猫々蹴球

ねこねこしゅーきゅー、と読むと大吉です。デレステブログになりつつありますが、アニメ感想と投稿SS、サッカーもありますヽ( ´▽`)ノ

序・「破」・急(Q)。

先日観に行ってきた、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の感想を少々。
ネタバレありますので、OKな方だけ↓からどうぞです。
つかネタバレなしでこの映画の面白さを語るのは俺には無理(笑)。
 
―――――――――――――

書きたい事はいろいろありますが、まずは月並みな一言を。

「面白かった」「凄かった」「綾波最高」(一言じゃねえ)。

本来もう少し後で観に行く予定だった本作品。
h/eさんに早めの鑑賞を薦められて予定を前倒しした訳なのですが、これがもう大正解。
ネタバレなし、予備情報ほとんどなしで観たおかげで、凄まじい興奮と面白さを味わえました。
参号機使徒化の辺りからラストまで、心臓バクバク状態で死ぬかと思った(笑)。

物語的には基本TV版の流れをなぞりつつも、至る所で「IF」の展開が満載。
新キャラ、マリの駆るエヴァ五号機対第3使徒戦に始まり、月で建造中の六号機視察やら、カヲル君の「おとうさん」発言やら、トウジではなくアスカが新型エヴァのテストパイロットになるやら、他にもまだまだ無数にあって書ききれません。あとストロー仕事しすぎ。

キャラ的に大きく変わったといえるのがシンジとレイでしょうか。
前者はTV版よりもアクティブになってて好感度大でしたし、後者は人間味が増してて可愛さ倍増。
しかもその二人が互いに惹かれあう気配満々ときたら、応援したくなるのも当然でしょう。
ほんと食事会でぽかぽかさせてあげたかった……。

まあレイがしっかりヒロイン役こなしてた分、アスカ好きの方にはちとツライ展開でしたが。
やたら動きや表情も可愛かったですし、性格的にもいい子でしたし、それだけにあの悲劇は見ていてしんどかったですねえ。
次回予告のワンカットがなければ、しばらくどんよりした気分で過ごすとこだったかも。

ちなみに本来そのアスカの役回りだったトウジは当然今回無傷です。
妹退院のシーンの兄馬鹿ぶりにはワラタ。一歩間違えば変態だアレは(笑)。

―――――――――――――

そして一番の見所と言えば、やはりクライマックスの第10使徒戦。
マリの弐号機大破、綾波の零号機捕食と、次々に訪れる大ピンチに、初号機パイロットとして復帰したシンジが見せた決意と、主人公らしい活躍には燃えまくりでした。
あの「綾波を、返せ」は本気でシビれたなあ……。
「私が死んでも代わりはいるもの」を真っ向から否定した男らしさといい、これからはもうシンジくんではなくシンジさんと呼ぶべきか(笑)。

とまあ、とりとめなく書いてきましたが、とにかく面白凄かったです。
まひろさんじゃないですが、誰かと一晩ネタバレ全開で語り合いたい(笑)。


最後に今回登場の使徒のギミックもなかなか秀逸で満足。
さすがに前回のラミエルほどのインパクトはなかったものの、足元を凍らせながら歩く第7使徒とか、訳わからん変形しつつ落ちてくる第8使徒とか特によかったですね。
個人的にはTVであったコンピューターウィルス型の使徒も見たかったですけど、まあちと時間的に無理か。

 映画

5 Comments

宮岸まひろ  

2回目観てきました~(笑

冒頭のスタジオカラーのロゴの効果音から予告編ラストの次回タイトルまで話すネタには尽きませんねぇ……ぐぁ~語りたい~(笑

2009/07/10 (Fri) 01:02 | EDIT | REPLY |   

h/e  

高エネルギー作品

三回目見てきましたー。うむ、良いものは何度見ても良いですね。
まさに「こういうモノが見たかった」というものを見せてくれた映画だったと思います。何度見ても同じシーンで鳥肌。
できれば最初から最後までだーっと感想書きたい所ですが、長くなってもアレなのでまとめる方向で(笑)

・IF
序に比べて二周目感を覚えるところが随所に。
行動的になったシンジは言うに及ばず、非常に人間らしくなったレイ、トラウマがなくなった分素直になったアスカ、シンジへの関わり方が少し積極的になったゲンドウあたりも顕著でしたね。
この三人の変わり方、行動は見ていてつい嬉しくなってしまいました。それだけにアスカの一件が…。
そして、使徒側も同様に変わっている(或いは合わさっている)のが注目点かと。
受け止めた初号機に攻撃をかける第9使徒・元サハクイエル、更に強化されてしかも食い返した第10使徒・元ゼルエル。
第7使徒は……マトリエル+イスラフェルあたりでしょうか?ウィルス型ことイロウルはバルディエルの光ってる所とか。

・シンジ
ド直球の熱さで驚愕させてくれたシンジ君。既に某所でシンジさんなんてタグもできているようで(笑)
覚醒以降は目が赤くなってるんですよね。レイやカヲルと同じなので、人間をやめたということなんでしょうか。
それ以外では「アスカが乗ってるんじゃないの……?アスカが……」が見事な演技だったのではないかと。

・レイ
今作最大の注目点の一つですよねぇ、レイ。マジ可愛い。
特には水族館、味噌汁、ゲンドウとの食事、エレベータとかなんてもう!
Air様オススメの「ぽかぽかする」からきて、
「碇君が、もう―――エヴァに乗らなくても、いいようにする」「逃げて、2号機の人!―――ありがとう」
は、正直泣きそうでした。しかもその直後食われる。
それだけに「綾波を、返せ」~「来い!!」の流れは神がかりすぎです。超熱い。

・新規勢
マリのフリーダムさはまさに「破」の象徴ですよね。いいキャラしてやがる。
しかし、だいぶ活躍してはいますが、実際のところ本人に関する情報はほぼ謎。巨乳とか。
カヲル君と同型のプラグスーツだったり、予告で白いレイと話してるっぽい描写があったのでそれがヒントでしょうか。白いレイと言うとエヴァンゲリオンANIMAが連想されますが、さて。
そしてあまり活躍しないだろうな、と思っていた仮設5号機がアバンで自爆して吹いた。

・特に語りたいポイント色々
 ・CG前提という対第3使徒。多脚カッコイイ。しかし何度見てもよく見えない
 ・マッパのアスカ。胸は隠しても下は隠さないタイプらしい
 ・水族館での社会科見学~セカンドインパクトの描写(光の巨人とか槍とか黒き月とか)
 ・対第9使徒:変形~新世紀陸上~音速超過~キャッチ
 ・「よくやったな、シンジ」
 ・シンジとレイの会話から察するアスカ
 ・エレベーターでのレイとアスカ全部(語りてえ)~見えすぎなプラグスーツ
 ・「大人になれ」「何が大人かわかりません」
 ・対第10使徒~ED~予告全部。セリフ書き出したいレベルです

随分削ったつもりが異常に長くなってしまい申し訳ありません。おかしいなぁ(笑)

2009/07/15 (Wed) 22:55 | EDIT | REPLY |   

Air  

語る事は尽きず。

>まひろさん
自分も近々2回目行く予定です。
始まってけっこう経つのに、うちの近所の映画館はまだ上映スケジュールぎっしりですよ(笑)。

>冒頭のスタジオカラーのロゴの効果音から予告編ラストの次回タイトルまで話すネタには尽きませんねぇ

まさかあの効果音が後の「Q」に繋がってるとは……。
最初「何故にウルトラ」とか首傾げました(笑)。

>h/eさん
>できれば最初から最後までだーっと感想書きたい所ですが、長くなってもアレなのでまとめる方向で(笑)

すごく……長いです(笑)。

もちろん大歓迎なのでお気になさらず。
こっちも全行レスしたい気分ですが、さすがに無理なのである程度まとめて返しますねーー。

>・IF
>行動的になったシンジは言うに及ばず、非常に人間らしくなったレイ、トラウマがなくなった分素直になったアスカ、シンジへの関わり方が少し積極的になったゲンドウあたりも顕著でしたね。

特に変わったのはやはりこの4人ですね。
シンジ、レイ、アスカの変化に目が行きがちですが、ゲンドウもかなり変化してた事に驚愕。
食事会に参加表明するなんて昔のヤツからは考えられん(笑)。

あとアスカが素直になってたのは、あのトラウマが無かったからなのかと今知りました。
同時に加持との関係も真っ白になってましたが、まあそっちは別にいいか。

>・シンジ
>覚醒以降は目が赤くなってるんですよね。レイやカヲルと同じなので、人間をやめたということなんでしょうか。

うお、それは気づきませんでした。
あの辺りは終始ハラハラしっぱなしで、細かい部分にまで目を配る余裕なんか皆無でしたぜ……。

>それ以外では「アスカが乗ってるんじゃないの……?アスカが……」が見事な演技だったのではないかと。

トウジの時は誰が乗ってるか知らなかったのに対し、今回はアスカってわかってますからねえ。
あの台詞の悲壮感ときたら、見てるこっちまで嫌な汗かきましたよ(-_-;)

>・レイ
>Air様オススメの「ぽかぽかする」からきて、
>「碇君が、もう―――エヴァに乗らなくても、いいようにする」「逃げて、2号機の人!―――ありがとう」
>は、正直泣きそうでした。しかもその直後食われる。

・゚・(ノД`)・゚・(←思い出したらしい

ほんと今回のレイは神がかってましたね。ヒロイン的に。
台詞一つ取っても、名言多すぎです。そりゃシンジさんも熱くなるさ!

>・新規勢
>マリのフリーダムさはまさに「破」の象徴ですよね。いいキャラしてやがる。
>しかし、だいぶ活躍してはいますが、実際のところ本人に関する情報はほぼ謎。巨乳とか。

巨乳は重要なボイント、もといポイントですね。
h/eさんの語るヒント以外では、加持との関係も気になるところです。
あと坂本真綾さんの声もハマってて見事。

どうでもいいですが最近疲れてる時とかに「しっあわせはーー歩いてこない、だーから(略」と誰にも聞こえないように口ずさんでいる自分がいる(笑)。

>・特に語りたいポイント色々
>・水族館での社会科見学~セカンドインパクトの描写(光の巨人とか槍とか黒き月とか)

あのシーンは謎が多すぎて何が何やら(笑)。
明らかに最初のセカンドインパクトとは違ってますし、今回の劇場版の鍵となる謎かもしれませんね。

>・対第9使徒:変形~新世紀陸上~音速超過~キャッチ

新世紀陸上ワラタ。

>・エレベーターでのレイとアスカ全部(語りてえ)~見えすぎなプラグスーツ

エレベーター乗った瞬間、TV版みたく延々と喋らずいるかと思ってハラハラしました(笑)。
レイとアスカのああいう会話はなんか歳相応っぽくて新鮮でしたねーー。
そしてプラグスーツの製作者グッジョブ。

>・「大人になれ」「何が大人かわかりません」

短いながらも重要な追加台詞。
ゲンドウがシンジを完全に突き放してない事がわかりますね。


とりあえずこんな感じで。
……おかしい。もっと短くまとめるつもりだったのに。つか文字じゃ語りきれないYO!(笑)

2009/07/16 (Thu) 14:15 | EDIT | REPLY |   

才条 蓮  

自分も見に行かないと……。

と思いつつ、見てないですね……。
見ようと思っているのですが、なかなか機会が……。
まあ、見ているとアクティブな話になってるみたいで。さながら、前回がBADEND一直線だったら、今回はGOODENDへ向かっているんでしょうかね。なんだかエヴァンゲリオンもスパロボちっくなってますねえ……。
個人的には原作に出ていなくて、ゲームに出てきた武装が登場してほしいなと思っていますね~~。原作のメカデザインをした山下いくと氏は非常に多くの武器を原作終了後に作っておりました。

日本刀みたいにバッサリ敵を斬るマグロク・E・ソードとか。

ナイフの強化版ブログレシッグ・ダガーとか。

対量産型EVAシリーズ決戦用全領域兵器マステマとか。

あるんだったら出せよ、と思いたくなるような武装の数々。これからの作品に出てくるといいなあ……。

そういえば、ハルヒちゃんのアニメがもう見れなくなってます……すいません……。

2009/07/20 (Mon) 19:10 | REPLY |   

Air  

最低2回は。

>才条 蓮さん
エヴァ「破」はオススメですよーー。
特に今までのシンジにイライラしてた人にとっては、めちゃスッキリします(笑)。
まだまだグッドエンドに行くかは不明ですが、少なくとも前回の終わりよりも確実に良い方向に向かってるように思えますね。
うん、あのシンジさんならきっとやってくれるよ!

>個人的には原作に出ていなくて、ゲームに出てきた武装が登場してほしいなと思っていますね~~。

「破」の感じでは今回あまり武装は重要視されてないような気も。
隠された能力とかはありそうですが、主に操縦者の精神面が戦いの鍵になってきそうです。
でもその対量産型EVAシリーズ決戦用全領域兵器マステマとやらはぜひ見てみたい。
前劇場版でのリベンジをアスカが果たしたら感動で泣くかもしれません(笑)。

>そういえば、ハルヒちゃんのアニメがもう見れなくなってます……すいません……。

いえ、こっちがチンタラしてたのが原因ですんでどうぞお気になさらず……。

2009/07/22 (Wed) 22:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 猫々蹴球 All Rights Reserved.