猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

革新の扉。

アレルヤがピーリスに操舵を頼んだ時、「いや、お前が(略」と思った人はどれくらいいるのでしょうか(挨拶)。
ハレルヤが出てこない以上、絶対ピーリスをアリオスに乗せた方がいいよなあ……これがスパロボなら絶対そうする(笑)。

と、書いたところで最近のスパロボって乗せかえできるのかなと思いを巡らすガンダム00第21話。
目が光ったり、ロックオンに撃たれそうになったり、謎の通信を調べに行かされたり、無事に終わったと思いきゃ帰り際に変態に絡まれたりと、『人類初のイノベーター』という、意味はわからないが何やら凄い存在として覚醒しつつあるせっさん大忙しの回でした。
一応病人(怪我人)のはずなんですが、周りも本人もほとんど気にしていないようです(笑)。

そしてその刹那に一騎打ちを申し込みに現れたミスターブシドー。
初登場時から議論の対象だった彼の正体が、ついにここで明かされましたが、それがまさかあのグラハムだったとは……。なんてこった……これ考えたやつは天才だな……(棒読み

衝撃の正体判明に続いて開始された刹那VSグラハムの一騎打ち。
以前の愛から宿命へと嫌な進化を遂げた彼らの関係にも、ついに決着の時が来たのでしょうか。

さてクライマックスといえば恒例なのが物語からの退場者。
今回はソレスタルビーイングにヴェーダの場所を伝え終えた王留美と、その兄の紅龍。
更には彼らを殺害してご満悦な気分の直後に、ルイスに華麗なリベンジをかまされたネーナ・トリニティの3名です。
前者の留美についてはここへきてようやく変革を求める理由が明らかになりましたが、あの『家を継がされて大変だったから』みたいな理由には、ベタだとかいう思いを越えて正直唖然とした(笑)。

―――――――――――――

続きまして投稿SSの掲載です。

才条 蓮さんから、機動戦士ガンダム00のSS

『電池脱却へ~レジェンド オブ ヘタレ~』


ヒカリさんから、フルメタル・パニック!のSS

『騎乗兵とデ・ダナン』 第1話「チーム」

を頂きました。
御二方、投稿いつもありがとうございます。
それぞれカテゴリのSS(投稿作品)目次内の「才条 蓮さんの投稿SS一覧2」「ヒカリさんの投稿SS一覧」からも飛べますので、皆様ぜひどうぞヽ( ´▽`)ノ

>才条 蓮さん、ヒカリさん
SS投稿ありがとうございました。
掲載させて頂きましたので、確認よろしくお願いいたします。
今回はひさびさにわりと早かったんじゃないかなと、いつもと違うコメントに自分で戸惑ってみる(笑)。

あとヒカリさんの『戦闘妖精雪風~メイガス~』 第2話に、才条 蓮さんから感想が届いております。
←のコメント欄、もしくは該当SSのコメント欄からどうぞです。

>蓮の花さん
「ウルトラマン ~Anti side~ 第8話『黄昏時の少女達』」に、才条 蓮さんから感想が届いております。
←のコメント欄、もしくは該当SSのコメント欄からどうぞです。

 ガンダム00

3 Comments

ヒカリさん  

リンクの件ですが、別に構いませんよ^^
此方もリンクさせていただきます。

さて、今回のOO、見逃してしまったのでようつべにあるものを見ました。
いきなり話が難しくなりました。
適応するのに少し時間が架かりそうww
で、ネーナの死は残念だったな。。。
声も好きだけど、ああいうキャラも結構好きです。
王留美の死についてはある意味で哀れ。
で、紅龍の死は、妹思いなのだなぁ・・・、と感じた一瞬。
で、グラハムと刹那の戦いは、何かまたOO粒子が裸シーンを演出。
そういうところはSEEDから持ってきたのだろうかと思うほど最近裸シーンが多いですね。

2009/03/05 (Thu) 17:03 | REPLY |   

才条 蓮  

富野ガンダムかそうでないか。

……で、最近はスパロボは整ってきてます。
基本的に富野ガンダム(ガンダム~νガンダム+ターンAガンダム)同士は乗り換え可能です。なので、アムロ・レイがターンAに乗って月光蝶使うことは可能だったりします。……やったことありませんが。スパロボの中でもターンAとZZのジュドーの相性はすごくいいと評判でした。
それ以外のガンダム(Gガンダム~SEED)は作品同士の乗り換えは可能ですが、それ以外はダメだったような気がします。つまり、Wガンダム同士とかSEEDの作品同士だったら乗り換えは可能ですね。ただ、Gガンダムのように原作でも乗り換えがなかった作品は乗り換え不可能になってますね。この考え方でいくと……乗り換え不可能ですかね。アレルヤ安心ですね。……しかし、あらゆるスーパロボットがひしめくスパロボでレギュラーが確保できなくなるような……。

ミスターブシドーの正体はグラハムだった。……これを想像出来た人は一人もいないでしょうね(棒読み)。

りゅーみんは……当初の予定と絶対に動機が違うだろう……と思ってしまいました。まあ、尺の関係もあったのかもしれませんねえ。代わりにネーナの散り際が「畜生!!!!」だったのは、ここまで好き勝手やってきたネーナらしいセリフだったな……と少しキャラクター愛を感じました。

……リンクについては……保留でお願いします。あまり詳細は話ができないのですが、同人作品のシナリオライターの依頼が入っていて執筆中なのでそっちまで回せないんですよ……。勝手言いまして申し訳ございません。メドがたちましたらまた、お話をします。

2009/03/07 (Sat) 00:21 | REPLY |   

Air(管理人)  

一文字……。

>ヒカリさん
リンク了承ありがとうございます。
こちらもリンクさせて頂きましたので、今後ともどうぞよろしくです。
ただうちの名前は「猫々蹴球」であって「猫蹴球」ではありませぬ(笑)。

00ですが、いよいよクライマックスらしい展開になってきましたね。
この回でも何人か死んでしまいましたが、はたして最後に何人残るやら……。

>紅龍の死は、妹思いなのだなぁ・・・、と感じた一瞬。

あれだけ罵倒されても最後まで兄として妹を守りましたね、彼は。
結果的にはアレでしたが、あのシーンはちとグッときましたぜ。

>才条 蓮さん
情報ありがとうございます。
今でも限定付きで乗り換えは可能なんですね。
ああ、かつてアムロをアレックスに乗せた時の感動が蘇る(笑)。

>アレルヤ安心ですね。……しかし、あらゆるスーパロボットがひしめくスパロボでレギュラーが確保できなくなるような……。

トレミーの加速装置として使えば、それはそれでレギュラーと言えるかもしれません。
別にアレルヤである必要はないですが(笑)。

>りゅーみんは……当初の予定と絶対に動機が違うだろう……と思ってしまいました。まあ、尺の関係もあったのかもしれませんねえ。

当主としての苦労がほとんど描写されなかったですからねーー。
優雅にお茶飲んでるシーンしか思い出せないのはいかがなものかと。
世界を変えるより、自分の家変える方がよっぽど簡単だと思うんだ……。

>リンクについては……保留でお願いします。

了解しました。
目処が立ちましたら、いつでもどうぞです。

2009/03/10 (Tue) 12:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.