名前です。余計な事言ったらすみません。

いえいえ、こういう情報は大歓迎です。
本編中で確かガデッサとかいう名前が出てたのは気づいてましたが、はっきりあの機体かどうか覚えてなかったので(笑)。

>元気ですか?朝は起きるのが辛いですね。

お気遣いありがとうございます。
更新遅いせいか、心配かけてしまってるようで申し訳ないです(-_-;)
ちなみに管理人は仕事(夜勤多し)の影響で、朝は起きるというより寝る時間になりつつあったり。

 ガンダム00

2 Comments

才条 蓮  

毎度ありがとうございます

AIR様

多忙を極めるSS掲載いつもありがとうございます。掲載するだけでなく、紹介文もいつもありがとうございます。ひょっとしたら、SS掲載も今年は最後になるかな~~とも思っております。
この時期は師走。先生も忙しいほどテケテケしております。意味がわからない……なんていいたいぐらい忙しいということですね。

蓮の花様
まずは長編作品読んでいただいて本当にありがとうございます!!!
すいません、タイムラグがあってすいませんでした。


>相変わらず、心理描写に重きを置くのは才条さんの得意とするところですね。物語に登場する人物全ての精神を詳細に描ききろうとする姿勢には、いつもながら感嘆です。


あ……ありがとうございます。今回はあんまり心理描写に重きを置いてなかったので、意表を突かれてびっくりでございますです。情景描写よりも心理描写のほうが描くのが上手ということですね~~。それはそれで嬉しいです。


 
>イザークの『俺の経歴だ。俺が決める』という台詞はいいですねぇ。

自分でもかっこいいと思ってしまいました。イザークがイザークでありために考えた入魂のセリフです。出番が少ない彼なので、セリフで目立とうと考えました。
 






>全体的に『~であった。そして~であった』『これは~である。つまり~である』という感じに、同じ言葉で語尾を締め括る箇所が非常に多く、それが気になって内容に集中できなくなった時があります。 それと同じく『光の閃光』や『試算していたスピードよりも遥かに速いスピードで』など、重複表現もいくつか見られます。


うぐ……そうですね。
作家としては結構致命的なミスが結構多いですね。急いで書いていたので読みにくい文章だったと思います。スイマセン……。乱文読んでいただいてありがとうございます。
 
 
>また『青年』に関してなのですが、本文のみで彼の設定を全て語ってしまうというのは些か強引過ぎではないか、と……。 それならば最初から彼を名無しの協力者という位置づけのみにした方が良かった気がします。 キラの劣化コピーという、物語の中核となりえる設定を持ったキャラならば、もう少しコトネ辺りとそういった件に関する突っ込んだ会話などを盛り込んでもいいかもしれません。
 
蓮の花様のおっしゃる通りでございます。確かに今回のテーマから逸れちゃうキャラクターですからね~。やっぱり青年のままでよかったかな…とちょっと後悔です。自分が考えたオリジナルキャラクターとして設定だけあったので、なんかサービスで載せちゃったキャラクターです。軽率なことをしてすいません。




>それから主人公のコトネですが。『ナチュラルとコーディネーターを憎悪するハーフコーディネーター』というキャラを主人公として据えているので、どうせなら読み手である我々が彼女にある程度感情移入できるようにして欲しかったという思いがあります。
 具体的には彼女が世界全てを憎むに至る経緯。
 例えば両親を目の前で無惨に殺されるシーンだとか、ナチュラルとコーディネーター双方から迫害されて苦しむ姿とか。
 ある種、彼女はナチュラルとコーディの“闇”の部分を背負っているキャラでもあるので、その辺の描写も欲しかったです。
 そうすれば、終盤のアスランとの戦いに際してのコトネの台詞に重みが増すのではないかと……あくまで個人的に、ですが。


そうですね~~。
書きたかったですね~~。結構時間の関係が結構ありましたね。OOのSSも書きたかったので、なるべく話を要約して書いていたのでコトネに感情移入が難しかったでしょうね。コトネの描写が欲しかったといわれますと、書きたくなりますね。


>毎回こういった独自の着眼点で話を書けるのは素直にすごいと思います。

ありがとうございます!! 
確かにハーフコーディネーターがこの世界を憎悪するというのは独特な着眼点ですね。た以前別サイトでハーフコーディネーターを主軸に置いた作品を書いたときも言われましたね。
まだまだネタは結構あったのですがね。結局書けずじまいですね。ちなみにひとつ設定だけで登場していないキャラ紹介を。


キラの母ヴィア・ヒビキのコピー
コロニーメンデルが崩壊したのち、ヴィア・ヒビキに恋をしたある科学者が個人的につくったコピーコーディネーター。
容姿はヴィア・ヒビキそのもの。穏やかな口調をおどおどした態度が特徴的。それは少年期のキラを思わせる。
空間認識力を非常に高く、時に超能力のような予知ができる。主にドラグーンを搭載したMSで駆る少女。
 
例のキラ・ヤマトの劣化コピーとどちらを登場させようか迷いました。結局、青年を出しましたね。


 >……何だか全然感想らしい文じゃないな……お目汚し文失礼しました。
 好き勝手ばかり書いてお気を悪くされたのなら申し訳ないm(__;)m

いえいえ。私の駄文に付き合ってくださいましてありがとうございます。




>はすのメタルはにげだした!
サイジョウ レンは追いかけた!!



2008/12/15 (Mon) 22:03 | REPLY |   

Air(管理人)  

師、走る。

>才条 蓮さん
レス、やたら遅くなってすいません……。
掲載確認ありがとうございました。

>この時期は師走。先生も忙しいほどテケテケしております。意味がわからない……なんていいたいぐらい忙しいということですね。

ほんとこの時期はやってられないくらい忙いですねーー。
おまけに軽く風邪までひいてしまい、しんどさ3割増しです。
それほど酷くないのが不幸中の幸いですが、お互い健康には注意しましょう。

ちなみに師走の意味は、僧侶がお経をあげに東奔西走する時期、というのが有力だとか(笑)。

2008/12/23 (Tue) 13:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.